デロリアンは「デローリアン」だった!! 徳大寺有恒がデローリアンに乗った

デロリアンは「デローリアン」だった!! 徳大寺有恒がデローリアンに乗った

 デロリアンといえば映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のタイムマシンとしても人気のあるクルマだ。しかし実際にはわずか9000台が作られたのみの非常に希少なクルマだったりする。創業者が薬物疑惑で逮捕されるなど、さまざまな不運が重なり、製造元のデロリアン・モーター・カンパニー(DMC)は倒産してしまう。そんなDMCの倒産後、日本に研究用として存在していた1台に徳大寺有恒が試乗した。1983年6月の試乗記をご覧いただこう。

文:徳大寺有恒/写真:ベストカー編集部、Shutterstock.com


■デローリアンに見るロータスの影

 デローリアン(※)は紛れもなく2シーターのスポーツカーだ。このガルウイングドアを持つスポーツクーペはUSドルで2万5000ドルもする。このクルマを年間2万台生産しようとした男は元GMのナンバー2、ジョン・ザカリー・デローリアンだ。

 自動車の歴史上、自らの名を冠したクルマを作り、成功した男は少なくない。ポルシェ、ランボルギーニ、フェラーリ、シトローエン、フォード、クライスラー……etc。しかし、それはほとんどが戦前に興されたものであり、戦後、特にアメリカではきわめて難事業とされている。今、私は難事業に挑戦し、敗れ去った男が作ったクルマ、デローリアンをドライブしている。

デロリアンの特徴はアルミむき出しのボディ、そしてガルウィングのドアだ
デロリアンの特徴はステンレスむき出しのボディ、そしてガルウィングのドアだ

 それはジウジアーロのシャープなボディスタイル(彼の作ったプロトタイプを元に、ロータスの技術陣の手によって開発された)を持ち、しかも、ボディスキンはステンレススチールというものだ。絶対錆びないクルマ、ペイントをいっさい必要としないクルマ……。しかし、それは同時にクラッシュした時の修理の難しさをあわせ持っている。

 インテリアは上等な本革で覆われ、カラーも渋いグレーで統一されていて、いかにも趣味は良い。小さな革巻きスティアリングホイールを握れば、そのムードはフェラーリやロータスといったミドシップGTのそれだ。実際にはデローリアンはリアエンジンだが……。

近未来的なルックスながらメーターはアナログ。たしかにデジタルメーターのほうが愛称はいいはず
近未来的なルックスながらメーターはアナログ。たしかにデジタルメーターのほうが愛称はいいはず

 ただ、平凡なアナログメーターよりも、エレクトロニック・メーターがふさわしい。ポジションはピタリと合い、低い着座姿勢や高いセンターシル、短いシフトレバーといったところは、このクルマの開発に大きく関わったロータスそのものだ。

※1983年当時は車検証の表記が「デローリアン」であり、一般的にもデローリアンと呼称していた

■徳さんが見た、デローリアンの最大の問題点とは

 低いポジションだが、後方を含め、視界はそんなに悪くない。クラッチは軽く、気軽につなぐことができる。エンジンはPVR(プジョー、ボルボ、ルノー)共同開発のV6、2849ccだ。とりわけチューンナップされているわけでもなく、アメリカ流にいえば130馬力(AEネット)で、トルクは21.2kgmと驚くべきものではない。

 低速トルクはたっぷりとあり、フォースギアあたりでもスロットルを踏めばグイグイ車速を上げる力強さはあるが、あくまでも、このV6はヨーロッパの高級車向けに作られており、スポーツカー的な回転の上昇は期待できない。スティアリングはパワーアシスト付きで、ヨーロッパ車のようにしっかりとした剛性感を持つ。

 ただ残念なことにエンジンとサスペンションの設定がアメリカを意識したものになっていて、シャープさに欠ける。故コーリン・チャップマンが率いるロータスの技術陣の手によるシャシは充分なパフォーマンスを誇り、重厚で乗り心地がよく高速道路は余裕で走るが、ワインディングが楽しいというものではない。

 それではこのクルマを破産(正確には会社を)に追い込んだものはなんなのだ。このクルマの一番大切な問題点は実はそれなのだが……。私はデローリアンに1日、300㎞以上乗って、このクルマからデローリアンの主張や個性、香りや味というものをいっさい感じることがなかった。もしもデローリアンという名前でなかったら、3日もすれば跡形もなく忘れ去ってしまうような印象の薄さなのだ。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でデローリアンが一般に認知されたのはDMCが倒産して3年後の1985年のことだった
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でデローリアンが一般に認知されたのはDMCが倒産して3年後の1985年のことだった

 

最新号

ベストカー最新号

S-FRに代わるトヨタの小型スポーツ計画、オーリスターボのデザイン判明!! 『ベストカー』1月10日号

 いつもより1日早く、12月9日に、2018年最初のベストカー1月10日号が発売となりました。今号は、トヨタS-FRに代わる新たなスポールスポーツ計画を、スクープ班が独自入手。その詳報をスクープ...

カタログ