三菱ミラージュを徹底実走チェック!! 超地味なタイ製コンパクトの走りは意外に悪くない?


 2020年を振り返ると、国産コンパクトハッチのビッグネームが一気に新型へとスイッチしたことが思い出される。そのアグレッシブな市場で、ビックマイナーチェンジを行ったコンパクトカーがあったことをご存じだろうか。それは、三菱自動車のコンパクトカー「ミラージュ」だ。

 ミラージュは、2000年に主力モデルの生産終了。しかし、2012年に、そのポジションを従来よりも小さなAセグメントに移行し、新時代の世界戦略車として復活。

 同年より日本での販売を開始したが、軽自動車とBセグコンパクトカーの板挟みとなり、気が付けば地味な存在に……。現行型ミラージュは一体どんなクルマなのか、試乗を通して分析してみた。

文、写真/大音安弘

【画像ギャラリー】本文未掲載写真も! Aセグメント車として生まれ変わった三菱 ミラージュのビッグマイナーチェンジをチェック!!


■なんと100万円切り! お手頃な世界戦略車

2012年に復活した6代目三菱ミラージュ。Aセグメントのエントリーカーとして生まれ変わった

 2012年8月に復活した6代目となる新型ミラージュは、従来型同様に世界戦略車であることに変わりはなかったが、歴代ミラージュとは少し異なる存在となった。

 まずポジションを歴代モデルが担ったBセグメント及びCセグメントから、Aセグメントに変更。経済性を重視したエントリーカーに生まれ変わる。これは急速な経済発展を遂げる新興国での個人向け乗用車ニーズの高まりを組んだものであった。

 そのため、これまでの実用から上級、スポーツまでを含めたマルチなグレード展開はなく、「低価格、低燃費、コンパクト」の3点に的を絞り、日本向けを含め、全世界市場向けをタイの新工場で生産するなど、徹底的な合理化が図られた。

 なお、世界各地に製造工場を持つ日産マーチ(現行型)も、一足早く新興国ニーズを意識した仕様へと生まれ変わり、2010年より日本仕様の製造をタイで開始していた。

 ボディは、5ドアハッチバックに一本化。若々しいグリルレスのフロントマスクを持つシンプルなデザインで、インテリアもシンプルかつコンサバなものに仕上げられていた。

 パワートレインは、1.0L 3気筒DOHCエンジンにCVTの組み合わせのみで、装備内容が異なるグレード構成であった。ただポップなカラーも多く揃えるなど、若い世代や女性層にもアピール。しかも価格は、99.8万円からという手頃さであった。

 三菱自動車としても、ユーザー拡大を狙い、最も手頃な登録車として積極的なPRを展開。唐沢寿明と本仮屋ユイカを起用したCMでは、舞台を店舗とすることで、親しみやすいお店で買える身近なクルマとして宣伝した。

 しかし、新興国ニーズを意識した価格重視の作りとタイ生産の日本車という特徴が、ネガティブに捉えられてしまい、初年度となる2012年度の17990台の国内販売をピークに、下落。元々コスパの高い日本車を厳しい目で選ぶ日本の消費者には、受けなかったのだ。

■テコ入れで実力を高めていったミラージュ

2014年に投入された1.2L直3DOHCエンジン

 もちろん、三菱自動車も、その現状を良しとせず、改良を重ねることで、商品力を向上させてきた。大幅進化の第一歩となったのが、2014年12月の1.2L直列3気筒DOHCエンジン車の投入だ。

 新グレード「1.2G」は、エンジン性能の向上に加え、15インチタイヤとフロントスタビライザーの追加で、走行安定性を向上させていた。その成果をベースに、翌年となる2015年12月には、フェイスリフトを含む大幅改良を実施。

 フロントマスクは、クロームメッキ加飾のグリル付きデザインとなり、質感を向上。さらに衝突被害軽減ブレーキなどの装備面も強化された。それと共に、走りについても大幅なテコ入れが図られたのだ。

 まずエンジンを1.2Lに一本化。さらにサスペンションのリセッティングや取付部剛性の向上、電動パワーステアリング制御の見直し、CVT制御の改善などが行うことで走りの質感を高めていた。

次ページは : ■フェイスリフトで原点回帰!?