マツダCX-5改良モデル試乗 その乗り味は円熟の領域へ!


 2020年12月、マツダの中核モデル、CX-5が2019年12月以来約1年ぶりとなる改良を受けた。2.2Lディーゼルエンジンの出力向上、ガソリンエンジンも制御が変更されるなど、テーマとしている「走る歓び」の進化が図られている。

 2017年12月のフルモデルチェンジから4年。円熟と表現して差し支えないであろうその進化の度合いについて、特別仕様車「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」とともにご紹介。

●改良されたCX-5、ココがスゴい!
・SKYACTIV-D 2.2がパワーアップ。190ps→200psに。
・アクセルペダルの反力が強くなり、コントロール性がアップ。
・マツダコネクトが最新型に! センターディスプレイは大型化&ワイド化(8インチ→10.25インチ ※オプション)。

※本稿は2021年1月のものです。試乗日:2020年12月18日
文/松田秀士、写真/MAZDA、ベストカー編集部、撮影/茂呂幸正
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号

【画像ギャラリー】新型登場まであと何回改良される? マツダCX-5をギャラリーでチェック!!!


最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ