フォードとの伊米合作 デ・トマソ・パンテーラGTS 試乗 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】


 徳大寺有恒氏の美しい試乗記を再録する本コーナー。今回は、デ・トマソとフォードによる伊米合作のスーパーカー、デ・トマソ・パンテーラGTSを取り上げます。

 1970年4月のニューヨークショーで発表され、1971年より販売されたパンテーラは、イタリアンテイスト溢れるボディワークに、フォード製V8エンジンを搭載した“実用的な”スーパーカーでした。

 フェラーリやランボルギーニとは別の異色モデルを、徳さんはどう評価したのか。『ベストカーガイド』1979年2月号初出の試乗記を振り返ります。

文:徳大寺有恒
ベストカー2016年2月26日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『ベストカー』にて毎号連載中です


■量産できるスーパーカー

パンテーラの開発はランボルギーニのチーフデザイナーを務めたジャンパオロ・ダラーラで、デザインはトム・ジャーダ(ギアやピニンファリーナで活躍し、ベレットMX1600GTもデザインした)。北米ではフェラーリやランボルギーニに比べて安く、フォードの販売網を使ったこともあって販売も好調だった
パンテーラの開発はランボルギーニのチーフデザイナーを務めたジャンパオロ・ダラーラで、デザインはトム・ジャーダ(ギアやピニンファリーナで活躍し、ベレットMX1600GTもデザインした)。北米ではフェラーリやランボルギーニに比べて安く、フォードの販売網を使ったこともあって販売も好調だった

 アルゼンチン生まれのレーシングドライバー、アレグサンドロ・デ・トマソはそのレーシングテクニックもさることながら、商売のテクニックも相当なものだ。彼はイタリアに住み込んで最初はごく小規模にスポーツカーの生産をはじめた。

 彼が作った最初のスポーツカーはフォード製の1.5Lエンジンをミドシップに載せた小さなミドシップ、デ・トマソ・ヴァレルンガである。このミニフェラーリともいうべきスポーツカーは比較的多くのレーシングドライバーによりレースに出場した。

デ・トマソ・ヴァレルンガ。全長3870×全幅1590×全高1050mmという小さなボディにフォード・コーティナなどに使われた直4OHV、1.5Lをミドシップに搭載した2シータースポーツカーだった
デ・トマソ・ヴァレルンガ。全長3870×全幅1590×全高1050mmという小さなボディに、フォード・コーティナなどに使われた直4OHV、1.5Lをミドシップに搭載した2シータースポーツカーだった

 デ・トマソが世界中にその名を知られ、かつスーパーカーメーカーの仲間入りを果たしたのは1966年のトリノショウに発表したマングスタからである。

 フォードのV8をミドシップにおき、ベルトーネの迫力あるボディをもって大ウケした。このあたりから デ・トマソは好調であり、パンテーラはフォードのバックアップを受け、アメリカに輸出する。

 パンテーラの大きな特徴はエンジンフッドを開けても、そこに輝くばかりのDOHCのV型12気筒やV型8気筒はなく、そのへんにゴロゴロしている大量生産のフォード製V8があることだ。

 このことはマニアにとっては面白くないが、実際に乗ってみるとたいしたパフォーマンスを持ち、アメリカンV8だからタフでもあり、サービスも比較的容易というメリットがある。

■ボディスタイルは迫力のひと言

 パンテーラGTSのスタイリングは、スーパーカーの流儀を踏襲しているが、どことなく荒削りだ。そこが独特の迫力を感じさせる原因だろう。

 全体のシェープはウェッジで特にフロントはシャープにとんがっている。その下にかなり大きなエアダムスポイラーがあるのだが、黒く塗られているため目立たない。

 キャビンから後方へかけては、グッとボリュームも増し、厚みを持つ。大きく張り出したオーバーフェンダーは前8J、後10Jという超幅広のホイールを覆う

 このスタイリングを生み出したのはギアやピニンファリーナで活躍したアメリカ人のトム・ジャーダで、このへんのところも異色なのだ。

 コックピットはスーパーカーの教科書通りだが、どちらかといえばシンプルで、シートは本格的バケットタイプで、レーシングカーのようにファイバーに薄いクッションを張り、その上にビニールレザーを張ったものだが、見た目よりは疲労が少ない。

 ダッシュボードは、目の前にタコメーターとスピードメーターがあり、どちらもドライバーに向けて少し内側に向けられている。スティアリングホイールはアメリカ車的でクラッシュパッド入りだ。

 センターコンソールには各種メーターが並び、その後方にシフトガイドを切ったシフトレバー、ナイフのように薄い、そして強靱なシャフトを持つ。

 ラジオ、ステレオのたぐいはないが、少なくともエンジンがかかっている間はその力強いビートがコックピットを支配し、とてもそれどころではない。

次ページは : ■意外なほど扱いやすいV8

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ