軽規格も登場確定!!? 注目の小型商用EV「ELEMO」最速公道試乗!!

軽規格も登場確定の注目の小型商用EV!! ELEMO最速公道試乗!!

 2021年7月24日、日本のEVのベンチャー企業 HW ELECTROから、多用途小型商用EV(電気自動車)「ELEMO(エレモ)」が発売された。

 今回はJFTD花キューピットとの実証実験開始も発表した注目EVを、国沢親方が公道最速試乗! そのインプレッションをお届けする。

※本稿は2021年8月のものです
文/国沢光宏 写真/ベストカー編集部 撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2021年9月10日号

【画像ギャラリー】成長著しいEVベンチャー企業からの刺客!! 多用途小型商用EV「ELEMO(エレモ)」(12枚)画像ギャラリー

■電気商用自動車の黒船となるか!? 『ELEMO』(エレモ)登場!!

ベンチャー企業 HW ELECTROから発売された多用途小型商用EV(電気自動車)「ELEMO(エレモ)」

 今や電気自動車の普及は世界の流れ。日本も追従していかなければならない状況にある。

 実際、2030年に46%の二酸化炭素排出量減を公約しているから待ったなし。

 5年もすればガソリン車と同じくらいの使い勝手を持ちつつ、価格も同等の乗用車が普通に買えるようになると思う。

 日本の自動車メーカーが消極的だとしても海外から黒船来航となり、選択肢という点でドンドン多くなっていくだろう。

タイプによって異なるが最大積載量は400〜650kg。一般の軽自動車よりも車幅が狭いので最小回転半径は4.2mと狭隘路でも使い勝手が高い

 今回試乗した『ELEMO』(エレモ)は黒船になる可能性を秘めたプロジェクトである。

 狙う市場は商用車。先日、トヨタが中心となりダイハツとスズキの軽商用車ジャンルの協業をスタートしたものの、現時点で具体的な製品計画は持っていない。

 日本の場合、作れる技術についちゃ充分ながら、今より利益幅の小さい価格で販売することに危機意識を持つ。

軽規格モデルは、リアオーバーハングを短くすることで対応するという

 ホンダが軽商用車作りから抜けたため、ダイハツとスズキで組めばライバルなし。安くしないでも売れる? そんな状況に待ったをかけるのが海外勢。

 ここにきて話題赤丸急上昇となっているGM五菱汽車の『宏光MINI』は60万円で実用航続距離120kmという電気自動車を開発し、日本進出も視野に入れているそうな。

 軽乗用車市場にとって脅威になる可能性大。

■海外勢の脅威は軽商用車市場も同様

HW ELECTRO代表取締役 蕭偉城(ショウ・ウェイチェン)氏(写真左)。実用性の面から、超小型モビリティではないことがポイントだと語る

 軽商用車でも同じ状況になってきた。エレモはBMWやジャガーなどの開発や生産を請け負う『マグナ・シュタイアー』が設計を行い、中国で生産される。

 今のところプロトタイプの生産規模ということもあり量産効果出ていないから競争力のある価格と言えず、加えてヨーロッパ向けの車両をベースにしているため軽乗用車枠に入っていない。

 したがってすぐ脅威になることはないだろう。

 ただエレモのプロジェクトを進めている『HWE』に聞くと「間もなくボディのオーバーハングを短くした軽自動車仕様も提案できるようになると思っています。

 その次の段階で著名な日本人デザイナーのアドバイスを受け、価格もガソリン車と競合できるレベルにした日本専用車を計画しています」。

 相当ホンキな日本戦略を立てている。ということで試乗してみました。

次ページは : ■現時点では日本メーカー有利 しかしベンチャーならではの小回りで素早く改良していけば……?