GTIいらずの満足度? 新型ゴルフの1.5Lモデルをワインディングで徹底試乗

GTIいらずの満足度? 新型ゴルフの1.5Lモデルをワインディングで徹底試乗

 2021-2022インポート・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した、フォルクスワーゲン ゴルフ8(ハッチバック/バリアント)。

 2021年6月の日本導入当初はガソリンモデルの「eTSI」のみだったが、12月にはスポーツグレードの新型「GTI」と2.0Lディーゼル「GDI」も追加。新世代ゴルフのラインアップが、ほぼ出そろった。

 ゴルフといえば、ホットハッチのGTIや肝いりのディーゼルターボTDIに注目が集まりがちではあるが、エントリーゴルフといえるeTSIでも、世界のベンチマークといわれる「ゴルフ」を味わうことができるのか!? 1.5Lの「ゴルフeTSI Style」に徹底試乗し検証した。

文/吉川賢一、写真/平野 学

【画像ギャラリー】フォルクスワーゲンは庶民の味方!! 新型ゴルフはエントリーモデルでもこの満足度ですけど何か!?(12枚)画像ギャラリー

■少しの移動でも期待できる「クルマの良さ」

今回試乗したのはフォルクスワーゲン ゴルフ1.5L eTSI「Style」
今回試乗したのはフォルクスワーゲン ゴルフ1.5L eTSI「Style」

 ガソリンモデルのeTSIには、1.0L eTSIの「Active Basic」と「Active」、1.5L eTSIの「Style」と「R-Line」、この4つのグレードが構成されている。

 1.0L eTSIと1.5L eTSIの走行性能に関する違いはパワートレイン(1.5L化)以外にも多く、例えば、タイヤサイズ(17インチ化)やフロントサスのサブフレームのアルミ化(1.0Lはスチール製)、リアが4リンク式マルチリンクになる点、などが違っている。

 車重は1.0L eTSI(1310kg)に対し1.5L eTSIは50kgほど重く、1360kgとなる。

 昨年6月に行われたゴルフ8国内発表会の際に、1.0L eTSI「Active」と1.5L eTSI「Style」に試乗させていただいているが、今回はターンパイク箱根で、1.5L eTSI「Style」をじっくり走らせることができた。

 気温は5度程度、路面はドライ、タイヤはグッドイヤーEAGLE F1の17インチタイヤ(225/45R17)を装着していた。45扁平という薄目のタイヤなので、どれほど乗り心地をカバーできているのかが関心深い。

 ドアを閉じた時の「ドスンッ」というドア閉じ音は、先代のゴルフ7で感じていた重厚感のある音質と比べると、ややマイルド(国産車寄り)になった気がして、残念に感じた。

 ドラポジを合わせて、30km/h程度で走りだす。まず感じるのが、静粛性の高さと、足回りの若干の硬さだ。道路の継ぎ目にある突起は割とはっきりと分かる。

 ただし、平坦な路面では扁平タイヤ特有のザラザラした振動はなく、ロードノイズと突起音は静かなので、印象はいい。「いいクルマは20m走らせればわかる」と運動性能業界ではよく言うが、このとき「まさにそれだな」と感じた。

次ページは : ■想像通り、「いい足をもった快速ハッチバック」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!