ノート e-POWER NISMO Sの実力判明!! スイフトに勝てるか!? ハイパワー版爆誕!


最強e-POWERの実力や如何に!? 2018年9月25日、既報のとおりノート e-POWER NISMO Sが発売。e-POWERはエンジンで発電しモーターで駆動する人気の電動化ユニット。そのスポーツ仕様としてすでに発売されていたノート e-POWER NISMOに対して、「S」はセレナe-POWER用のモーターを搭載し、27psのパワーアップを実現した。

ハイパワーなe-POWERは、走りをどう変えているのか? そして、スイフトスポーツを筆頭とする国産スポーツハッチと比べてどうなのか? ライバル5車との比較も交えつつ、その実力をお伝えしたい。

文:鈴木直也
写真:平野学、編集部
ベストカー 2018年11月10日号


3L級のトルク持つe-POWER Sは制御が秀逸!

ノート e-POWER NISMO S/全長×全幅×全高:4165×1695×1535mm、最高出力:136ps/3600-5200rpm、最大トルク:32.6kgm/0-2985rpm(モーター)、価格:267万1920円

さっそく試乗してみたノートe-POWER NISMO Sは、開発者の狙いどおりファン・トゥ・ドライブなFFスポーツに仕上がっていた。

ノーマルe-POWER NISMOの25.9kgmというトルクですら1.2t級のボディには相当強力で、ガソリンエンジンなら2Lターボ級。それが今度のNISMO「S」は32.6kgm! 3L・V6ガソリンエンジンに匹敵するトルクが与えられている。

チーフエンジニアの中澤慎介氏に聞くと「モータートルクを“生”でタイヤに伝えたら、ドライでも滑っちゃってトラクション出ません」ということで、肝となるのは、いかにそれを上手に制御するかという制御技術。

そこで注目されるのが、NISMO Sで追加された2つのドライブモードだ。標準e-POWER NISMOではBレンジはノーマルモードでのみ作動するが、NISMO Sは「Sモード」と「ECOモード」でもBレンジが使える。

「S」のBレンジはレスポンスMAX、ECOのBレンジは雪道などに最適なコントロール性重視。さまざまなシチュエーションでパワフルなモータートルクを堪能できるよう工夫されているのだ。

今回試乗したのはクローズドコースだったから、メインとなるのは当然ながらSモードBレンジ。周回路の高速コーナーやパイロンスラロームで積極的にアクセルをがんがん踏んで試してみた。

そこで感心したのは、モータートルクを制御するパワーコントローラー(PCU)が、タイヤのグリップ限界を実に上手く手なずけていることだ。

パイロンスラロームコースをジムカーナのつもりで限界まで攻めてみると、早めのパワーオンでアンダーステアは強まるものの、昔のFFスポーツのようにフロントがダーッと逃げてゆくような乱れはない。

これは高速コーナーでも同様で、とんでもないオーバースピードで飛び込まないかぎりちょうどいいアンダーステアを維持しつつコーナーを立ち上がる。

電動パワートレーンが優れているのは、こういった制御が実に緻密かつ効率的にできること。単にパワフルなだけではなく、それを誰もがコントロールできる安全で扱いやすい特性にまとめ上げられているのだ。

どんどん発展するe-POWERファミリーだけど、次はもっとジャジャ馬なNISMO Rなんていうバリエーションはいかがだろうか。

外観はエンブレムが異なる以外はノート e-POWER NISMOと同一

ライバルと比較してNISMO Sの実力は?

ライバルと目されるコンパクトスポーツ5車は、すべて「エンジンで走る」という点でノートe-POWER NISMO Sとは別世界の乗り物。「走りが楽しいのはやっぱエンジン車でしょ」と考えるか、あるいは「電動パワーこそ新時代の動力源」と変化を受け入れるか。考え方次第で評価は変わってくると思う。

例えば、オーソドックスに「エンジンで走るホットハッチこそ楽しい」と考えるなら、スイフトスポーツが定番中の定番。

スイスポをワインディングをカッ飛ばしている時のパワフル感は、体感的にはノートe-POWER NISMO S以上。6MTを駆使して1.4Lターボのパワーを引き出す面白さは、古典的だけれども走り好きにとっては抗し難い魅力がある。

しかし、ターボのブーストゾーンをキープしつつ、シフトアップ&ダウンを繰り返す走りは、それを楽しいと思うか、面倒くさいと思うかで評価が分かれる。

おそらく、サーキットで競争すれば馬力が大きいぶんスイスポのほうが速いだろうし、そういうシチュエーションではマニュアルシフトも楽しみのひとつだが、一般的にはそういうタイプのドライバーは少数派。

普段の走りではノートe-POWER NISMO Sのほうがパワフルに感じるし、走って楽しいと思うユーザーも少なくないと思う。

スイフトスポーツ/全長×全幅×全高:3890×1735×1500mm、エンジン:1.4L直4ターボ、最高出力:140ps/5500rpm、最大トルク:23.4kgm/2500-3500rpm、価格:183万6000円(6MT)

次ページは : デミオ&マーチNISMOと比べてどうか?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ