マツダ3は「よすぎてつまらない」??


 5月末の発表から約1か月。いま、クルマ好きの注目を最も集めているニューモデルは、「マツダ3」ではなかろうか。

 しかし、メディア向け公道試乗会はいつ開催されるかもわからない。このままじゃいつまでたっても乗れない! そこでディーラー試乗に行ってみることにした。
文:清水草一 写真:清水草一、ベストカー編集部


■「都合のいい時間にいらしてください」

 まずは電話だ。

「そちらにマツダ3の試乗車はありますか?」

「現在当店にある試乗車は、5ドアスポーツハッチバックの1.8ディーゼルなのですが、それでよろしいでしょうか」

「それですそれです! それに乗りたいんです!」

 ひょっとして試乗の予約がびっしりじゃないかと思ったが、日曜日だというのに

「特に予約はございませんので、ご都合のいい時間にいらしてください」

 だって。やや拍子抜け。それでも待望のマツダ3だ。胸が高鳴る。

 マツダのブランド力を上げるべく、レクサスみたいに黒く改装された近所のマツダディーラーへ。まずはショールーム内の展示車(5ドア)と対面した。

マツダディーラーには順次、ナンバー付きの試乗車が配車されているよう。とにかくボディラインが美しいので、展示車だけでも見に行くのが吉

■同クラスの国産車とは格が違う

 シンプルでカタマリ感満点のボディに、シブいブルー(ポリメタルグレーメタリック)がよく似合っていて、プレミアムな香りがする。

 国産車としてはタイヤとホイールハウスの隙間が異例なほど狭く、すべてが引き締まった印象だ。第一印象からして同クラスの国産車とは格が違う。国産でガチンコなのはカローラスポーツだが、あのゴチャゴチャしたキーンルックとはデザインレベルが違う。さらには、VWゴルフよりもデザインのプレミアム感はずっと上だ。

 いっぽうインテリアは、ほぼ黒一色で色気や質感が若干足りないが、そこは見た目のカッコ良さでよしとしよう。

試乗車に多いブラックレザー仕様。マツダらしいとてもシンプルな内装で、トヨタ車のようにたくさんスイッチがついている感じではない

 営業マン氏の洗脳活動ともいうべき営業トークの後、ようやく試乗だ。試乗車も展示車と同じシブいブルー。実にカッコイイ。

 ディーラー試乗だから、コースは当然そこらへんの一般道。しかしそこらへんの一般道だからこそ、日常的な走行感覚はつかみやすいはず。

 走り始めると、ステアリングからしっとりしたフィーリングが伝わってきた。それほどシャープすぎず、かといってダルではなく、人間の感覚に素直な操作感を目指しているマツダらしい味わいだ。

 アクセルもブレーキも同様。ちょっと踏んだだけでガバッと聞くオーバーサーボが近年の主流で、ドイツ車をも含めそれが普通になってしまったが、そんな中、マツダ3の操作系の節度感は、これぞ良識! と言うしかない。ゴー・ストップの多いそこらの一般道だからこそ、余計に運転のしやすさを実感する。

次ページは : ■猛烈に「オトナなクルマ」

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ