三菱アウトランダーPHEVが最先端であり応援する理由 4選


■女子としてストライクなアウトランダー スーザン史子

 私にとっては久しぶりのPHEV。すっかりご無沙汰だったけれど、ちょっと見ないうちに断然カッコよくなってるじゃない~!

 それもそのはず、2015年6月のビッグマイナーチェンジから三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用され、グッとあか抜けて今ドキのSUVになっているのよね。

 女性がクルマに対してもっとも重視するのは、なんといっても見た目。

 いまや、SUVは世界的なトレンドだし、ルーフを低く抑えたクーペライクなスタイルは特に人気が高い。

 アウトランダーPHEVは、ウエストラインを高く、グラスエリアを低く抑え、キャビンを小さく見せることで、今風の8頭身(:interrobang:)スタイルになっている。海外のプレミアムSUVに引けをとらないセレブ感を感じるわ。

◎スポーツカーのように走りがキレッキレ!!

 もちろん走りにだってこだわりたい。

 アウトランダーPHEVは、ツインモーター4WDと、ランエボゆずりのS-AWCで、雪道やオフロードにも強い。おまけに燃費もトップクラス。カッコいいだけじゃなくて、どんな時でもタフで、頼りになるクルマに女性は弱いのよ~。

 今回試乗するのは最上級グレードの「Sエディション」。ビルシュタイン社製の高性能ショックアブソーバーを採用したり、ボディ剛性もさらにアップさせていたりと、かなりの硬派モデルよ。

 PHEVは車重が2t近くあるし、ゆったりとした癒し系の乗り心地が持ち味だけれど、「Sエディション」は足まわりが引き締められた印象で、その重さを感じさせないキビキビした走りが得意。

 4つのタイヤがしっかり仕事していて、コーナーリングなんかスポーツカーのようにキレッキレなんだから! 「こういう硬派なPHEVもアリなんだ!」と目からウロコ。

 大黒PAから本線へと抜けるロングコーナーで加速してみても、しっかりと車両の姿勢が保たれているから、車内でも快適。適度なセレブ感とスポーティ感が味わえる、おいしいとこどりのSUVになってるのよね。

◎カッコよくて頭脳派! そして「走る保険」!!

 そもそもアウトランダーPHEVは、日本を代表する頭脳派SUVでもある。

 私は以前、走行時のディスプレイ表示で、目まぐるしく制御が変わる様子を見て、“ミスター東大クン”と名付けたけれど、そんな高度な制御を得意とするクルマをすでに5年前に発表していた、というのはやっぱり表彰モノ! 

 三菱の技術力ってスゴイな~とあらためて感じるわけです。

 今ドキのクルマらしくコネクテッド対策もバッチリ。「Sエディション」には「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ[SDA]が標準装備されているんです。

 以前の試乗からインターフェイスが新しくなっていたことにも驚いたけれど、「アップルカープレイ」や「アンドロイドオート」にも対応しているなど、しっかりとシステムがアップデートされているのよね。当たり前だけれど、感動モノよ~。

 しかも、キャンプでは電源も使えるし、万が一の災害時には命をつなぐ役割も果たしてくれる。もちろん毎日のお買い物にだって大助かり。

 そう考えるとPHEVって、クルマという概念を超えているわよね。そう、“走る保険”といってもいいのかも!

 カッコよくて、頭脳派な“走る保険”。

 このクルマを選んだアナタは完璧です!

■美麗イラスト原画プレゼント 遠藤イヅル

 2013年1月から発売を開始した三菱のプラグインハイブリッド車、アウトランダーPHEV。プラグインハイブリッド車の先駆とも言える存在で、三菱らしくSUVというスタイルも特徴です。

 アウトランダーPHEVは2015年に改良が施され、より精悍なエクステリアを手に入れた。そして今年に入って動力性能のブラッシュアップや予防安全技術「e-Assist」の性能向上などを行って大幅にアップデートされました。

 EVモードでの長い走行距離(約60km)、充電不足時にはエンジンによって充電されるので「電欠」の心配が無いことなどのアウトランダーPHEVの美点はもちろん持ったままです。

 そして今回の改良ではビルシュタインダンパーを採用した「Sエディション」が追加されました。オプションのブラックルーフや本革内装などが奢られ、エコカーのイメージが先行するプラグインハイブリッド車に、新たに高級でスポーティという新しいキャラクターが与えらました。

 ますます魅力を増したアウトランダーPHEVに注目です。

※遠藤イヅル画伯によるアウトランダーPHEVの原画(額入り)を抽選で1名様に額入りでプレゼントいたします。

 ご希望の方は下記応募フォームにてご入力ください(当選は発送をもって代えさせていただきます)。原画は左右33.5cm×天地23cmで、大変美しいです!

募集終了いたしました。 たくさんの応募ありがとうございました。

※:1メールアドレスにつき、応募は1通の受付とさせていただきます。
※:厳正なる抽選の上当選者を決定し、発表は発送をもって代えさせていただきます。

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ