三菱アウトランダーPHEVが最先端であり応援する理由 4選


 三菱アウトランダーPHEVが好調に売れています。

 国産車唯一のSUVのプラグインハイブリッド車であるという技術的な特徴だけでなく、乗りやすかったり使いやすかったり、クルマ酔いしづらくていざという時に電気が使えるという、マルチな魅力がジワジワと浸透してきているようです。

 そこで本企画では、アウトランダーPHEVの「いいところ」を伺うべく、4名の方に魅力を語っていただきました。

 記事末には美しい原画イラストのプレゼント企画もありますので、ぜひご覧ください。

文:国沢光宏、石川真禧照、スーザン史子、遠藤イヅル
Sponsored by MITSUBISHI


■買ってわかったアウトランダーPHEVの「いいね!」 国沢光宏

 仕事柄、今まで100台近いクルマを所有してきた。試乗するのが仕事だから借りて乗ればいい、と言う人も多いけれど、やはりクルマって買わなくちゃ本当のことは解らないと思う。

 ちなみに「買って失敗した」ということなど無い。事前にキッチリ試乗し、どうしても欲しくなってから買うからだ。

 とはいえ複数所有をしていると「たくさん乗るクルマとそうでもないクルマ」というのが出てくる。

 アウトランダーPHEVは前者だ。もう少し詳しく書けば、最近アウトランダーPHEVにしか乗らない、と言い換えてもよいほど。どこが気に入っているのか紹介しよう。

◎ちょうどいいサイズとコスパ

 最大の「いいね!」はボディサイズを含めた車格。クルマというのは自分の使い方や、道路事情に合ったサイズというものがある。

 私の使い方だとアウトランダーPHEVのサイズでちょうど良い。東京都内でも取り回しに苦労しないし、それでいて大きな道具を使う“遊び”の相棒にもなってくれる。

 同じくらいの「いいね!」が短い距離なら電気だけで走ってくれること。私の乗り方だと満充電しておけば50kmくらい走る。電気代は約100円。50kmまでの移動コストが100円ということ。

 ちなみにリッターあたり20km/L走るクルマだと100kmで5リッター消費して750円のガソリン代になる。

 50kmまでなら電気自動車として使える点も素晴らしい。一度電気自動車に乗ると、エンジンの無い清々しさを実感すると思う。

 考えてみたら大昔から滑らかに回る高価な12気筒エンジンのことを「電気モーターのように静か」と表してきた。アウトランダーPHEVは文字通りモーター。

 快適至極だ。ただ電気自動車には「電池残量無くなったら動けなくなる」という最大の弱点がある。エンジン付きの電気自動車であれば、電欠の心配をすることなく滑らかで静かな走りを堪能出来るから嬉しい。

 加えて50km以上走るような時は、むしろエンジンが回っていた方が心強い。

◎やっぱり頼りになる4WDと、ちょっと気になるポイントは

 私の使い方だと4WDであることも嬉しい。このところ数は減ったけれど、やはりスキーが好き。越後湯沢の合宿所に行く時も4WDなら心強い。

 先シーズンはアウトランダーPHEVでけっこう雪道を走った。ややアンダーステアなのを除けば多いに満足(最新モデルは曲がる味付けになったらしい)。

 唯一不満なのは自動ブレーキ。私のタイプだとノーブレーキで停止車両に接近して止まるのは25km/hまで(JNCAPの試験データ)。歩行者も検知出来ない。

 これまた最新型で大幅にバージョンアップし、50km/hから止まれるようになっただけでなく歩行者を検知しての自動ブレーキも可能。

 ということで大いに気に入っているアウトランダーPHEVながら、自動ブレーキ性能と雪道のハンドリングが大幅に良くなったと思われる最新モデルに乗り換えようかと考えている。

 最後に付けたし。電池残量無くなりハイブリッドモードになった時の燃費も良く、15km/L前後走るから嬉しい。

■「クルマ作り百周年」が作り上げた最先端のモデル 石川真禧照

 2017年10月24日、東京・有明の国際展示場(東京ビッグサイト)では、第45回東京モーターショーのプレスデイが開催されていた。

 三菱自動車のプレスカンファレンスで、開発担当の山下光彦副社長は、これからの三菱自動車のクルマ作りの方向を力強く語った。

 「三菱自動車はEVの先駆者です。(中略)1971年にすでにEVを開発し、2009年に世界初の量産EV「アイ・ミーブ」を発売しました。(中略)三菱自動車は今後、コアモデルを中心に、電動化を推進します。

 PHEVのシステムを軸とし、コンポーネントの共通化を図りながら、バッテリーEV、シリーズハイブリッドといった電動化技術を、幅広く展開する計画です」

 と語り、“Drive your ambition”という新しい新ブランド・メッセージを発表したのだ。

◎クルマ作り百周年の三菱

 個人的なことだがボクの車歴を振り返ってみると三菱車を所有していた時期は長い。初代シャリオにはじまり、ギャラン・シグマ、カリスマ、ランサーエボリューションはⅡ、Ⅲ、Ⅴと乗り継いだ。三菱車が好きだ。

 その三菱が久々に元気のよいメッセージを発信してくれたのだ。まさに三菱ブランドの復活といえる。文字で書くと、“ブランド”という言葉は簡単だが、実際にブランドを保ち続けるということは容易なことではない。

 まず、長い歴史が不可欠。それも誇りある歴史だ。これは新興のメーカーには不可能なこと。

 三菱は1917年に日本初の量産乗用車「三菱A型」の製作を開始した。つまり三菱のクルマ作りは今年で百周年を迎えるということになる。

 日本は世界中の国々の中で創業百年を超えるメーカーや店が多いといわれているが、自動車メーカーでは数少ない存在。いや、目を世界に向けても、現存する「百年メーカー」はロールスロイスやルノー、アウディなど数えるほどしか存在していない。

 しかも、ブランドを維持するためには、保守的なだけでは、歴史に埋もれてしまう。常に時代を先取りする革新的な心と、技術力も必要なのだ。

 三菱自動車は1980~90年代にはミニバン、RV、軽ハイトワゴンなど、様々な新カテゴリーを提案し、それを普及してきた。そして2000年代に入ると電動車両技術で、世界の市場をリードしてきた。

 そして2013年、三菱自動車はプラグインハイブリッドの「アウトランダーPHEV」を発売している。

◎世界最先端の技術を搭載し、世界標準の半額で買える

 そのとき、業界だけでなく、世間でも市販化はまだ早すぎるのではないか、という疑問の声もあった。

 しかし、三菱自動車の技術陣は、絶え間ない研究と、進化を続け、その性能は向上し続けた。三菱のブランド力とそれに見合う実力が、アウトランダーPHEVを、世界でもトップクラスのPHEVに仕上げたのだ。

 現在、アウトランダーのようなPHEVを市販しているのは、ボルボ、メルセデス・ベンツ、BMWなど欧州の高級車メーカーだが、どのモデルも1000万円前後の高級車だ。アウトランダーは国産車ということを含めても、この約半分で購入できる。

 歴史あるブランドの三菱車のなかで、アウトランダーPHEVは、かなり買い得感のある未来型電動車といえる。Drive your AmbitionはアウトランダーPHEVからスタートしている。

次ページは : ■女子としてストライクなアウトランダー スーザン史子

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ