デザインにうるさい清水草一がハマッタ! モデリスタはかっこいいであ〜る!!


 スマホが進化したことで様々なゲームや体験が可能になっている。そんなスマホの注目の技術のひとつにAR(Augmented Reality=拡張現実)というものがある。目の前にあたかも仮想のものがあるように楽しめる技術だ。

 モデリスタでも、家でハリアーやミライをARで体験できるサービスをスタートした。このARをデザインに一家言ある清水草一が初体験。モデリスタのドレスアップハリアーを実車とARとで見比べた!

文/清水 草一 写真/池之平昌信【PR】
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号


■ARはリモート販売の主役か!?

清水草一がスマートホンでARのハリアーをチェック

 2年くらい前、『カメラを止めるな!』という映画を見て、気持ち悪くなってしまった。原因はスプラッターシーンではなく、カメラの手ブレだった。

 低予算映画のせいか、あるいはロードムービーゆえにわざとなのかもしれないが、ものすごい勢いでカメラが揺れていた。「カメラは止めなくていいけど、手ブレを止めて〜!」と言いたかった。

 私はVR(バーチャル・リアリティ=仮想現実)も苦手だ。一発で気持ち悪くなる。とにかくバーチャルものが苦手なので、徹底的に避けてきた。『ポケモンGO』もその類いかと恐れ、試していない。

弊社の駐車場においたモデリスタ・ハリアーのAR画像。クルマを買う際、駐車場に入るかな? という疑問はよくあること。ARならだいたいのサイズ感が把握できるし、隣の86や人間と比べると大きさがよくわかる

 が、この度モデリスタが、カスタマイズしたハリアーをAR体験できる取り組みを始めたという。題して「モデリスタARビジュアラー」。ARとはオーグメンテッド・リアリティの略で、拡張現実と訳されている。当然VRの仲間かと思ったが、「ARは気持ち悪くならないので、試してみてください」とおっしゃる。

 それでもアナログ世代としてなんとなく怖い。そこで編集部に実物も持ってきてもらい、見比べてみることにした。

ARではフロントスポイラーの張り出し感や細かな形状などがアップで見ることができ、写真ではわかりくい部分も確認できる

 実物のモデリスタ・ハリアー「グランブレイズスタイル」は、さすがの迫力だ。やはり実物に勝るものはない。しかし、こうして実物のモデリスタハリアーと対面するのは、今の世の中、なかなか難しい。通常の新車ならまだしも、カスタマイズカーの完成車はレアで、めったなことでは実物も拝めない。

 で、ものは試しと、スマホで「モデリスタARビジュアラー」を起動してみた。

実車と照合しながらARを確認していくと、時間があっという間にたってしまう。面白い!

 まず3色の中からボディカラーを選び、続いて周囲の景色をカメラで認識させる。すると、スマホの中の景色に実車が現れた!! スマホ画面は映画の画面に比べるとケタはずれに小さいので、見ていて気持ち悪くなることもない。

下回りがわかるのがARの面白いところ。潜ってみたが、細部まで確認できず(当たり前か)

 指で操作すれば、自在に向きを変えることもできる。ボディの真上とか、裏まで見ることができる!! 裏は真っ黒でしたけど。

「うーん、これはポケモンGOだ……」。先ほど「ポケモンGOをやったことがない」と書いたが、人がやっているのを覗き見したことはあり、それとソックリだったのだ。

 ポケモンGOは、周囲の景色の中にポケモンが登場したみたいに見えることで、全世界で大ヒットしたが、モデリスタARビジュアラーには、それ以上の利点がある。自宅で操作すれば、車庫に収まったモデリスタ・ハリアーを見ることができるからだ!

ルーフも死角のひとつ。データから起こしたARならではで隅々までよくわかる。足がつるくらいジャンプしても実車ではわからない。リフトアップしなければわからないフロア下も包み隠さず見えてしまう

 ポケモンGOはポケモン探しのゲームだが、こちらは逆に、モデリスタ・ハリアーを自宅に呼び寄せるゲームとでも言おうか? もちろん自宅じゃなく、ステキな景色の場所でもいいんですけどね。

 こうなると、欲が出てくる。パーツを選択して、装着したり外したりしたくなってくる。いまのところモデリスタのARはまだできないが、いずれは実現するんだろう。

MODELLISTA GRAN BLAZE STYLE モデリスタエアロパーツセットはフロントスポイラーにLED付で28万500円。高品質のメッキを施したサイドスカートがアルミホイールとの一体感を生み出し個性的なサイドフォルムを作る

 アナログ人間なので知らなかったが、このARビジュアラー、多くのメーカーで取り組みが始まっているという。

 コロナの影響で実車を見ず、リモートでクルマを買う人が増えているというが、ARで見ればなんとなくわかる。そして、買わなくても世界の名車を自宅の車庫に入れまくる日は近い。カーマニアの夢の実現は間近だ。たぶん。

コロナ禍でディーラーに行かずリモートでの自動車販売が進んでいるというけれど、今回ARを体験し、納得しました

 下記サイトにある「モデリスタ AR Visualizer」で、ハリアーとミライをバーチャルでリビングルームや屋外に置いて、モデリスタのパーツを見ることができる!

モデリスタ AR Visualizer サイト https://www.modellista.co.jp/event/as2021/arvisualizer.html

●モデリスタのハリアー用パーツ

20インチアルミホイール&タイヤセット ブラック×ポリッシュの20×7.5Jのアルミホイールとミシュランパイロットスポーツ4 SUVのセット 43万4500円
バックドアエアロプレート フロントスポイラーと同様のイメージをバックドアにも植え付け、ハリアーのスポーティなイメージを強調する。ピラーのメッキとも協調している 2万7500円
リヤスタイリングキット 4本出しのマフラーカッターとリヤスカートのセット。ガーニッシュによりワイド&ローの印象が強まりノーマルに比べると段違いの存在感 塗装済12万3200円
バックドアガーニッシュ リアビューを引き締めるバックドアガーニッシュ。コンビネーションランプに合わせ水平方向への広がりを感じさせる 3万800円
フロントスポイラー 力強さのなかにも気品あるハリアーのフロントマスクをワイドにシャープにするフロントスポイラー 7万4800円(塗装済)LED付は同10万7800円

■他社もやっていますAR

 例えばホンダではフィットや次期型ヴェゼルの「実物大シミュレーション」が楽しめるほか、マツダはMX-30の世界観をイラストとともに楽しめる「MX-30‌ AR Experience」がある。

 輸入車ではポルシェがARに力を入れ、BMWはiシリーズで、ランドローバーはディフェンダーで冒険心をくすぐるARが楽しめる。

 スマートフォンでの活用ではないが、メルセデスベンツSクラスはカーナビにARを搭載するなど、ARは今後身近な存在になるはずだ。

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ