スバルに続き全国のトヨタが認めた美しさの秘密に迫る キーパーで新車以上の輝きが手に入る!


 全国に約6200店舗あるKeePerプロショップをベストカー読者なら一度は目にしたことがあるはず。「KeePerいいよ!」「雨が降るとキレイになるんだ!」という声をよく耳にするが、ほんとうなのか? 取材してみた。

文/ベストカー編集部
写真/西尾タクト【PR】


KeePer技研のガラスコーティングがディーラーで受けられる

高い技術力を持ったスタッフが車を美しく仕上げてくれる

 2021年9月トヨタモビリティパーツからKeePer技研の「ダイヤモンドキーパー」と「EXキーパー」が発売になった。つまり、トヨタディーラーでフロアマットやエアロパーツを購入するのと同じように、新車時にディーラーオプションとしてガラスコーティングの施工が受けられるようになった。

 新車ディーラーがキーパーに注目するのは、クルマが大型化し高級化したことで、ユーザーがリセールバリューに敏感になり、新車時からコーティングしようというオーナーが増えているという背景がある。

 キーパーのボディコーティングを新車ディーラーが扱うのは、スバルに続くもので、トヨタディーラーが扱うことで、ますますキーパーが身近なものになりそうだ。

初めてキーパーを試すなら、新車時の深みのあるツヤと輝きが持続するダイヤモンドキーパーがお薦めだ

 キーパーのコーティングを新車時から施工しているというアルファードオーナーの友人に聞くと他社のコーティングに比べると、とにかく水弾きが違うという。ツヤが深くて時間がたっても汚れが目立ちにくいので、洗車はほとんどしないという。

 いったい、キーパーは何が違うのか? キーパーラボに取材に行った結果、キーパーのボディガラスコーティングは独自の2層構造になっている点が大きな特徴だとわかった。2層とはレジン被膜とガラス被膜のことだ。

 従来のコーティングは薄くて固い被膜を作るのに対して、キーパーのコーティングは分厚くて柔軟な被膜を作るという違いがある。他社製品は塗装の上に固い被膜を乗せているのに近い。簡単に言えば接着剤でくっつけているようなもの。これだと被膜が傷むとボディを削るしかない。

キーパーのメカニズムは塗装の表面に高密度ガラス被膜が、その上にレジン被膜が乗る2層構造。表面のレジン被膜(図1)の入れ替えやさらにガラス被膜(図2)の入れ替えによるメンテナンスが可能なことも大きな特長

 それに対してキーパーの商品、例えば「ダイヤモンドキーパー」は他社製品に比べて約50倍、1ミクロンもの厚い被膜(ガラス被膜)を持ち、紫外線やキズからクルマを長期間守ってくれる。

 さらにその上に水ジミを固着させない被膜(レジン被膜)を乗せている。この上面の被膜は何度も落として新しい被膜をコーティングすることができる。例えるなら他社が「整形」だとしたらキーパーは「化粧」だと思えばわかりやすいかもしれない。

 それでは、なぜ深いツヤや輝きが生まれるのだろう? 先に説明したが主力製品の「ダイヤモンドキーパー」は1ミクロンのぶ厚いガラス被膜の上にレジン被膜が乗る2層構造になっている。

経年後の塗装(上)は光が乱反射し全体が白っぽく見えるのに対しダイヤモンドキーパー施行のもの(下)は濃く発色し、ツヤが出ることがわかる

 クルマの塗装の表面は一見すると平らだが、擦れや微細なキズ、紫外線などによってミクロレベルの細かな凹凸ができている。この凹凸が光の乱反射を起こし、ツヤと発色をスポイルするのだ。

 キーパーのガラスコーティングは微細なキズや凹凸をガラス被膜とレジン被膜とで埋めることでツヤが出る素地を作る。さらにガラス被膜とレジン被膜は透明で、それぞれ屈折率が違うため、キーパーならではの深いツヤを生み出すことができるのだ。

雨が降るたびにキレイになる理由

この高い撥水力で雨と一緒に埃や汚れを弾く

「キーパーのコーティングをすると雨が降るとキレイになる」。ウソのような話だが、これにはちゃんと訳がある。

 2層構造のうちレジン被膜に水を弾く性質があり、高い撥水力のおかげで水だけでなく埃や汚れを水と一緒に弾いてくれるので、結果として雨が降るとクルマがきれいになるのだ。

キーパーならではの撥水力の高さを示す実験。あえて色水をかけた状態
 しかしボディが汚れを弾いていく
 やがて汚れは自然に落ちる
最後に水をかけるだけで新車時に戻る

 おかげで洗車の回数が激減し、そのぶん洗車代の節約はもちろん節水にもなり、仮に月1回の洗車をしなくなれば、1回約50ℓとして年間約600ℓの水が節約できる計算だ。国連が目標とするSDGsの考えにも合致し、営業車を数多く所有する企業にとってもうれしい効果だ。

 もうひとつキーパーのコーティングで大きな効果を生むのが、水ジミが出ないこと。水ジミがつくとコーティングの効果が得られず、ボディがくすんでしまう。

 お風呂の浴槽などでも気になる水ジミの正体はミネラル。黄砂などにも大量に含まれており、この厄介なミネラルが付着しないよう、キーパーのコーティングはボディ表面を有機質で覆いブロックしている。特許を取得したキーパーならではの特長だ。水ジミができにくいキーパーだから、ツヤや美しさが長持ちするのだ。

次ページは : 雪国や旧車ユーザーにもおススメ

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ