【2018年販売No.1】 モーターアシストで超快適!? ノートe-POWER 4WD車で雪上試乗!!【PR】

 2018年の日本国内における登録車販売ランキングで第1位を獲得した日産ノートe-POWER(13万6324台/2018年1月~12月)。日産車が暦年における年間販売台数第1位を獲得したのは史上初で、まさに日産にとって悲願となったこの年、そのノートe-POWERにさらに追加設定されたのがモーターアシスト方式の4WD仕様車である。

 後輪駆動用に独自のモーターを搭載、前輪と後輪を別々のモーターで動かしているため、滑りやすい路面でもスムーズな発進を可能にしているという。

 さて、このノートe-POWER 4WD、雪道での走りがやたらスゴいらしいということで、レーシングドライバーとしても活躍する会社社長、『ベストカー』本誌にて「スーパーカー劇場」を月イチ連載している元リバティ武井氏に、その威力を体感してもらうべく札幌へと飛んでもらった。

※本稿は2019年1月のものです
文:武井寛史/写真:雨田芳明
初出:『ベストカー』 2019年2月26日号


■登り坂でもカンタン発進!

 都内で雪が降るとクルマの運転は厄介なんだよね……。特に雪が降り止んだ翌日からの凍結路面。かなり慎重に運転していても、ちょっとアクセルをラフに扱うとタイヤが空転しちゃって走るのにも苦労する。

 今季の冬も寒さが厳しそうだから愛車の冬支度でもしようかなぁと思っていた矢先、ベストカーから、雪道で凄い走りをするというノートe-POWER 4WDのインプレッションの話がきたから冬の北海道に行ってきた!【PR】

来たぜ札幌!

 白銀のパウダースノーを期待していざ札幌へ。しかし12月だっていうのに札幌市内の道路にはまったく雪がない。これじゃ日産自動車自慢のe-POWER 4WDが体験できないじゃん! ってことで雪がありそうな山のほうへ移動。

 やっぱりそこは北海道、雪、たくさんありました(笑)。e-POWER 4WDはドライバーの手元に駆動方式の切り替えスイッチが配置され、路面状況に応じて選択可能だ。雪が積もっているから当然、4WDモードにしてインプレスタート!

4WDモードではアクセルを踏んだ瞬間からリアタイヤが駆動し始め、歩いて登るのもためらうほどの急な登り坂でもタイヤが滑ることなくスムーズに走り出す

 自慢の4WDシステムの実力をはかるようにアクセルをラフに踏み込んだ。するとタイムラグもなくスムーズに走り出した。地元の人でも慎重に走るような雪道を嘘みたいに安定して運転できる。まるでドライ路面を走っているくらいの安心感。ポテンシャルの高さに早くもビックリ。

■深雪でもスタートがラクラク~!

 読者の皆さんが大好きなダメな部分を引き出してやろうかと思って、スタッドレスタイヤだけじゃ登れなさそうな坂道でテスト。さすがにタイヤは空転して登らないかと身構えていたら、アクセルを踏むとクイックに動き出して力強く登り出した。

 さらに意地悪なテストは続く。お次はバンパーに接触するくらいの深雪。チェーンなしで進入するのは躊躇するほど深い雪だ。それでもスタックすることもなくグングン進んでいくから思わず笑ってしまった。

フロントバンパーが接触するほど深い雪道を発見。20cm以上ある深雪はスタッドレスタイヤで入っていくのも躊躇したがスタックすることなく力強く走ってくれたのには驚かされた

■滑りやすい交差点での発進&加速もスムーズ!

 電子制御された4WDの高い走破性と併せて感心したのがe-POWER Drive。積雪や凍結した路面でブレーキを踏むのってかなり怖くない?

 軽く踏んだつもりでもタイヤがロックしちゃって慌てた経験は誰にもあるはず。その点でこのシステムは下り坂で凄い威力を発揮してくれた。

雪よりも厄介なのが凍結路面。スタッドレスを履いていても慎重にアクセルを扱わないと進みそうにない路面状況でもノートe-POWER 4WDはタイヤが空転することなく走り出す。交通量が多い都会の交差点でもスムーズに右折ができた

 アクセルを戻せばブレーキを踏んだくらいの制動力で、クルマ側が絶妙に速度を落としてくれるから、急な下り坂でも安心して走れた。e-POWER Driveを知っちゃうと、装備されていないクルマだと物足りない気分になるくらいの機能だった。

 余談だけど、雪を求めて山側に向かって走っていた途中、急に凍結した路面になって、クルマが滑り出した。でも慌てずアクセルを戻すと、スライドが停まってホッとした。路面状況の変化にも戸惑うことなく運転できるのはクルマの完成度が高いからだろうね。

下り坂はペダル操作で減速

雪や凍結路面で怖いのが停まること。アクセルを戻せば体に減速Gを感じるほどの制動力で、滑りやすい路面でe-POWER Driveは必須

 タイアップ企画だとメーカーが気に入るように忖度するって思う読者が多いけど、ノートe-POWER 4WDの雪&凍結路面での始動性はお世辞抜きに最高。札幌ロケ中、終始、危なげのない走りで快適にドライブできた。

 このシステムが付いたクルマばかりだったら雪の都内でも立ち往生するクルマはいなくなると思えるくらい納得できる優れたクルマだったよ。

◎武井寛史……レーシングドライバーとしても活動する映像制作会社社長で、本誌『スーパーカー劇場』を連載中。以前にプレーリーリバティを愛車にしていた


[ノートe-POWER NISMO S] e-POWER NISMOのハイスペック版の実力は?

(TEXT/鈴木直也)

■32.6kgmのトルク感は圧巻!

 乗れば誰でも「すっごいトルク!」とビックリ。これが、ノートe-POWER NISMO Sの魅力だ。パワートレーン一式をセレナ用の強化版をベースにノート用にチューニングし積み換えた結果、最大トルクは驚異の32.6kgm。ノーマルe-POWERの25.9kgmだって元気イッパイなのに、25%アップですよ!

 さらに、シフトをSモード/Bレンジにセットすると、トルク制御がレスポンス重視に変わる。韋駄天モードでワインディングを駆け抜けるその楽しさは、まさにホットハッチの名にふさわしい。

 電動車両ならではの楽しさを、じつに上手に表現しているのに感動しました!

ノートe-POWER NISMO S

トルクフルな走りが魅力的なノートe-POWER NISMO S。価格は267万1920円~

最新号

ベストカー最新号

平成最後の日本自動車大賞|ベストカー 5月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ