アクセル全開で性格激変!! マツダCX-60PHEVの新しい技術、新しいクルマで、新しい生活を!!!【PR】

アクセル全開で性格激変!! マツダCX-60PHEVの新しい技術、新しいクルマで、新しい生活を!!!

 マツダといえばディーゼルという人も多いハズ。CX-60もその筆頭だが、じつはPHEVも超魅力的なのだ。電動化してもマツダらしく走りの良さも健在!! そしてデザインも歴代モデル随一の仕上がりなのだ。それでいて内燃機関モデルとは違い、災害時やアウトドアシーンでも大活躍!! CX-60検討するならPHEVもいいゾ!!

文:鈴木直也/写真:茂呂幸正・マツダ

■マツダ電動化に消極的は大間違い!? CX-60PHEVから攻めまくる予感

CX-60PHEVを筆頭にMX-30 e-スカイアクティブR-EVなど大型モデルだけでなくコンパクトモデルなど全方位で電動化を推し進手めている真っ只中
CX-60PHEVを筆頭にMX-30 e-スカイアクティブR-EVなど大型モデルだけでなくコンパクトモデルなど全方位で電動化を推し進手めている真っ只中

 マツダの〝新世代ラージ商品群〟のトップを切って登場した新型CX‒60。話題の中心はやはり3.3L直6ディーゼルエンジンとディーゼルハイブリッドの走行性能だが、忘れちゃいけないのが2.5LガソリンPHEVの存在だ。

 マツダは2017年に発表した「サステイナブルZoom‒Zoom宣言」で電動化への長期ビジョンを策定している。そこで公表されたロードマップには、2020年のPHEV/HEV登場が予告されていたのだ。

 マツダは電動化に消極的という意見も聞かれるが、実はそれは大きな誤解。コロナ禍の影響で少し遅れはしたものの、5年前の「約束」をキッチリと果たしたのがCX-60PHEVの存在なのだ。ここからマツダの電動化が本格スタートする重要なニューモデルと言っていい。

■日常域はほぼ電気だけ!! 環境性能と実両性の高さがお見事

CX-60PHEVは2.5リッター直4エンジンと17.8kWhの大容量バッテリーを搭載。バッテリーだけで最大74km(WLTCモード)も走行可能!!
CX-60PHEVは2.5リッター直4エンジンと17.8kWhの大容量バッテリーを搭載。バッテリーだけで最大74km(WLTCモード)も走行可能!!

 CX-60シリーズのなかでPHEVがどういう役割を担うのかといえば、もちろんそれは環境性能におけるイメージリーダー。

 走行時CO2排出ゼロがBEV(ピュア電気自動車)の大きなセールスポイントだが、その一方で航続距離や充電時間にはまだまだ制約があるのが実情。CX-60PHEVは、17.8kWhのリチウムイオン電池で74㎞(WLTC)のEV航続距離を確保。電池を使い切った後はエンジンを起動して最大800km(満タン50LでWLTC高速モード)の走行が可能となる。

 日常ユースをほぼEV走行でカバーしながら、休日は何の気兼ねもなく自由にロングドライブが楽しめるのも魅力である。環境性能と実用性の両立という意味では、現時点では理想的なソリューションといえるのだ。

次ページは : ■EV走行が気持ちよすぎ!! スムースさがイイ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!