自動ブレーキで自動車保険 割引に 「9%安くなる」場合とは


 年が明け、2018年1月から、いよいよ自動車保険の自動ブレーキ割引が開始した。

 いわゆる自動ブレーキ搭載車なら、一律9%保険料が割引されるというものだが、その割引を導入している保険会社や適用条件はどうなっているのか?

 「一律」とは言うものの、実は注意しなければならない点もある。

文:ベストカーWeb編集部


過去にはABSやエアバッグ搭載でも保険料割引に

 世の中で広く「自動車保険」と呼ばれている任意保険は、対人・対物賠償はもちろん、契約によっては「自分の愛車を壊してしまった」といった場合も補償してくれるもの(車両保険)。

 自賠責保険とは異なり「加入義務」はないものの、およそ7割のユーザーが加入している。

 その保険料は、自分の「等級」や愛車の車種による「料率」などで決まる。そんな保険料が“一律で”割引になるケースが存在するのだ。

 例えば、ABS割引やエアバッグ割引が、そのひとつ。かつて「ABS搭載車は一律保険料5%割引」といった制度が存在したが、現在ではABS、エアバッグともに標準装備が常識となり、割引は廃止されている。

 そんななか、この1月から新たに始まったのが「AEB割引」だ。AEBとは「オートマチック・エマージェンシー・ブレーキ」の略。俗に言う自動ブレーキのことだ。「自動ブレーキ割引」とは、いったいどんなものなのか?

自動ブレーキ割引はどんな車に適用する?

写真のデイズ、N-BOX、ラパン、ミライースは4車種とも自動ブレーキ搭載グレードを持ち、割引対象となる
写真のデイズ、N-BOX、ラパン、ミライースは4車種とも自動ブレーキ搭載グレードを持ち、割引対象となる

 自動ブレーキ割引は2018年1月から開始。業界最大手の損害保険ジャパン日本興亜を始め、東京海上日動、三井住友海上、あいおいニッセイ同和、AIG損保など大手損害保険会社は、軒並みこの自動ブレーキ割引を導入した。

 ただし、いわゆる通販型の保険会社など導入開始時期を発表していない会社もあるので、「全保険会社で2018年1月から導入」というわけではない。

 割引が適用するのは、すべての自動ブレーキ搭載車。システムによる制限などはなく、スバルのアイサイトでも、トヨタのセーフティセンスでも、一律に割引が適用される。

 割引率は9%。ただし、普通車に関しては「型式発売後3年以内」という条件となっているので、現時点で言えば、2014年以前に発売された自動ブレーキ搭載車は割引対象外となる。

 いっぽう、軽自動車には「3年以内」の制限はなく、自動ブレーキが付いていれば、どの車でも割引が適用される。

次ページは : 損保ジャパンは安全運転割引制度も導入