【新型フィットや新型SUVはどうなる?】消費増税でもトータル安くなる車と高くなる車

 2019年10月1日に、消費税率が現在の8%から10%に引き上げられる。高額商品であるクルマは2%増の影響を無視できない。

 クルマなどの価格は、消費税を含んで表示されるから、10月1日以降は車両価格が2%の消費増税分だけ値上げされることになる。

 例えば車両本体価格が200万円の場合、消費税込みの車両価格は、消費税率が8%なら216万円だが、10%に引き上げられると220万円に高まる。本体価格が300万円の場合も同様に、324万円が330万円と、価格が高くなれば値上げ幅が大きくなる。

 クルマの販売現場に明るい渡辺陽一郎氏が、消費増税後のクルマの販売動向を予測する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、HONDA、NISSAN、平野学、ベストカー編集部


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ