【新型フィットや新型SUVはどうなる?】消費増税でもトータル安くなる車と高くなる車


 2019年10月1日に、消費税率が現在の8%から10%に引き上げられる。高額商品であるクルマは2%増の影響を無視できない。

 クルマなどの価格は、消費税を含んで表示されるから、10月1日以降は車両価格が2%の消費増税分だけ値上げされることになる。

 例えば車両本体価格が200万円の場合、消費税込みの車両価格は、消費税率が8%なら216万円だが、10%に引き上げられると220万円に高まる。本体価格が300万円の場合も同様に、324万円が330万円と、価格が高くなれば値上げ幅が大きくなる。

 クルマの販売現場に明るい渡辺陽一郎氏が、消費増税後のクルマの販売動向を予測する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、HONDA、NISSAN、平野学、ベストカー編集部


消費増税前の駆け込み需要がない異常事態

超高額車両のホンダNSXは、税抜き価格は2194万4445円で消費税が8%なら税込み2370万円だが、10%になると税込み2413万8889円でその差は約44万円!!

 消費増税関連の動きでまず気になるのは、増税前の駆け込み需要が発生しているか否かだろう。2019年7~8月に販売店に尋ねると「前回の(2014年4月1日の)消費増税では、税率が5%から8%に切り上がって駆け込み需要も発生した。しかし今回はほとんど売れ行きが増えていない」という。

 このことは販売台数からもわかる。2014年4月の消費増税直前の国内販売は、1月が29.4%、2月は18.4%、3月は17.4%のプラスだった。増税された4月は5.5%減ったから、駆け込み需要が発生していたことになる。

 しかし2019年は5月に6.5%増えたものの、6月には0.7%減り、7月には4.1%増えた。軽微な増減にとどまり、駆け込み需要は発生していない。

 販売店からは「今は軽自動車とコンパクトカーが売れ筋で、税込み価格が200万円以下に収まることが多い。増税額は多くても4万円前後だから、大幅な値上げにならない。値引きの増額で補える範囲に収まり、急いで購入するお客様は少ないのではないか」という意見も聞かれる。

2014年4月の消費増税(5%→8%)の時、駆け込み需要でアクアは3月に3万1146台を販売。その反動で4月は1万3683台に激減した

自動車税の引き下げが及ぼす影響は大!?

 例えば愛車の車検が2020年の3月に満了する場合、消費増税前の8月に乗り替えたとすれば、車検期間を半年以上も残しながら手放すことになってしまう。これはもったいないと感じるユーザーもいるだろう。

 また2020年3月の決算フェアになれば、3万~4万円の消費増税分を取り戻せるくらいの決算サービスをする可能性もあり、静観するのが合理的ともいえる。

 さらに今回の消費増税に絡み、2019年10月1日以降に登録された車両は、自動車税が引き下げられる。その金額は年額1000~4500円の範囲だ。

2019年10月1日以降に登録したクルマに適用される新自動車税
環境性能割の臨時的軽減による税率(2019年10月1日~2020年9月30日)

 消費税が10%になると自動車取得税を廃止することも決まっていたが、この約束は破られてしまう。一応廃止はするものの、「環境性能割」という自動車取得税にソックリの新しい税金が導入されるからだ。ただしこの税率を2019年10月1日から2020年9月30日までは軽減するため、消費増税をカバーする効果が生じる。

 例えばエンジン排気量が996ccのパッソを買う時は、消費増税後のほうがトクをすることもあり得る。パッソの安全装備を充実させたベーシックなX・Sは、消費税抜きの本体価格が115万円だ。消費税率8%の税込み価格は124万2000円で、消費税率が10%になると126万5000円だから、消費増税によって2万3000円値上げされる。

1L未満のクルマは自動車税が最も安くなる。もともと車両価格も安いため消費増税による値上げ幅も小さいから、トータルで見るとトクできるケースが増える

 いっぽう、エンジン排気量1000cc以下の自動車税は、10月1日以降の登録なら年額4500円安くなるので、6年使えば2万7000円の節税効果が生まれて2万3000円の消費増税分を取り戻せる。

 さらに2020年9月30日までに登録すれば、前述の環境性能割の軽減措置も行われ、パッソX・Sの場合、現時点で徴収されるエコカー減税を含んだ自動車取得税の2万3200円が免税(100%の減税)される。

従って2020年9月30日までに登録すれば、2万3000円の消費増税分は環境性能割の軽減措置で相殺され、自動車税の値下げぶんだけトクをするわけだ。

次ページは : 損得の分岐点は、小排気量のコンパクトカー

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ