【新型フィットや新型SUVはどうなる?】消費増税でもトータル安くなる車と高くなる車

値上げになるだけのクルマもある

 それでも不安が払拭されるわけではない。消費増税により「クルマを買うのは、今ではないでしょ」という風潮が生まれ、そのままズルズルと引っ張られる可能性もあるからだ。この点を考えても、消費増税後の自動車税引き下げなどで比較的有利なコンパクトカーを大切に売る必要がある。

 おそらくパッソ、ルーミー4姉妹車など1Lエンジンを搭載する車種は、消費増税後にさらに割安な特別仕様車を設定して、自動車税の改訂もアピールするだろう。スイフトやクロスビーのような1Lターボエンジン搭載車を増やす可能性もある。

電気自動車のリーフはすでに非課税のため、暫定的に環境性能割が軽減されるメリットはまったくなく、消費税の2%アップぶん値上げとなる

 輸入車にもフォルクスワーゲンポロなど1Lターボがあり、新しい販売促進対策を打ち出すかも知れない。

 ちなみに輸入車には高価格車が多く、消費増税は辛い。クリーンディーゼルターボ搭載車などは、現時点ですでに免税だから、消費増税分がそのまま上乗せされてしまう。

 今は軽自動車が新車販売されるクルマの40%近くを占めるが、消費増税後は、ターボを含んだ1Lエンジン車が注目されるかも知れない。自動車税/4500円のマイナスをきっかけに、楽しいクルマとムーヴメントが誕生することに期待したい。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!