プロボックス・サクシードが長年愛されるわけ 乗ったら虜!?


 商用車と侮ってはいけない!! “働く男たち”の声を徹底的にきいて作られたプロボックス・サクシードは、運転を飽きさせない「愛で作ったクルマ」だったりする。

 まさに働くクルマ界の頼もしい相棒のこのクルマ、ジャーナリストの渡辺敏史氏が東京〜愛知まで往復して愛知にいる開発主査を訪ねた。

 文:渡辺敏史/写真:藤井元輔
ベストカー2015年4月26日号


トヨタの異端児、プロ・サク!?

 お利口で掴みどころなく面白くない。巷間言われるトヨタ車にあって、僕が直近で凄いと唸らされたのが、2014年にマイナーチェンジを受けたプロボックス&サクシード、略してプロ・サクだ。

 ハイエース然り、トヨタの商用車の出来のよさは多くが認めるところ。その理由を知るためには新しいプロ・サクは格好のサンプルになるだろう……というわけで、一日技工士見習いを装った僕は作業衣を着込んでプロボックスへと乗り込み、一路愛知へと足を延ばすことにした。

 走り込むことで実感するその秘密を、勢いそのまま開発者にぶつけてみようというわけだ。

 新たな1.3LエンジンにCVTを組み合わせたプロボックスGLは、大人3人に撮影機材を載せて、新東名を淡々と走って行く。燃費は15~16㎞/Lあたりとあらば、車格や用途を思えば充分に合格ラインだろう。

 それにしても周囲を見渡せばプロ・サクだらけだ。左車線を静静と走るものあれば、右車線をぶっ飛んでいくものもあり。積むものも走らせ方も多様だ。

下村主査の狙い

 「プロ・サクは法人需要が主なので、売れ方に山谷がほとんどないんです。だいたい月に4000台程度が淡々と売れ続ける。ゆえに会社的には土台として重要なクルマですし、失敗は許されません」

 と、仰せになるのはプロ・サクの開発主査を務めるトヨタの下村修之さん。マイチェンの最大動機は法規の変更にあったという。

 「’15年の燃費規制クリアはともあれ必達。で、新しいエンジンとCVTが必要となるから、プラットフォームは最新世代を基準に考えることになる。それをわざわざプロ・サクの寸法に合わせて幅を狭める施術を行うわけですから、一緒に後々関わってくる歩行者保護の要件も先取りしておこう。

 となると、当然フロント周りのデザインも変わるね……と、変更にまつわる承認をいくつも取り付けるわけです。上役の顔をうかがいながら、タイミングを見計らいつつ」

 ものが商用車とあらば質実剛健そして廉価であることが第一義。だから必要なところだけ手を加えればいい。そう考える役員を口説きながら開発予算を引っ張り出す。下村さんの仕事はサラリーマンの世界では普通にありそうな話ではある。

 「でも、プロ・サクのような商用車の難しいところは、買う側も変化を望まないところがあるということです。顧客調査でお客様に釘を刺されたのは『カッコよくしても買わないよ』ということ。

 そのいっぽうで『何度入れ替えても同じものがきて新鮮味がないんだよね』という話もありました。その声に歩行者保護要件を擦り合わせて、変えておくべきところを集中的にごっそりやったわけです」

 まったく不満の声が聞かれなかったキャビンから荷室の空間はそのままなのに対して、前回りは完全刷新。12年ぶりのマイチェンとしては異質だが、それはあくまでユーザーの意向を最大限汲み取った結果というわけだ。

 「足回り的には前側がまったく新しいいっぽうで、後ろ側は荷室もそのままですから、キャリーオーバーで最適化を図りました。その相性がよかったんですね。しなやかさと粘り強さが巧く両立できていると思います」

 それは僕自身も、ここに来るまでの片道400㎞のドライブで実感したところだった。荷重的には程よいところだったこともあってか商用車にありがちなホッピングもなく、乗り心地も同級の乗用車とさして変わらない。どころか、剛性感は明らかに上回っていて、嫌な残響感も最小限にとどめられている。

 「そもそもプロ・サクのフロアは使用環境や積載量に合わせて強化されていますし、後ろ脚は横ブレの少ない車軸式でとにかくガッチリ作られています。マイチェン前のモデルもそのよさ自体は充分今でも通用するんですが、試乗してみると荒れた路面などで跳ねが収まりにくい傾向があった。これはとにかく改善したかったんです」

bs2p5694
プロボックスと下村主査。「変えないこと」と「変化」を両立しなければならないこのクルマをまとめるのはさぞかし至難の業だったはずだ

次ページは : プロ・サクの使われ方