佐藤琢磨が新型NSXを斬る!! 開発ドライバーを務めた元F1パイロットが語る真の評価

 現役インディカードライバー佐藤琢磨が、自ら開発に携わった新型NSXをインプレッション!! 

 琢磨のフィードバックで新型NSXのどこが変わったのか? 過去、実際にドライブした旧型NSXとどこが決定的に違うのか?

 自動車評論家とはひと味違うトップドライバーの評価を独占激白する。

 インタビュー:編集部/語り:佐藤琢磨
ベストカー2016年3月10日号


課題はリアのスタビリティ性能だった

 ──さっそくですが、琢磨選手は、これまでどのように新型NSXの開発を行ってきたんですか?

%e7%90%a2%e7%a3%a8%e4%b9%97%e3%82%8a%e8%be%bc%e3%81%bf
新型NSXをテストする佐藤琢磨(アメリカ・オハイオ州)。特にリア回りの剛性は、琢磨選手の意見をもとに開発が進むにつれ改良されたという

 佐藤琢磨選手(以下、琢磨) 市街地、ワインディング、高速道路、サーキットとあらゆるシチュエーションで評価テストを行いました。2014年の年末から、2015年秋口まで約10カ月にわたって開発を行ってきました。

 ──テストでは、どのようなフィードバックを行ったんでしょうか?

 琢磨 それはもうたくさんありますよ(笑)。意のままに操れるクルマを作るため、スロットルマップを変更し、踏み始めのトルクの出方を適正にしたり、さまざまなフィードバックを行いました。

 ──具体的に琢磨選手のアドバイスで、最もクルマが改善された部分は?

 琢磨 クルマの挙動やバランス面、特にリアのスタビリティ性能は課題でした。サスペンションを変えてもらった箇所もあり、最初は気になっていたリア回りの剛性感がグンと増し、バージョンが新しくなるごとにスタビリティは向上しましたね。

 ──琢磨選手は旧型NSXを走らせた経験もあります。率直に新旧NSXを乗り比べて、どの部分が“違う”のでしょうか?

 琢磨 コンセプトは新旧NSXともに“ピュアスポーツでありながら日常もこなす”という方向性ですが、新型は、そこにあらゆるシチュエーションに対応できる柔軟さがプラスされました。新型NSXはより“どんな状況でも速く走れる”クルマに仕上がっています。

 ──扱いやすさが新旧NSXの大きな違いなんですね?

 琢磨 そうですね。旧型NSXも当時、『スポーツカーは、特殊で扱いにくい』という常識を覆したクルマでした。でも新型NSXは、4つのドライブモードを用意することで、旧型以上に快適に、且つ激しいサーキットドライブにも応えるスポーツカーへと進化を遂げたと思います。

佐藤琢磨が開発でこだわった“4つのモード”

ike_353_01
「QUIET」は、積極的にEV走行を行う。「SPORT」は、最も標準的なモード。「SPORT PLUS」は、フロント2モーターが積極的にアシスト。ダンパーの減衰も高まる。「TRACK」はサーキット専用モードで、最大限にパワーを引き出すエネルギーマネジメントを行う

 ──今話題に出た4つのドライブモードは、新NSXの大きな特徴でもあります。

 琢磨 積極的にモーターを使って走る『Quiet』モードは、静寂に包まれたキャビンで異次元の快適性がありますよ。

 『Sports Plus』は常にドライバーの意に沿った加速ができるようにしたかったし、『Track』モードでは、本気で走りを楽しめるようなセッティングにしたかった。ここは、開発陣だけでなく、僕自身もこだわった部分ですね。

 ──では、実際に琢磨選手の新型NSXインプレッションということで、まずハンドリングの評価を教えて下さい。

 琢磨 旧型NSXは、とてつもない直進安定性を持ったハンドリングマシンでしたが、新型NSXも旧型以上の直進安定性を持っています。(新型は)空力性能が大きく向上しているので、高速時の安定感はとても高いですね。

 最近のクルマは、大きく、重くなり、昔に比べ格段にグリップ性能が向上したタイヤを履いています。ですから唐突な動きが出やすく、扱いが難しい場合があります。ですが、新型NSXは高度な制御も介入しますし、絶対的なスタビリティは飛躍的に上がっています。

 ──新型NSXは、旧型以上のハンドリングマシンだと。

 琢磨 フロントのモーターで左右のトルク差をコントロールするので、本当によく曲がります。それに細かい部分で言うと、旧型と新型NSXのキャスター角って一緒なんですよ。そういう意味ではNSXのDNAもしっかりと受け継がれていますしね。

 ──エンジンはどうですか?

 琢磨 時代の流れに合わせてV6ターボ+3モーターのハイブリッドエンジンになりましたが、とてもパワフルです。ターボ特有のラグをモーターのアシストで消し、リニアなレスポンスを実現しています。

 NSXらしいドライバーの意のままに反応するエンジンに仕上がったと思います。そして、ギアボックスがとても心地よい。加速側はさることながら、ダウンシフトがとてもスムースです。

琢磨がジャッジ!! VS旧型、新型NSXは何点?

%e7%90%a2%e7%a3%a8%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99
開発陣に細かな意見を伝える琢磨。LPLのテッド氏とも密にコミュニケーションをとり、新型NSXを作り上げていった

 ──開発責任者のテッド・クラウス氏とは、テスト中どのようなコミュニケーションを取りましたか?

 琢磨 テッドとはずいぶん一緒に時間を過ごしましたね。彼を横に乗せて、クルマのさまざまな動きを見ながら、『もっとここをこうしたいね!』といったこともやりました。

 試験走行では出なかった問題も、バンピーな路面でクルマの限界を引き出すと見えてくる部分があるんです。そこはテッドもとても喜んでいましたし、何度もテクニカルミーティングを重ねました。

 ──最後に旧型NSXを100点とした場合、ズバリ新型NSXは何点でしょうか?

 琢磨 うーん……旧型はスタンダードのNSXに加え、タイプSやタイプRもあり、それぞれ違う“味”を持っていました。新型NSXは4つの走行モードで、旧型にあったNSXの個性を1台で味わえる。

 そういう意味では200点……かな(笑)。とてもいいクルマに仕上がっていますよ。

新型NSX 主要諸元

  • 全長×全幅×全高:4470×1940×1215mm 
  • ホイールベース:2630mm 
  • 車重:1725kg 
  • エンジン:V6DOHCツインターボ、3493cc
  • 最高出力:507ps/6000-7500rpm 
  • 最大トルク:56.1kgm/2000-6000rpm 
  • システム出力/トルク:581ps/65.8kgm 
  • トランスミッション:9速DCT 
  • JC08モード燃費:12.4km/L
  • 価格:2370万円
nsx-us

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ