C-HRの実力検証 乗ってわかった〇と×

 2016年12月14日に発売されたトヨタの新型SUV、C-HR。

 独特のスタイルが注目されるが、走りの実力はどうなのか? また使い勝手は? 

 実際に乗ってみてわかった○と×など、最新モデルC-HRを多角的にレポートする。

 文:渡辺陽一郎/写真:池之平昌信
ベストカー2017年1月26日号


スタイル自慢、C-HRの気になるポイント

 まずは、簡単にC-HRのポイントをおさらしておこう。注目なのは、以下の5つだ。

  • ■トヨタの新しいクルマづくり「TNGA」採用の第2弾
  • ■個性的なスタイリング
  • ■パワートレーンは、1.2Lターボと1.8Lハイブリッドの2本立て
  • ■ハイブリッドの燃費は30.2km/L
  • ■トヨタセーフティセンスPを標準装備

 C-HRは比較的コンパクトなSUVで、プラットフォームはプリウスと共通だ。TNGAと呼ばれる考え方に基づいて開発された。

 エンジンは2種類が用意され、1.2Lのターボはオーリスと同じタイプになり、駆動方式は4WDと組み合わされる。プリウスと共通の1.8Lをベースにしたハイブリッドもあり、これは前輪駆動の2WDのみになる。

 ボディサイズは全長が4360mm、全幅は1795mm、ホイールベースは2640mmだから既存のSUVではヴェゼルに近い。

 ただし全高はハイブリッドの2WDが立体駐車場を使いやすい1550mmに抑えた(ターボの4WDは1565mm)。

 外観はフェンダーを大きめに張り出させて力強さを感じる。全高に対してホイールのサイズを拡大したことも、外観がカッコよく見える秘訣だ。

 グレードはターボがS-Tと上級のG-T。ハイブリッドはSと上級のGになる。装備はターボ、ハイブリッドともにほぼ同じで、上級のG-TとGには、18インチアルミホイールや本革を使った上質なシート生地が採用される。

存在感のあるスタイリングのC-HR。プリウスよりも全長で約20mm短く、全幅が35mm幅広いワイドフォルムになっている  

乗ってわかったC-HRの○と×

 まず、○な点。走行安定性と乗り心地が優れている。操舵感はSUVとして反応の仕方がちょうどよく、車両の向きが比較的正確に変わる。

 この後の姿勢変化も穏やかで、旋回中にアクセルペダルを戻す操作を強いられても、後輪の接地性が下がりにくい。

 ちなみにプリウスは機敏によく曲がる半面、走行状態によっては後輪の接地性が下がりやすい。C-HRは背の高いSUVなのにバランスがよく、開発者は「プリウスの発売から1年を経て、プラットフォームも熟成が進んだ」と言う。

 サスペンションは柔軟に動き、路面の状態が悪い場所でも粗い乗り心地になりにくい。上級グレードは18インチタイヤが装着され、適度な引き締まり感が伴っている。

 では、×な点はというと……。最も注意したいのは後方視界だ。後席側のサイドウインドウが小さく、斜め後ろが見えにくい。

 トヨタの視界に関する社内基準を辛うじてクリアした。後席に座った時も閉塞感が伴う。荷室は床が高く、リアゲートを寝かせたから背の高い荷物を積みにくい。

 ターボは運転感覚は素直だが、動力性能はノーマルエンジンでいえば1.8Lクラスだ。車両重量が1470kgに達するため、登坂路では力不足を感じやすい。

 17インチタイヤは、18インチに比べてカーブを曲がる時に歪み方が大きくなりやすい。

全4グレード、どれを選ぶのがいい?

 ハイブリッドの価格はターボよりも12万9600円高い。しかもターボには4WDが備わるため、この価格換算額(約20万円)も上乗せすると、実質価格差は約33万円だ。

 これにエコカー減税の違いを含めると、最終的な差額は約26万円になる。実用燃費で計算して、5万~6万㎞を走ればこの金額を燃料代の差額で取り戻せる。従って損得勘定ではハイブリッドが得だ。

 グレードは上級のGを推奨する。Sにはブラインドスポットモニターが付かず、バイビームLEDヘッドランプもGのみにオプション設定される。

 多くのユーザーにとってハロゲンでは不満だろう。ただし4WDを希望する場合には、ハイブリッドには2WDしか設定がないため、自動的にターボを選択することになる。

C-HRのデザインモチーフである「ダイヤモンド」は、外観だけではなく、ステアリングなどの内装にも採用  
デザイン優先のため後方視界がいまひとつで、後席も閉塞感を感じる  
ラゲッジは後席を前側に倒すことができ、長尺物の積載も可能。十分な広さを確保する  

C-HR 価格

  • 1.2Lターボ+CVT
  • S-T(4WD) 価格:251万6400円
  • G-T(4WD) 価格:277万5600円
  • 1.8L+モーター(THS II)
  • S(2WD) 価格:264万6000円
  • G(2WD) 価格:290万5200円

C-HR G(ハイブリッド) 主要諸元

  • 全長×全幅×全高:4360×1795×1550mm
  • ホイールベース:2640mm
  • 車両重量:1440kg
  • 駆動方式:FF
  • 乗車定員:5名
  • エンジン種類:1.8L 直4DOHC+モーター
  • エンジン出力:98ps/5200rpm
  • エンジン最大トルク:14.5kgm/3600rpm
  • モーター出力:72ps/16.6kgm
  • トランスミッション:電気式無段変速機
  • 燃費:30.2km/L[JC08モード燃費]
  • タイヤサイズ:225/50R18(前後)
  • 車両本体価格:290万5200円(税込み)

C-HR G-T(ターボ) 主要諸元

  • 全長×全幅×全高:4360×1795×1565mm
  • ホイールベース:2640mm
  • 車両重量:1470kg
  • 駆動方式:4WD
  • 乗車定員:5名
  • エンジン種類:1.2L 直4DOHCターボ
  • 最高出力:116ps/5200-5600rpm
  • 最大トルク:18.9kgm/1500-4000rpm
  • トランスミッション:CVT
  • 燃費:15.4km/L[JC08モード燃費]
  • タイヤサイズ:225/50R18(前後)
  • 車両本体価格:277万5600円(税込み)

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ