【ロードスターVSレクサス…】カテゴリー別純ガソリンエンジン車No.1決定戦!


 エコカー全盛期のニッポン。ハイブリッドにPHV、クリーンディーゼルやEVと、いまや新時代のユニットがよりどりみどり。

 そうした新技術を否定するつもりは毛頭ないけど、やっぱり原点に対する憧れみたいなものはある。

 ここでは純粋なガソリンエンジン車にクローズアップして、日本一の名ガソリンエンジンを決定したい。

 なお、「GT-Rのエンジン」は今回は「別格1位」ということで外させていただいた。まず第一弾は各カテゴリー別に「ナンバーワンエンジン」を算出したぞ!

文:鈴木直也、国沢光宏、渡辺陽一郎
ベストカー2017年3月10日号


まずは「スポーツ系NAエンジン」編

 一時期よりも明らかに数は減っているが、今もなお日本車には各種類のスポーツ系NAエンジンが存在する。

 ロードスターの1.5Lと2L、86/BRZの2Lといった4気筒もあれば、トヨタ、日産にはV6も健在。また、レクサスRC F、GS FのスーパーV8ユニットも存在感を発揮している。

 ここでは3名の自動車評論家に、そのなかでのトップ3ユニットを選出してもらい、その採点もお願いしている。

 その結果、ベストに選ばれたのは3者3様、それぞれ違うものだったのが興味深い。

ロードスターはほとんど唯一の例外

TEXT/鈴木直也

 かつて、NAエンジンの〝華といえば、ホンダVTECに代表されるカリカリの高回転/高出力型だったが、効率重視の波に押されてこのタイプが絶滅。

 今じゃお手頃価格のNAは燃費志向ばかりとなってしまった。そのなかでロードスターのP5-VP[RS]型はほとんど唯一の例外。パワースペックはたいしたことないが、キチンと手間をかけてチューニングされているのが魅力。

 正確なレスポンス、スムーズな吹き上がりなど、乗ってみると実に気持ちのいいエンジンに仕上がっている。レクサス「F」の5Lや日産のVQ37もいいエンジンだけど、コスパはコレが圧倒的にいいね。

【鈴木直也が選ぶスポーツ系NAエンジンTOP3】

  • 1位 マツダ P5-VP[RS]型(直4,1.5L ロードスター)
  • 2位 トヨタ 2UR-GSE型(V8,5L レクサスRC Fほか)
  • 3位 日産 VQ37VHR型(V6,3.7L フェアレディZほか)

次ページは : 世界レベルからすると見劣りする