レクサスLCは「しつけられた大型犬」だった!和製スポーツカーのお値段は1400万円!?


■「ハイブリッドはスポーツ走行に向かない」なんて昔話

 新開発された『マルチステージハイブリッド』のキモとなるのがTHSに組み合わされた4速AT。

 従来のトヨタハイブリッドは機械的な変速機構を持たず、モーターとエンジンの動力配分を変えることで走行条件に応じたトルクアウトプットを実現し、

 高い燃費性能を実現してきたが、スポーティな走りに対しては、どうしてもアクセル操作に対するトルクレスポンスの遅れが気になるなど、ネガティブもあった。

 LC500hのパワートレーンは、299ps/36.3㎏mを発揮する3.5L、V6エンジンに180ps/30.6kgmのモーターを組み合わせ、この出力軸に4速ATを組み合わせた。

 これにより発進時などより大トルクを必要とする場面では低いギア比で大きなトルクを伝えることが可能となり、いっぽう巡航時には従来のTHSではエンジン回転が高すぎてしまう場面もあったのだが、減速ギア比でエンジン回転を抑えてやることが可能となるというわけだ。

 面白いのは、さらに電気的に擬似的なギア段を作り10速AT的な動きをさせている点。1~3速を各3段に区切り9速、そして巡航用のトップギアが機械的な4速目にあり、これが擬似的な10段目となる。

 走らせると明確に〝ギアチェンジしている感〟があり、加速にリズム感が生じ一般的なトヨタハイブリッドとは異なる感覚を味わえる。

走行写真
スタイリッシュかつかっこいい!!

■「普段の足」としても使えるのか?

 本文中でも触れたように、レクサスLCはボディサイズの大きさを意識させることもなく、乗り心地も穏やかだし、パワートレーンだって上質でジェントル。踏めば凶暴ですが……。

 そんなわけで、その気になれば毎日の足として使うことにもストレスを感じることはない、と思います。

 リアシートがあるというのもメリットで、手元の荷物や買い物の荷物をヒョイと後席におけるのは2シーターと比べて大きな実用性メリット。

 この後席、撮影時にカメラマンが乗り込んで走ってたが、見た目の窮屈さほどではなく、30分以内だったら我慢できる、と。

 トランクは写真のようにハイブリッドは奥行きがちょっと犠牲になっているがゴルフバッグ1つは積める。

ラゲッジスペースはゴルフバック1つ詰めるという。
レクサスLC 主要諸元