大人気の新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアどこよりも早い値引き&攻略情報!!


■値引きをゲットするのに効果的な手法の違いはあるのか

 ヴォクシー/ノアは(上述のとおり)競合するケースが多いので、両モデル同士と日産セレナ、ホンダステップワゴンの強力ライバルとの対決を絡ませて値引き交渉をすると効果がある。

 特にステップワゴンは9月にマイナーチェンジを控えており、スパーダにハイブリッド仕様が追加されるので、ヴォクシー/ノアのハイブリッド仕様と競合させるには格好のライバルといえる。

 また、ヴォクシーを扱うネッツ店は同じ地域に別会社の店舗が複数あるので、同じ車種同士の競合も可能だ。

 せっかく300万円以上のお金を出す買い物なのだから、見積もりは複数のお店でとろう。

 いっぽうエスクァイアはトヨタ店とトヨペット店の併売だから、両店の競合も効果的。

これはエスクァイア。フロントマスクは一番派手。なぜ高級志向だと顔が派手になるのか。そういうものなのか。謎  

■実際の値引き額はどんなもの?

 マイナーチェンジ前の従来モデルだと、3車種とも在庫一掃セールで30万円以上値引きしていたが、新型になってからは15万円以下に引き締めている。

 ただナビ、リアカメラ、ETC、ドライブレコーダーなど最近人気のオプションを装備すると、これらの分の販売店のマージンもあるので、20万円以上の値引きをゲットできるケースもある。

 下取り車があれば、ポンコツでも5万円程度の値がつくケースもある。

 今回改めてディーラーを回ってみると、ヴォクシーはナビ付きで15万〜20万円、ノアはこれより2万〜3万円渋い。エスクァイアは5万円程度きついのが一般的。

 ただし交渉の仕方や下取り車の程度で変わってくるので、逆転する場合もあることを心に留めておく必要がある。

 「人気が高い」ということが浸透すると値引き額はどんどん渋くなるので、早めにディーラーへ行って粘り強い交渉 をしましょう。