【えぇっ! 全日本クラスでも賞金なしっ!?】F1、インディ、スーパーGT、あのレースの賞金額は○億円也

 華やかなモータスポーツの世界。佐藤琢磨選手の2億7000万円のインディ500の賞金はまさに「アメリカンドリーム」を感じましたが、世界のレースの賞金はおいくらか調べてみました。

 すると全日本格式の競技でも「賞金なし」があったり、現実はかなり厳しいものでした。モータースポーツが今後もっと盛り上がることを願いつつ、徹底調査をお送りします。

文:ベストカー編集部
ベストカー2017年7月26号より


インディ500は世界でも破格の賞金額だ

 佐藤琢磨は、第101回インディアナポリス500で優勝して約2億7000万円を贈られた。しかし、これは歴代最高額ではない。2009年に優勝したエリオ・カストロネベスには3.048ミリオンダラーというから、今のレートで3億3500万円強が支払われた。

 F1グランプリは賞金を公表していないが、仮に明らかにしていたとしても、インディ500以上ということはないはずだ。

 インディ500は世界でもっとも賞金の高いレースといっていいのだ。賞金の大半はインディアナポリス・モーター・スピードウェイ、そしてインディカーシリーズが提供する(親会社は一緒)。

 決勝日だけで30万人以上の有料入場者を集める世界最大のイベントは、チケット収入も莫大なのだ。

 その上、イベントスポンサーにはペングレイド・モーターオイルがここ2年ほどは迎えられており、ウィナーがミルクを飲む伝統があるためにアメリカ乳製品協会のインディアナ州支部がスポンサーを務めている。

 観客の喉を潤すコカ・コーラ、シリーズの計測に技術提供をしているTAGホイヤー、アメリカのファンがレース観戦しながらガブ飲みするビールはミラーがスピードウェイのオフィシャル・ビールで、地元の銀行なども世界で最も長い歴史を誇るインディ500の協賛に名を連ねている。

 この大スポンサーがついていることも、高額賞金が出せる理由だ。

 そのほか、ペースカーを提供するシボレーは特別仕様のコルベット・グランスポーツをウィナーに贈る。このクルマの値段=1000万円強も賞金の一部に含まれている。

(TEXT:天野雅彦)

F1は賞金額は非公開ながら……!?

 F1は、日本円にして年間最低でも70億~100億円を使うといわれている。    

 年間人件費だけで30億円を超えるチームも多く、1年間クルマ2台をまったく無開発で、無クラッシュでそのままシーズンを走らせるだけでも10億円という費用が必要だ。少しでも開発すればコストはうなぎ登り。

 戦闘力のあるチームなら年間200億円、トップチームならば300億円という天文学的な金額が語られる。しかし賞金となると話は違う。

 残念ながら、F1の賞金額が明らかにされたことはない。賞金はドライバーではなくチームに支払われ、この賞金額はチームのランクによって大きく違うのだ。

 不公平さを感じるが、F1への貢献度が大きく左右するチームランキングなので致し方ない。

 賞金はいわゆるF1分配金に組み込まれる。2017年、最も多額の分配金を支払われるのは、2016年コンストラクターズ3位のフェラーリで金額は約201億円、昨年の王者メルセデスは約191億円でフェラーリより少なく、昨季デビューし最下位を争ったハースに至っては約21億円とフェラーリの約10分の1止まりだ。

 遠い昔はドライバーへの賞金が存在したが、現在トップF1ドライバーの契約金は、レース数で割ってもインディの高額賞金よりも高額だから文句は言えない。

 しかし中位以下あるいはペイドライバーなら、賞金はないに等しく、契約にもしもその条項があれば、パーセンテージで払われる。

 1990年に、ネルソン・ピケは出来高契約をして獲得したポイント1点につき、何千万円という契約をチームとかわしていた。

(TEXT:津川哲夫)

非公表が多いF1の世界。賞金額も非公表ながら契約金などF1ドライバーの収入も世界最高峰だ

日本のモータスポーツはどうなっている!?

【スーパーGT】 賞金額非公表

 パドックの裏事情に詳しい人物によれば、スーパーGTでは1戦1戦の賞金がついていないそうで、GTAの会員(エントリーに約800万円かかる)になることで、ポイント(10位までに入賞、周回数、完走などによって加算)によってチームに分配金が支払われる、F1に近いシステムになっているということだ。

 過去に参戦していたドライバーによると、GT500もGT300も優勝した場合、25万~30万円くらいの賞金をドライバーが得られるとのことだ(ただし、チームとの契約によって、ペイドライバーの場合は、賞金が出てももらえないということもある)。

日本でもっとも人気のあるレースでもあるスーパーGT。
興行としては大成功しているだけに賞金も大きいはず

【スーパーフォーミュラ】 1位400万円/2位200万円/3位100万円

 国内では最高の賞金額だ。チームの契約によって、このうち何割貰えるかは違ってくるが、モチベーションのために、ドライバーに100%渡すというチームも存在するようだ。

国内最高峰フォーミュラだが、賞金額も同様にかなり高い。
日本のトップドライバーが参戦するだけにレースのレベルも超ハイレベル

【スーパー耐久】 1位15万円/2位10万円/3位5万円

 各レースで副賞が付くので、総額は変動するが、基本はこの賞金額となるそうだ。シリーズランキングの上位に入れば、1位100万円、2位50万円、3位30万円という賞金も出る。

日本随一の耐久レースだが賞金は少し安め。
アマチュアドライバーがメインのレースという成り立ちがあるだけに致し方ないところか

【全日本ラリー】 賞金なし

 新井敏弘選手によると、各戦での優勝、年間王座獲得でも、賞金は出ないとのこと。過去に公道で行う競技には、賞金を出してはいけないという規定があったためだそうだ。

全日本ラリーではなんと賞金なし。あの「チャンプ新井」も賞金をもらったことがないとは……

【F3】 賞金なし

 日本フォーミュラ3協会によると各レースでの賞金は出しておらず、年間チャンピオンを獲得すれば50万円が授与されるとのこと。各チーム、スポンサーなどからの支援のみで1年を戦うことになる。

F1へのキャリアの登竜門でもあるF3。スーパーフォーミュラとは異なってこちらは賞金なし。
スポンサーの存在が重要だ

【インタープロト】 1位80万円/2位40万円/3位20万円/4〜12位5万円(各賞金はレース2の場合)

 高額賞金が出されることで有名なインタープロト。ベストカーでお馴染みの黒澤琢弥氏のチームでは、モチベーションのために、賞金は100%ドライバーに渡しているそうだ。

プロとアマチュアが同一車両をシェアするインタープロト。プロの賞金は高額だが、アマチュアの賞金は1位5万円だ

【グローバルMX-5カップ】 1位50万円/2位25万円/3位10万円/4位7万円/5位5万円

 さまざまなスカラシップに積極的なマツダらしく、賞金額はかなり高額。日本での年間チャンピオンを獲得すれば、アメリカでの世界戦への切符も手に入るという魅力もある。

アメリカ行きの切符もかけられたMX-5グローバルカップ。熱戦が繰り広げられている

今後の日本のレース賞金はどうあるべきか!?

 モータースポーツの道具であるクルマは超高い。しかも、練習するために走らせるのにも一人ではできず、人件費もかかり、タイヤ代などの消耗品費もプラスされる。

 これらの経費をすべてチームが用意するとなると、スポンサーが必要になり、賞金もチームにとって重要な収入源になる。

 琢磨選手がインディ500で優勝し、2.7億円以上の賞金を獲得したことに驚いたようだが、すべて琢磨選手のモノになるわけではない。

 あらかじめ、チームと取り分を決めているものなのだ。ただ、50%と仮定してもすごい金額であるのは確かだ。

 では、日本はどうなのか? といえば、最高峰のスーパーGTで優勝したとしても300万円(チームに入る分)だ。

 日本では高いほうだが、ドライバーの手にはこの50%も渡らない。これでは夢がない。若い人たちが、夢見てドライバーを目指すだろうか?

 それと、放送体制を考え直すべき時代に来ているのではないだろうか? 民放1局が独占放送するから、他局などで報道されないのだ。

 TV地上波などよりもCSやインターネット系での放映を強化して、チームやドライバーの露出を増やしてプレゼンスを上げる。このような活動によって、レースの面白さや歴史などを広め、スポンサーがチームや大会などにも多く集まる。

 そうすれば、自然と日本での賞金も上がるのではないだろうか。日本のレースも、次世代ドライバーを生める仕組みと、将来性のある賞金体制にしてもらいたいと考えるのだ。

(TEXT:松田秀士)

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ