売れまくりヴォクシー/ノア/エスクァイア 評判&納期&値引き最新調査

 2017年7月にビッグマイチェンを実施したヴォクシー/ノア/エスクァイア。

 このトヨタの人気ミニバン3兄弟は早くも7月の車名別月販台数ランキング上位にそろって登場し(ヴォクシーは7873台で6位、ノアは5747台で15位、エスクァイアは4426台で20位)、絶好調の売れ行きを見せています。

 そんなヴォクシー/ノア/エスクァイアはどんな人たちにウケているのか? あのど派手になったフロントマスクはどう評価されているのか? 

 月に200店舗のディーラーを回る「販売の鬼」遠藤徹氏にレポートしてもらいました。

文:遠藤徹


■現在の納期は1カ月〜2カ月で値引きは……

 発売から1ヶ月、7月3日にマイナーチェンジしたヴォクシー/ノア/エスクァイアの評判はどうか?

 首都圏の各扱い店に取材し、コメントをもらった。まず全体の傾向を、車種別に見ていこう。

【ヴォクシー(ネッツ店扱い)】

ヴォクシー

 「ZS」を中心に、まずまずの出足となっている。8月3日現在の注文だと納期は9月下旬となり、約1カ月半待ち。今後はさらに延びる見込み。

 購買層は、今のところ歴代ヴォクシーの代替えが70%以上で、年齢層は30〜40代のヤング、ヤングファミリー層が多い。

【ノア(カローラ店扱い)】

ノア

 「G」を中心に売れてはいるが、まだまだ本調子とはいえないとのこと。8月4日現在の納期は1カ月ちょっとで、それほど待たされることはない。

 購買層は先代型以前のノアからが80%程度で、あとはエスティマ、シエンタなどの自銘柄。年齢層は40〜50代のファミリー層が中心。

【エスクワイア(トヨタ店およびトヨペット店扱い)】

エスクァイア

 「Gi」を中心に、まずまずの出足となっている。8月4日現在の納期は10月上旬で約2カ月。

 従来型からの代替えが70%以上で、下取り車はアルファード、マークII、マークX、プレミオなどと幅広いのが特徴。購買層の年齢は40〜60代で、ヴォクシー/ノアに比べると高額所得者が目立つ。

■従来型と比べて新型の売れ行きは順調か?

 スタートダッシュはまずまずだが、普段よりは多少良いかなといった印象。今後多少加速がつく可能性がある。3姉妹車のなかではやはりヴォクシーが筆頭で、次にノアが追い上げムードだが、まだヴォクシーとの距離は多少あるといった感じ。

 エスクァイアはヴォクシー/ノアに比べるとやや価格が高いうえに値引きも引き締めているので、販売台数は引き離されている。それでも扱い店のトヨタ店、トヨペット店はあまり値引きせず、きちんと売るスタンスを変えていない。

■フロントマスクが派手になったが、ユーザーの反応はどうか?

 ノアはこれまで、ヴォクシーの派手なマスクと対照的におとなし目の顔立ちだったが、今回のマイナーチェンジによってヴォクシーの派手なフロントマスクにぐっと近づいた印象。

 これによって若者ユーザーに対して多少受けが良くなり、そのぶん売れ行きが上向いている感じがある。

 いっぽうヴォクシーはエアログレードの「ZS」がより押し出しが強く、鋭い顔立ちになっていて、黒基調をウリにしてさらに人気が高まる傾向にある。

 エスクァイアはグリルのメッキを幅広く使用したデザインで、より個性を高めた顔立ちになっている。

 ヴォクシー/ノアのように3ナンバーサイズのエアロがなく、5ナンバーサイズモデルだけだが、クオリティの高いつくりを売りに高額者へのアピール度を高めている。

 全般的に今回の「派手になったマイチェン」は大成功といえる。

ヴォクシー

■格上であるアルファード/ヴェルファイアの売れ行きへの影響は?

 ヴォクシー/ノア/エスクァイアのフロントマスクが派手で押し出しが強くなったことで、アルファード/ヴェルファイアの売れ行きが落ちているのではないか、という懸念がある。

 結果からいうと、どちらにも多少の影響は出ている状況にある。ただアルファード/ヴェルファイアは今秋の1月にもビッグマイナーチェンジする予定であるから、これによって再び売れ行きが上昇する可能性がある。

ノア

■日産のセレナやホンダのステップワゴンはもう相手にならないのか?

 現状ではヴォクシー/ノア/エスクァイアの圧勝であり、大差がついて相手にならない状況にある。

 ただ今後の巻き返しで、デッドヒートになる可能性もある。ステップワゴンは9月21日発表、22日発売で「スパーダ」をビッグマイナーチェンジし、2Lハイブリッドを設定。

 いっぽうセレナも来年1月、ハイウェイスターに「e-POWER」を設定し、商品ラインアップを強化するからである。

■ヴォクシー/ノア/エスクァイアの値引きは?

 カーナビ、ETC装備、下取り車なしでヴォクシーは25万円、ノアは20万円、エスクァイアは15万円引きが一応の値引き限度。下取り車ありだとこれに5〜10万円の上乗せが可能という状況。

 待てるなら9月22日発売の新型ステップワゴン登場を待ってからのほうが値引きは拡大するだろう。

エスクァイア

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ