【スバリストが賢い買い方を伝授】毎年新型に切り替わる車の上手な買い方はこれだ!!

【スバリストが賢い買い方を伝授】毎年新型に切り替わる車の上手な買い方はこれだ!!

 「車の一番いい買い時っていつ?」という、古くて新しい疑問にお答えします。新型が出ればほしくなるものですが、ニューモデル車だって(パソコンと同じように)初期不良が出たり、すぐに(もっといい)改良モデルが出たりすることもあり……。

 特に人気のスバル車は毎年のように改良するので、ますます「いつ買えばいいのか」を迷う人も多いのではないでしょうか。そんな皆さまに、事情説明とスバリストによる「買い時アドバイス」をお届けします!

文:ベストカーWeb編集部、マリオ高野 写真:池之平昌信
ベストカー2017年9月10日号


■毎年変更しているスバルはどう考えているのか?

 車好きなら「年次改良」という言葉に複雑な感情が湧くものですよね。単純に車を愛する者としてはメーカーがラインアップを毎年進化させてくれるのは嬉しいけど、もしオーナーだったら、せっかく数百万円する車を思い切って買ったのにわずか1年で「先代型」になってしまうという哀しみと恐怖もあったります。

 そんな年次改良を最も頻繁に行うのが、ご存じスバル。

こちらは2017年7月に登場した「D型」レヴォーグ(写真左)と、前年に登場した「C型」(写真右)レヴォーグの比較試乗。ご覧のとおり外観に違いはないが、走りはかなり変わっています
こちらは2017年7月に登場した「D型」レヴォーグ(写真左)と、前年に登場した「C型」(写真右)レヴォーグの比較試乗。ご覧のとおり外観に違いはないが、走りはかなり変わっています

 例えばレヴォーグは現行型(初代)が2014年6月に登場しておりますが、頻繁に年次改良を実施しており、2017年9月現在すでに「D型」となっています。

 最初期型がA型で、一年後にB型、二年後にC型となって、つい先日D型へチェンジ。何を隠そう弊社の社用車もレヴォーグですが、これはA型のため、最新の試乗車に乗ると「おおう、こんなに良くなっているのか!」とビックリすることがあります。

 こうした頻繁な改良について、当のスバルは「お客様からの要望をなるべくすばやく、よりよいかたちで商品に反映するためです」と回答しています。

「(ユーザーやオーナーからの声に対して)すべてを反映しきれているわけではありませんが、よりよい商品をお客様に届けるべく、ユーザーからのフィードバック、技術動向(トレンド)、社内リソースを突き合わせたうえで年次改良として取り上げるアイテムを決めています。

 従来型ユーザーから(年次改良が)羨ましいという声もありますが、『それでも自分のクルマは気に入っている』『自分のクルマが改良され評判が上がるならいい』とポジティブに捉えていただく方も多いように思います」
とのこと。

 うーん……まあ歓迎するオーナーもいれば「気にしない」というオーナーもいるとは思うが、「気になる」という人だっているはず。

 では一般的に、スバル車はどのように買えばいいのか、「賢い買い方」はあるのか。スバル車ならお任せのライター、マリオ高野氏に聞いてみた。

次ページは : ■不安がらずに胸を張るべきです!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!