幻の新型マクラーレン620R 驚異の超絶性能 日本初公開もすでに完売!?


 英国のスーパースポーツメーカー「マクラーレン」の最新の限定車「620R」が、自動車イベント「オートモビルカウンシル2020」の会場にて、日本初公開された。

 マクラーレンの限定車は、カタログモデルと大きく異なる特徴を備えているが、620Rを一言で表現すると、公道走行可能なレーシングマシンとなるという。

 つまりナンバーを取得可能なロードカーではあるものの、サーキット走行を前提としたモデルでもあるのだ。そんな欲張りな620Rは、なんと完売済み。もはや入手困難と思われるサーキット生まれのスーパーカーについて紹介しよう。

文/写真:大音安弘

【画像ギャラリー】サーキット生まれストリート育ち!? 新型マクラーレン 620Rの凄性能を写真で見る!!


■マクラーレンの新型は公道走行可能なレーシングカー!?

オートモビルカウンシル2020の会場にて日本初披露された限定車マクラーレン620R。生産台数は350台。日本への導入台数は不明だが、すでに完売だということだ

 マクラーレン・オートモーティブ・アジアは、2020年7月31日、自動車イベント「オートモビルカウンシル2020」の会場にて、限定車「マクラーレン620R」を日本初披露した。

 このモデルは、英国のスーパーカーブランドであるマクラーレンの主力モデルである「スポーツシリーズ」に属する限定車で、生産台数は350台。日本での価格は、3750万円と高価ながら、すでに完売であることがアナウンスされている。

 日本への導入台数は不明だが、イベントでの展示車は、日本向けの1台であり、オーナーも決定しているものだという。

 そんな620Rは、プライベーターが中心となるGT4カテゴリーのレースマシン「マクラーレン 570S GT4」をベースとするもの。

 基本構造やパワーユニットなどのハードウェアを共有するが、最大の違いは、公道走行可能な仕様の変更に加え、GT4レギュレーションに縛られないため、更なる高性能化が図られていること。

 意外なことに、レーシングカーの570S GT4よりも高性能なのだ。もちろん、レーシングカーをベースに開発されているため、タイヤ変更するだけで、そのままサーキット走行での全開走行が可能という驚異のマシンである。

■アグレッシブだが安全なエクステリア

サーキット専用車から派生したモデルだけにかなりアグレッシブなスタイルだが、公道での安全性と事故の際の歩行者保護を考慮し、エアロパーツなどもエッジを丸めるなどの配慮が行われている

 ロードカーとはいえ、サーキット専用車「570S GT4」から派生した「620R」だけに、かなりアグレッシブなスタイリングを備える。ボディの装飾は、レーシングカー譲りのものだが、日常仕様と公道走行での安全性を重視したスタイリングの変更を受けている。

 その一例が、フロント部の安全性の強化で、事故の際の歩行者保護性能を考慮した設計に変更。また、カナードや大型の調整式リヤウィングなどのエアロパーツも、エッジを丸めるなどの配慮が行われている。

 無論、性能面での妥協は一切なく、ダウンフォースの増大やブレーキの冷却性能の強化などエアロダイナミクスの向上も図られている。

 ボディカラーは、マクラーレンオレンジ、シリカホワイト、オニキスブラックの3色に、それぞれにコーディネートされたアクセントストライプを加えられる。もちろん、カスタムカラーのオーダーも可能だ。

次ページは : ■強化されたエンジンは620馬力を発揮

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ