トヨタハイラックスが大迫力の新顔で魅力アップ!!

 トヨタハイラックスは2017年から日本で販売されている、日本で唯一販売されているピックアップトラックで、トヨタの予想を上回る販売をマークしている。

 日本で販売されているハイラックスはタイで生産されていて、そのタイや欧州ではすでにマイチェン版は発表ずみ。いっぽう日本では2020年7月中のマイナーチェンジが有力視されていた。

 新型コロナの影響もあり、大幅に遅れることも心配されていたが、2020年8月19日から新型の発売を開始した。

 若者にも人気のあるハイラックスがどのように進化したのかを見ていく。

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】非日常を満喫するならコイツに勝るものなし!! マイナーチェンジで大迫力の顔となったハイラックスの内外装をオールチェック!!


タフさとアクティブなイメージが強調された内外装

大型の大径グリル、薄型化されたヘッドランプにより迫力が増した。新色のオキサイドブロンズメタリックはオフロードで映える
こちらはマイチェン前のフロントマスクで、メッキ塗装された横桟グリルを採用するシャープなイメージだった

 激変した新型のフロントマスクでまず目につくのは、台形の大型グリルに変更されていることだろう。これによりハイラックスの魅力であるタフさ、力強さがさらに増している。

 この大型グリルを取り囲むフードモールは、上級グレードのZはメッキ塗装、ベースグレードのXはグレーメタリック塗装となり、両者で印象はかなり違う。

 フードモール以上にフロントマスクの違いを決定づける薄型化されたヘッドランプは、ZにはBi-Beam LEDが標準装備されるのに対し、Xではハロゲンとなる。

 バンパーガードガーニッシュは日本モデルの専用デザインとなっていて、スポーティ感とアクティブなイメージが強調されている。

ベースグレードのXは台形グリルを取り囲むフードモールがグレーメタリック塗装になる。ホイールはアルミではなくスチール
ピックアップとして存在感抜群のリアデザインは変更なし。上級グレードのZはアルミホイールが標準ほか、安全装備も充実
GRパーツを装着すると迫力が倍加。レッドのアンダーカバー(4万4000円)も絶妙なアクセント。GRパーツは単品で装着できるが、写真はセットで30万5800円

 ボディカラーは新色のオキサイドブロンズメタリック、ダークブルーマイカの2色を含む5色をラインナップ。

 いっぽうインテリアはデザインに変更はないが、メーターリングがメッキ化されるなど加飾類の変更により質感がアップしている。

 ベースグレードのXにもオプティトロンメーター+4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが設定されたのがトピックだ。

インテリアデザインは基本的に変更されていないが、メーターリングがメッキ化されたほか、加飾類の変更で質感がアップしている

ディーゼルの燃費向上と安全装備の充実

 ハイラックスに搭載されるエンジンは2.4L、直4DOHCディーゼルターボで、150ps/40.8kgmのスペック。新型ハイラックスではエンジンスペックには変更はないが、アイドリングストップが追加されたことで燃費が向上。

 このモデルからWLTCモード燃費対応となり、11.7km/Lをマークする。これは従来型に比べて15%以上の燃費アップとなるという。

サスペンションの改良、パワステ制御の緻密化、LSD追加(Z)により、走行性能のだけでなく乗り心地、操縦安定性など質感も向上

 車体側ではサスペンションの改良とパワーステアリングのオイル流量を制御するVFCの追加により、操縦安定性と乗り心地が向上しているという。

 またZにオートLSDが追加されたことで、コーナリング時や悪路走行時に常に最適なトラクションが得られるため、車両コントロール性もよくなっている。ハイラックスで悪路を走りたいという人にとっては朗報だ。

 今や必需品となっている安全装備では、Zにはクリアランスソナー&バックソナー(静止物の接近を表示とブザーで警告)が新たに標準装備された。

 しかし、Xにはプリクラッシュセーフティ(歩行者昼夜・自転車昼検知)やレーンディパーチャーアラート(ヨーアシスト機能付き)といった先進安全装備の設定はない。

 価格はXが347万1000円、Zが387万6000円となっている。これは従来モデルに比べて、Xは約9万円、Zは約5万円アップにとどめている。

【新型ハイラックス価格】
■X:347万1000円
■Z:387万6000円

全長5340×全幅1855×全高1800mm、ホイールベース3085mm、車重2100kg、2.4L、直4DOHCディーゼルターボ、150ps/40.8kgm、乗車定員5名

【画像ギャラリー】非日常を満喫するならコイツに勝るものなし!! マイナーチェンジで大迫力の顔となったハイラックスの内外装をオールチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ