新型ノートはAUTECHでよりスポーティに登場!これはなかなかカッコ良い!!

 2020年11月24日、日産のフルモデルチェンジしたコンパクトカー「ノート」の先行公開と同時に、オーテックジャパンは、新型ノートをベースにしたカスタムカー「AUTECH(オーテック)」を先行公開した。

 オーテックシリーズは、フラッグシップのエルグランドから、軽自動車のルークスまで、6車種に渡って展開されており、カスタマイズカーとしての立ち位置を築いてきた。

 本記事では、ベースモデルとはひと味違い、スポーティさが増した新型ノートオーテックについて、詳しく紹介したい。

文/吉川賢一、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ベース車公開と同時にカスタム車も先行公開! オーテックジャパンが手がける新型ノートカスタム「AUTECH」登場!!


■プレミアムスポーツ目指した新型ノートオーテック

ノーマルとは異なる専用グリルに加えて、メタル調フィニッシュが施されたフロントプロテクターやサイドシルフィニッシャー、バンパープロテクター、ドアミラーカバーなどを装備。専用16インチアルミホイールも足元を引き締めている

 オーテックジャパンは、神奈川県茅ケ崎市を本拠地とし、日産車をベースに、様々なカスタマイズカーを開発している。

 今回紹介するオーテックシリーズ以外にも、手すりやシートの昇降機構などを備えた福祉車両や、職人によって1台1台作りあげられるような商用特装車なども開発しており、「技術の職人集団」ともいえるようなメーカーだ。

 ここ数年、力を入れているオーテックシリーズは、「プレミアムスポーティ」をコンセプトに、内外装へ手を加えて作り込みを行い、クオリティの高いカスタムカーのシリーズだ。

 今回の新型ノートは、クオリティの高い内外装を得ているが、新型ノートオーテックでは、さらにクオリティ高い仕上がりとなっている。

■オーテックならではのデザインテイストが魅力

内外装へハイクオリティな作り込みを行うカスタムカーシリーズ「AUTECH」。今回の新型ノートAUTECHはノーマルでも高水準な内外装のクオリティをさらに高めている

 新型ノートオーテックのベースとなるのは、新型ノートの上位グレード「X」。

 テーマカラーとなるオーロラフレアブルー、通称「湘南ブルー」と、渋い煌きを放つメタル調フィニッシュパーツの組み合わせで、一目でオーテックシリーズだということが伝わる。フロントバンパーに入る、専用のブルーカラーのシグネチャーLEDも特徴的だ。

 ボディカラーはオーテック専用色3つを含めて全8色を設定。写真のクルマの色は、オーテック専用色となるオーロラフレアブルーとスーパーブラックのツートーンカラーだ。

 他にも、ピュアホワイトパーツとスーパーブラックのツートーン、ミッドナイトブラックが専用色だ。

 基準車とは異なる専用グリルに加えて、メタル調フィニッシュが施されたフロントプロテクターやサイドシルフィニッシャー、バンパープロテクター、ドアミラーカバーなど、トータル・コーディネートは完璧だ。専用16インチアルミホイールも足元を引き締めている。

 車高も低くなったように見えたが、サスペンション関係には、オーテックで手を入れる必要はなかったという。それだけ、基準車の走りの出来が良いそうだ。「走り」の速さを狙うのは、今後登場するであろう、「ノートNISMO」に譲ったようだ。

■プレミアム感が増したインテリアも上質

レザレット(人工皮革)の前後シートは手触りも良く、また、かけ心地も柔らかくて心地よい 波目のような模様が入ったことで、表皮が延びやすく、非常に柔らかいシートに座っているようだ

 今回の新型では、エクステリアよりもインテリアの方が、旧型との変化は大きい。フロントドアを開いて最初に目に入るのが豪華なフロントシートだ。

 レザレット(人工皮革)の前後シートは手触りも良く、また、かけ心地も柔らかくて心地よい。波目のような模様が入ったことで、表皮が延びやすく、非常に柔らかいシートに座っているように感じる。

 基準車と同じく、シート表面に、フーガやシーマといった高級車に使っているスラブウレタンを使っているそうだ。

 また、助手席側の正面にあるインストパネルの一部には、木目が浮いて見えるような塗装がされていた。担当者へ聞くと、高級材の紫檀(シタン)の柄と、ダークグレーをベースに、ブルーに光るパールをあしらったという。部分的な採用とはいえ、高級感を感じられるポイントだ。

 専用のステアリングホイールには、下側にブルーの本革が織り込まれており、新しい日産エンブレムとマッチして、良いアクセントとなっている。また随所にブルーのステッチ縫製が入れられており、見違えるほど、カッコよくなった。

 また、オーテックの高い技術力を生かした、助手席回転シートも忘れてはならない。簡単な操作で、助手席が外側に向けて回転をする機構が組み込まれている。

 このシートも、基準車と同じく、ゼログラビティシートを採用している。身体が不自由で乗り降りに苦労されている方、和服でスマートに乗り降りしたい方、多用なニーズに対応できるはずだ。

■ひと味違う新型ノートオーテックの役目とは?

助手席回転シート車のベースは量販グレード「X」 ボディカラーはベース車と同様に全12色が設定される

 新型ノートAUTECHは、プレミアム感をより感じられて、周囲とは少し違ったカッコ良いクルマを望む、「お洒落カスタム」を楽しみたいユーザーに適しているだろう。

 走行性能も期待できる新型ノート、そして新型ノートオーテック。今後の試乗が非常に楽しみだ。

【画像ギャラリー】ベース車公開と同時にカスタム車も先行公開! オーテックジャパンが手がける新型ノートカスタム「AUTECH」登場!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ