ボルボ XC60/V60 R-Design連続試乗!! 激アツ国内市場へ殴り込み!


 2020年8月、現在展開しているラインナップについて、パワートレーンを一新し、内燃機関のみを搭載した車両をなくして全モデルをプラグインハイブリッド車、48Vハイブリッド車とすることを発表したボルボ。

 つい先ごろ(2020年11月26日)、S60およびV60 Cross Countryに48Vハイブリッドを導入し、国内で展開している全モデルの電動化を完了した。

 早い。あまりにも早くてつい「走りについてはどうなの?」と訝しんでしまうほど。そのあたり、自動車評論家・レーシングドライバーの松田秀士氏はどう見るのか? XC60 B6 R-Design・V60 B5 R-Designの連続試乗でその素性を確かめた。

■ボルボのマイルドハイブリッド B5とB6の違い……ボルボは48Vのマイルドハイブリッドシステムを採用。B5、B6ともに2L 4気筒ターボエンジンなのだが、B6にはスーパーチャージャーが追加されている。B5は250ps/35.7kgm、B6は300ps/42.8kgmとよりパワフルだ。

■XC60/V60 R-Designのここがスゴい!
・専用スポーツシート、専用サスペンションでスポーティな走りを実現!
・48Vマイルドハイブリッド採用、燃費はWLTPで2.5~4%改善。
・エンジンも大幅に改良!

【画像ギャラリー】電動化の流れは待ったなし!!! 試乗の様子からXC60/V60の画像をギャラリーでみる

※本稿は2020年10月のものです。試乗日:10月7日
レポート/松田秀士、写真/ベストカー編集部、撮影/奥隅圭之
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■スーパーチャージャー搭載の「B6」は300ps/42.8kgmとパワフル!

 スカンジナビアンデザイン。北欧のテイストが日本にも定着してきた感のあるボルボ。街でもふつうにボルボを見かけるようになった。

 そのボルボのなかでもRデザインは一種独自のデザインテイストを持っている。

 まずイイねと感じたのがV60 Rデザイン。明らかに低い! 5スポークアルミホイールの存在感が眩しいのだ。やっぱりね、クルマは低くなくっちゃねぇ!

ボルボ V60 Rデザイン。全長×全幅×全高は4760×1850×1435mm、ホイールベースは2870mm。価格は624万円
ボルボ XC60 B6 AWD R-Design。全長×全幅×全高は4690×1915×1660mm、ホイールベースは2865mm。価格は799万円

 XC60 Rデザインで箱根を走る。まずB6となって48Vマイルドハイブリッド+電動スーパーチャージャー+ターボのエンジンがスゴイ。

 電動スーパーチャージャーはこれまでのルーツ式に代わる新しいスーチャー。

 これまでのベルト駆動ではなくモーター駆動にしたことで駆動ロスを軽減。つまり燃費がよくなる。

 これは48Vハイブリッドを採用したことで実現したのだ。音が静かで振動を感じない。CO2も減るそうだ。

V60 R-Designはボルボ車の中でもベストグレードに近いと評価した松田氏。終始上機嫌で試乗を味わっていた

 3000回転以下が作動領域で、モーター駆動圧縮だから極低回転域からも高いプレッシャーをかけられる。なので発進加速から気持ちよく飛び出すのだ。

 3000回転以上はターボの出番なので高回転まで淀みない。法定速度内でも面白いほどピックアップがいいし、Rデザインのより締まったサスペンションの安定感で、コーナリングも楽しい。

 コーナーではホントにロールが少なめ。なのに乗り心地もヨロシイ。

 サスペンションの初期の動きが微妙にスムーズなのと、専用のスポーツシートの出来がスバラシイです。

XC60 R-Designの内装。メタルパネルにスポーツステアリング、専用スポーツシートを装備する

 パツッと張っている座り味なんだけど、シート材の奥のほうで振動を吸収し、コーナリングの横Gではそのパツッが身体の複数のポイントを点ではなく面でしっかりホールドしてくれる。

 だから、一度シート合わせするとほとんど調整不必要で精度バツグンのシートなのだ。

■燃費とパワーを両立するB5。まるでフォーミュラカーに乗ってるよう!

 で、その同じシートを装備するV60Rデザインに座る。地を這うような低いのもイイですねやっぱり。フォーミュラカーに乗っているような感覚。

 こちらは48Vマイルドハイブリッド+ターボでB5です。スーチャーが付いていませんがXC60Rデザインより軽量なぶん低速域でも48Vのモーターパワーのアシストがちょっと手助け。

 ターボも低速域から効くのでまったく不満ない加速。

 低くしっかりしたサスペンションはやはりスポーティだ。サスはより固められたそうだが乗り心地は大丈夫。

マイルドHVになり、XC60とV60の両車にワイヤレスチャージャーが追加された。代わりにCDプレーヤーが廃止となった

 コーナーへのアプローチから深い舵角への切り足しでのイメージどおりのステアリングスピード。ラゲッジも大容量だ。

 マイルドハイブリッドとなりディーゼルが消えたボルボのエンジンには必ず電動モーターがセットとなる。

 しかも気筒休止を行い燃費も大きく向上している。そのなかにあってRデザインのスポーツテイストは噛めば噛むほど味が出るスルメテイストだ。

V60 B5 R-Design、XC60 B6 AWD R-Designは噛めば噛むほど味が出る「スルメテイスト」なクルマだった!

■ボルボ V60 B5 R-Design 諸元表
・全長×全幅×全高:4760×1850×1435mm
・ホイールベース:2870mm
・最小回転半径:5.7m
・車両重量:データなし
・エンジン:2L直4DOHC+ターボ+モーター
・最高出力:250ps/5400-5700rpm
・最大トルク:35.7kgm/1800-4800rpm
・モーター:13.6ps/4.1kgm
・トランスミッション:8速AT
・WLTCモード燃費:12.8km/L
・価格:624万円

ボルボ V60 B5 R-Design

■ボルボ XC60 B6 AWD R-Design諸元表
・全長×全幅×全高:4690×1915×1660mm
・ホイールベース:2865mm
・最小回転半径:5.7m
・車両重量:1940kg
・エンジン:2L直4DOHC+ターボ+スーパーチャージャー+モーター
・最高出力:300ps/5400rpm
・最大トルク:42.8kgm/2100-4800rpm
・モーター:13.6ps/4.1kgm
・トランスミッション:8速AT
・WLTCモード燃費:11.1km/L
・価格:799万円

ボルボ XC60 B6 AWD R-Design

【画像ギャラリー】電動化の流れは待ったなし!!! 試乗の様子からXC60/V60の画像をギャラリーでみる

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ