シエンタクロスオーバー QX55 11代目シビック… ワクワクするぜ! 海外で登場した注目ニューモデル 4選

 昨年末から、今のところ「日本投入」は明言されていないものの、こーれがまたとっても気になるニューモデルが相次いで発表されている!

 今回はその中からシエンタクロスオーバー、インフィニティQX55、ホンダ11代目シビック、ルノー4代目カングーをご紹介!!! これを見逃しちゃあいけませんぞ!

【画像ギャラリー】本文未掲載の画像も多数! 日本導入期待の4モデルをギャラリーで見る(27枚)

※本稿は2020年12月のものです
文/ベストカー編集部、写真/Toyota、Infinity、HONDA、Renault
初出:『ベストカー』 2021年1月10日号


■あのヒットミニバンに流行りの「SUV風」登場 シエンタクロスオーバー

 トヨタの台湾総代理店であるHeitaiMotorsは、2020年12月7日に、シエンタを改良。安全装備を充実させるとともに、「シエンタクロスオーバー」を追加ラインアップした。

トヨタ シエンタクロスオーバー(台湾)

 日本では現行シエンタの販売は(2015年9月からなので)5年が経過。

 ライバル車種もたくさんあるが、台湾では発売4年目で累計販売台数5万6000台を突破し、小型MPV部門のトップセールス車。それだけに商品開発にも力が入っている。

 シエンタクロスオーバーは専用デザインのフロントスポイラー、バンパーデザイン、ドアトリム、サイドスカートを導入。

 テールゲートやリアスポイラーに傷つきにくいトリムを装着し、これまた専用開発のスポーツサスペンションを装備している。

 これ、カッコいいのでぜひ日本でも発売してもらえまいか。

リア。ううむ、カッコよろしい

■スタイリッシュなクーペSUV 2L VCターボ搭載! インフィニティQX55

 続いてはインフィニティQX55。なんともスタイリッシュなクーペスタイルSUV。

インフィニティ QX55。折り紙から着想を得たというメッシュパターンを採用した、大きく存在感を感じさせるフロントグリルが印象的

 ネーミングからも連想できるように、ベースになっているのはQX50。

 先代はインフィニティEXとしてデビューしたモデルで、日本ではスカイラインクロスオーバーとして販売されていた。

リアコンビランプはピアノの鍵盤のような45個のLEDをハウジングに収めた構成。エンジンは可変圧縮比システムを採用する直4、2Lターボ(286ps/380Nm)を搭載。FFと4WDが設定される

 現行型QX50はFFプラットフォームに変更され、直4、2L可変圧縮比ターボ(VCターボ)エンジンが搭載されるのも注目ポイント。

 QX55はこの現行型QX50をベースに4ドアクーペボディを与えられたニューモデル。

 ボディサイズの発表はないが、全長4700mm、全幅1900mm程度だろう。エンジンはQX50同様、直4、2LのVCターボが搭載される。

インテリアは上質感を感じさせる仕上がりだ。メーターパネルはオーソドックスな丸型を採用しており、視認性に優れそう
シート表皮はセミアニリンレザーと本革のコンビ。ブラックトレッドのコントラストが鮮やか
シフトレバーはシンプルなデザインで、ステアにパドルシフトを備える

■セダン、ハッチバック、Si、タイプRも投入! ホンダ 11代目シビック

 こちらも注目したいのが、2020年11月17日に北米で発表された、11代目となる新型シビック。

11代目となる。新型シビック。現行型シビックと比較してAピラーの位置が後方に移動したことで、ロングノーズのプロポーションとなっているのが特徴的

 写真はセダンボディだが、北米向けとしてはハッチバック、Si(クーペ)、さらにタイプRも設定されるとのこと。

 基本的にはキープコンセプトなのだが、Aピラーを後退させたプロポーションはロングノーズを強調して伸びやかな印象。

  横長のリアコンビランプの採用で、後姿の印象はガラリと変わった。

新型シビック。今回公開されたのはセダンだが、ハッチバックやクーペ、さらにタイプRもラインナップされる
新型シビック。シンプルな造形のインパネ。メーターはフル液晶、モニターは9インチフルHD。サイドミラーはピラー付け根ではなくドアパネルに取り付けられる。これらにより、ドライバーの視界がピラーに邪魔されることなく広がることが期待できる

■ルノー 新型カングー

 日本でも人気の高いカングーのフルモデルチェンジが本国フランスで11月12日に公開された。

 4280×1830×1810mmのボディに2700mmのホイールベースは現行型と大きく変わらないが、直線的なエクステリアはちょっとイメチェン。

4代目となった新型カングー。先代に比べ直線的な要素が多くなったように見受けられる。EVもラインナップされている
こちらは現行型のカングー。写真は11月24日に発表された150台限定の「クルール」。価格は264万7000円

 でも、積載性などの使い勝手はよさそうで、カングーならではの魅力を踏襲する。

 パワーユニットは1.2Lガソリンターボ、1.5Lディーゼルターボに加えてEVも設定される。

新型カングーのインテリア。シンプルでスッキリとした印象

【画像ギャラリー】本文未掲載の画像も多数! 日本導入期待の4モデルをギャラリーで見る(27枚)

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ