フェラーリにも”M”が!性能向上を図ったフェラーリ ポルトフィーノMが日本上陸


完璧主義のポルトフィーノM

 無論、進化は走行性能のみに留まらない。エクステリアでは、フロントバンパーエンドを新デザインとし、改良型であることをビジュアル面でも主張。リヤエンドに備わるエキゾーストも新システムへと進化させ、コンパクト化させている。

 また機能面では、新オプションとして、ニーズの高まるADASやオープンエアを最大限楽しむサポートとなるベンチレーション&ヒーター機能を備えるシートなどの新オプションも加えられている。

 2シーターのミッドシップ・フェラーリと異なり、FRレイアウトを採用するポルトフィーノMは、後部のトランクルームに加え、可倒式リヤシートとの兼用による高い積載性を誇る。

 そして、気軽にオープンエアを楽しめる点も魅力的だ。まさにオールマイティなフェラーリなのである。

 そこにMの称号が加わったのだから、フェラーリらしい刺激の高まりにも期待ができる。まさに理想的なフェラーリといえるだろう。

2+2のレイアウトを持つポルトフィーノM。旅するGTとしても最適なフェラーリといえるだろう

【画像ギャラリー】優雅な2+オープンGTの進化版「フェラーリ ポルトフィーノM」