やっぱり超美しい!! フェラーリ 新型ローマ ついに実車日本初公開!!!

 2019年11月に、世界初披露されたフェラーリの最新モデル「ローマ」が、2020年4月1日、ついに日本でも正式発表された。

 イタリアの首都であり、美しき古代都市の名を与えれたフェラーリは、ミッドシップモデルではなく、FRのフェラーリだ。

 本企画では、6月4日、都内にて開催されたメディア向け展示・撮影会を取材。甘美な新型フェラーリの詳細をお届けしよう。

文/写真:大音安弘

【画像ギャラリー】流麗なデザインが魅力的なフェラーリ・ローマをみる


■古典デザイン手法を取り入れたデザイン

フェラーリ・ローマ

 フェラーリ・ローマは、2019年11月に発表された新型フェラーリの「ローマ」は、2ドアのFRクーペという、往年のフェラーリGTを彷彿させるレイアウトを持つモデルだ。

 シャープで流麗なクーペスタイルは、フェラーリの社内デザインによるもの。このところ、フェラーリの高性能ぶりを雄弁に物語るアグレッシブなスタイリングからすると、大人しく見えてしまうほど。

流麗なデザインが特徴。“La Nouva Dolce Vita(新しい甘い生活)”がテーマ。

 そんなローマのコンセプトは、イタリア語で“La Nouva Dolce Vita(新しい甘い生活)”であり、1950年代~60年代におけるローマの自由なライフスタイルを現代的に再解釈したものだそう。つまりパワフルやアグレッシブよりもエレガントを重視しているのだ。

 エクステリアは、クラシカルさを演出する正当派フェストバックスタイル。他のフェラーリのように、派手なアクセントとなるラインやエアベントなどの演出はなく、まるでボディの上を優しく風が吹き抜けるような流麗なスタイルを構築している。

控えめなデザインのヘッドライトを採用

 ヘッドライトユニットも、アイラインがシャープなフロントマスクを強調するように這わされるが、前後LEDライトユニットとも、流行りのライティングによる派手な演出はなく、控えめ。

 誤解を恐れずに言うならば、周囲にフェラーリをアピールしたい人には、物足りないだろう。そのくらいシックで大人なクルマなのだ。フェラーリの美学を理解できる人に乗って欲しいという想いをビンビンと感じる。

2個の小ぶりのスーツケースを積むことが可能

 因みに、ハッチバックにも見えるが、トランクは完全に独立しており、2個の小ぶりのスーツケースが収まる。またトランクには、秘密があり、上部に格納式リヤウィングが備わっている。

■ハイテクとエレガントが融合

 インテリアも、エレガントさを重視。2+2の4人乗りではあるが、フェラーリ自身が「2+クーペ」と表現するように、後部座席は、エマージェンシーシートと捉えるべき。

4人乗りではあるが、後部座席はエマージェンシーシートと捉えるべきだろう。

 実際、大柄な男性なら、一目で乗り込むことを諦めたくなるほど。フロントエリアは、左右を独立させることで、運転席のコクピット感を高めているが、2つのオーバル形状のダッシュボードは、クラシックスポーツカーのそれを彷彿させる。

 もちろん、インターフェイスは最新式フェラーリのもので、運転席には、多彩な表示機能を持つフル液晶ディスプレイメーターと操作系を集約したステアリングホイールが備わる。

ナビをフル液晶ディスプレイメーターでみることができる。

 ダッシュボード中央に目を移すと、今風の縦型タッチスクリーンのインフォテイメントシステムが目に留まる。これなら限られたスペースで、多くの情報を表示することが出来る。

 その下方のセンターコンソールには、3つのレバーで構成されるユニークなシフトスイッチが配置される。助手席でもフェラーリの世界観が楽しめるように、ドライビングインフォメーションは助手席専用モニターで共有される。

特徴的なデザインのシフトレバーを採用

 フロントシートは、セミバケットタイプだが、収まり心地が良く窮屈さを感じさせないもの。質感の高いレザーが使われ、快適性も高そうだ。

■フェラーリ主力ユニットを搭載

3.9LのV8DOHCターボエンジンを採用

 ロングノーズのボンネット下に、フロントミッドシップに収められるのは、現代フェラーリの主力ユニットである3.9LのV8DOHCターボエンジンだ。

 これに最新式の8速DCTを組み合わせた。最高主力620CV/5750~7500rpm、最大トルク760Nm/3000~5750rpmを発揮し、その実力は、0-100km/h加速が3.4秒。最高速度は320km/h以上を誇る。

 ハイパワーFRの走りを楽しめるように、最新技術が惜しみなく投入されており、コンポーネントの70%は完全な新設計だという。走りの進化には、軽量化と最新のサイドスリップコントロールの恩恵が大きい。

上品なデザインを取り入れつつも、最高速度は320km/h以上を誇る。

 その結果、上品なGTであるローマも、サーキットに持ち込み、その性能を余すことなく発揮できるのだ。

 日本での価格は2682万円と、現行フェラーリラインアップの中では、ぐっと抑えられているのもポイント。すでに日本でのオーダーも開始されている。

 個人的には、かつての気品あふれるフェラーリが蘇ったようで、嬉しく感じる。

 その想いは、フェラーリファンにもあるようで、ローマへの関心はかなり高いようだ。

 ローマへの反響が高まれば、今後のフェラーリデザインにも変化が生じる可能性もある。いうや、ひょっとするとローマは、未来に向けたフェラーリからの確信的なメッセージなのかも……。フェラーリは原点回帰を図るのか、その答えは未来にしかない。

【画像ギャラリー】流麗なデザインが魅力的なフェラーリ・ローマをみる

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ