ヤリスクロス「アドベンチャー」初公開!! 欧州仕様の隠し球 日本導入期待大!!?


 RAV4で話題の本格派仕様「アドベンチャー」をヤリスクロスに設定!

 3月29日に、欧州トヨタは2021年9月のヤリスクロス発売に先立ち、第二四半期初頭からの予約開始を発表。

 ヤリスのボディサイズを拡大するなどしたTNGA-Bプラットホームを使うコンパクトSUVであるヤリスクロスは、ほぼ市販状態で2020年3月のジュネーブモーターショーにてワールドプレミアされる予定だっただけに(実際のワールドプレミアは昨年4月)「欧州ではまだだったのか」という印象も強い。

 しかし、欧州仕様のヤリスクロスには「アドベンチャー」というグレードが設定される。本稿では日本仕様のRAV4にも設定される同グレードを含め、ヤリスクロスの欧州仕様を紹介していきたい。

文/永田恵一 写真/TOYOTA、池之平昌信

【画像ギャラリー】本文未掲載分含む14枚!! トヨタヤリスクロス アドベンチャー(欧州仕様)をみる


欧州仕様のヤリスクロス日本との違いは?

欧州にて9月から販売予定のヤリスクロス“Adventure”。日本と異なり、ガソリン車の設定がない/全長4180×全幅1765×全高1560mm(国内モデル)

 欧州仕様のヤリスクロスは、日本仕様のヤリスクロスが1.5Lガソリン車とハイブリッドであるのに対し、ハイブリッドのみ(日本仕様同様にFFとトレイルモード、スノーモードを持つ4WDも設定)となるパワートレインが日本仕様との大きな違いだ。

 もう1つ大きな違いは、エクステリアでは前後バンパー下部に付くプロテクター、ブラックを多用したインテリアに加え、標準グレードに対し若干最低地上高を上げているように見える「アドベンチャー」グレードが設定されることだ。

 日本で販売されるトヨタ車で「アドベンチャー」というグレードを思い出すのは現行RAV4である。

トヨタRAV4 Adventure(販売期間:2019年~/全長4610×全幅1865×全高1690mm)

 現行RAV4の2Lガソリン車に設定されるアドベンチャーは、雪道を含めた悪路走破性や旋回性能を高めるべくFF状態にもできる前後の可変駆動力配分機構に加え、後輪左右の駆動力制御(後輪左右を100:0、0:100ということも可能)をおこなうダイナミックトルクベクタリングAWDや、最低地上高を高める目的もあるのか19インチタイヤを採用したグレードだ。

 また、エクステリアではアドベンチャーのみが選べるツートンカラーを設定し、インテリアも各部に使われるオレンジのアクセントカラーや専用の合成皮革地シートにより、開放的な明るい雰囲気も持つ。

 さらに、アドベンチャーにはオフロードパッケージという18インチのオールテレーンタイヤ(アルミホイールもマットブラック塗装)や最低地上高を10mm上げたサスペンションなどが付く特別仕様車も設定され、土が似合うRAV4らしさをより際立てている。

 なお通常のアドベンチャーにも、最低地上高を10mm上げるリフトアップサスペンションキットが13万2000円で設定されている。

SUVらしさ高まる「アドベンチャー」の国内投入にも期待

ヤリスクロス アドベンチャーの最低地上高は、標準と比較すると10mmほど上がっている印象で、さらにSUV感を感じられる。アドベンチャー仕様を国内仕様にも導入してほしい

 ヤリスクロスのアドベンチャーは、標準のヤリスクロスの最低地上高がクロスオーバーとして考えれば充分な170mmであるのに対し、10mm程度上げられているように見え(だとすれば180mm)、このくらい最低地上高があるとSUVの雰囲気も強まり、なかなかのイメチェン効果も感じる。

 日本仕様のヤリスクロスは、ハイブリッドだと納期が秋という絶好調なだけに、当面変更や改良がおこなわれることはないと思われるが、ガソリン車・ハイブリッドともに4WDは高性能。

 それだけに、欧州仕様のヤリスクロスやRAV4に準じて最低地上高を上げたアドベンチャーや、リフトアップサスペンションキットのオプション設定などを期待したいところだ。

【画像ギャラリー】本文未掲載分含む14枚!! トヨタヤリスクロス アドベンチャー(欧州仕様)をみる

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ