新時代のスーパーカー上陸! マクラーレン初の量産PHEV「アルトゥーラ」に興味津々!!


 急速に進む電動化車時代の波が押し寄せているのは、スーパーカーの世界も同様。その未来を切り開く、新世代のマクラーレン「アルトゥーラ」が日本上陸を果たした。

 マクラーレンの主力モデルのひとつに加えられる新ハイブリッドスポーツは、新時代のスーパースポーツに鍛えるべく、全面的なリニューアルが加えられているのも大きなトピック。なんとシャシーやエンジンも完全新設計だという。

 英国が誇るスーパーカーメーカー、マクラーレンのこだわりが随所に光る新型車の特徴をお伝えしたい。

文:大音 安弘  写真:マクラーレン・オートモーティブ

【画像ギャラリー】初の量産電動化マクラーレン・アルトゥーラ


次世代を担うPHEVのマクラーレン

 マクラーレン・オートモーティブは、2021年4月13日、新型モデル「マクラーレン・アルトゥーラ」を日本初公開。同時に日本での価格が、2965万円となることが発表された。

 アルトゥーラは、2021年2月17日、オンラインにて世界初公開された新世代マクラーレンを担う量産モデルだ。

 厳しい環境規制に対応すべく、量産シリーズとして初となるプラグインハイブリッドシステムを搭載。これをマクラーレンでは、ハイパフォーマンス・ハイブリッド・スーパーカー(HPH)と呼ぶ。

マクラーレン新時代の到来を告げる「マクラーレン・アルトゥーラ」が日本上陸

 アルトゥーラは、次世代を担う存在として、基本構造を含め、全面的な刷新が図られているのも大きな特徴。カーボンシェルを中心とした構造を持つ点は他モデル同様だが、まったく新しいマクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)を初採用。

 全面的な軽量化にも徹底して注力することで、ハイブリッドシステム非搭載のモデルと同等レベルとなる1498㎏を実現。これは同時に、電動化されたスーパーカーのなかでも超軽量であることを意味する。

マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)の初採用など、基本構造より全面的に刷新されたアルトゥーラ

電動化に加え、パワートレーンも完全新設計

 スーパースポーツの力強い走りを生むパワートレーンも、なんと全面刷新。新開発となる3.0L V6ツインターボエンジンは、既存のV8エンジンと比べ、軽量コンパクトに仕立てられている。エンジン単体の性能は、最高出力585ps、最大トルク585Nmを発揮。

 これにアトゥール専用に開発した新8速DCTを組み合わせる。

 新トランスミッションには、電気モーターをコンパクトに内蔵。モーター単体での性能は、最高出力95ps、最大トルク225Nmと力強いため、EVモードの走行も実現した。

 これらのハイブリッドシステムを含めたトータル性能は、最高出力680ps、最大トルク720Nmにも達する。このため、0-100km/h加速が3秒。最高速度は、リミッター作動で330km/hと超一級だ。

プラグインハイブリッドのために、新開発されたV6ツインターボエンジン。マクラーレンのこだわりが生んだ新エンジンだ

 プラグインハイブリッドシステムは、7.4kWhのリチウムイオン電池を搭載し、EV航続距離30kmを実現。このシステムを活用したドライブモードは、「Eモード」「コンフォート」「スポーツ」「トラック」の4つの選択が可能だ。

 始動時のデフォルトとなる「Eモード」では、完全電気走行を行う。「コンフォート」は、ハイブリッドとなり、V6エンジンと電気モーターが連携し、モーターが最大限のアシストを行うことで燃費効率を向上。

 「スポーツ」は、モーターアシストによる低回転域でのトルクの上乗せを行い、V6エンジンのパフォーマンスを最大限発揮させる。サーキット走行を意識した「トラック」では、ハイブリッドモードであることは「スポーツ」同様だが、変速スピードを高めるという。

V6エンジンをアシストするハイブリッドシステムを新搭載。PHEVでEV走行も可能だ

次ページは : デジタル化も強まったアルトゥーラ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ