シトロエン初PHEV登場!! C5エアクロスSUVにプラグインハイブリッドモデル追加へ


 かつて魔法の絨毯と称された心地よさを誇ったシトロエン。その味わいを受け継ぐ個性派SUV「シトロエンC5エアクロス」に新たなパワートレーンが追加された。それがシトロエン初のプラグインハイブリッドだ。

 快適な乗り心地と電動化による静かな走りを手にしたをプラグインハイブリッド仕様のC5エアクロスSUVは、どんな特徴を持つのか? ほかのC5エアクロスSUVとの違いなども解説しよう。

文/大音安弘  写真/グループPSAジャパン

【画像ギャラリー】シトロエン初の電動化車C5エアクロスSUVプラグインハイブリッド


■電動化という武器を手にしたシトロエン

 グループPSAジャパンは、2021年6月24日、シトロエンのSUV「C5エアクロスSUV」にプラグインハイブリッド仕様(PHEV)を追加することを発表した。

 シトロエンC5エアクロスSUVは、シトロエン初の電動化車だ。シトロエンの持ち味である快適な乗り心地に、電動化による静かな走りを組み合わせた現代シトロエンの究極の形といえる。

 ビジュアル的な差別化は限定的。特徴的な違いは、フロントバンパーとエアバンプ(サイドモール)のアクセントカラーが、エンジン車では、レッドかシルバーになるのに対して、PHEVは、マットなブルーを採用(一部のボディカラーではシルバーとなる)。

 もうひとつ大きな違いは、リアフェンダー左側に充電口が追加されることだ。PHVのため、給油が必要なので右側には他モデル同様に給油口も設けられている。また駆動バッテリーが追加されたので、スペースの関係上、燃料タンクが9Lぶん小型化された43L仕様となっている。

左側には200Vの充電口が備わる。もちろん、右側はガソリン用の給油口だ

■PHVのための専用シャシーを採用

 シトロエンのプラグインハイブリッドシステムは、最高出力180ps/最大トルク300Nmの1.6L 4気筒ターボエンジンに、110ps(81kW)/320Nmの電気モーターを組み合わせたもの。

 システムトータル出力は、最高出力225ps/最大トルク360Nmというパワフルさを実現。最高出力では、ガソリン及びディーゼルのC5エアクロスSUVを上回り、最大トルクも400Nmを誇るディーゼルに迫る勢いだ。

 電気モーターは、トルクコンバーターの代わりとなる湿式多板クラッチとともに、8速ATに組み合わされており、前輪のみを駆動する。変速時にもモーターを介入させるなど専用のチューニングを施すことで、より滑らかな走りを実現しているという。

なんとPHV化で、リアサスペンションをマルチリンクに変更。より走りにも磨きが掛けられた

 駆動用バッテリーには、13.2kWhのリチウムイオン電池をリアシート下に配置することで、エンジン車同等のキャビンスペースを確保している。充電は、200Vの普通充電にのみ対応。3kW出力の充電器だと、約5時間。6kW出力の充電器だと、約2.5時間で満充電となる。

 シトロエンC5エアクロスSUVでは、後席下に搭載する駆動用バッテリーによるリア側重量増に対応すべく、リアサスペンションをトーションビーム式からマルチリンク式へと変更。

 そこにバッテリーの重量増の影響で前後重量配分が56:44となり、よりバランスが改善されたことで、ハンドリングと乗り心地の向上がみられるというから楽しみだ。

PHV化で、フロントヘビーだった前後重量バランスが改善

次ページは : ■電動化が生んだ3つのドライブモード

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ