プジョー3008はライバルに勝てるか?? フランス流SUV+PHEVが本気で攻めてきた!!

プジョー3008HYBRID4&ディーゼル初試乗! PHEV初挑戦とは思えぬ完成度に驚嘆!!!

 2021年1月、フランスの自動車メーカー プジョーのSUVモデル「3008」がモデルチェンジ。

 既存ラインナップ「アリュール」「GTライン」に加え、初のプラグインハイブリッド(PHEV)モデルである「GT HYBRID 4」が設定された。

 プジョー全体としても初となるPHEVモデル「GT HYBRID 4」と、従来から定評のあるクリーンディーゼルモデル「GT BlueHDi」の2台に自動車評論家 松田秀士氏が試乗!

 プジョー初のPHEV、その完成度に驚く!!!

※本稿は2021年4月のものです
文/松田秀士 写真/ベストカー編集部 撮影/平野学
初出:『ベストカー』 2021年5月26日号

【画像ギャラリー】想像以上の完成度!!! プジョー3008の試乗の様子をギャラリーでチェック!!!


■エクステリア&インテリアはほぼ同じ しかし驚くほどの進化が

 プジョー初となるPHEVの「3008 HYBRID 4」。200ps/300Nmの2L、直4ターボエンジンに、前110ps/後112psという2基のモーターを組み合わせたモーター4WDで武装しての登場だ。

 実はプジョー、トヨタに次いで世界で2番目にCO2排出量が少ない自動車メーカーなのだが、ここにきて一気に電動化でCAFEの基準をクリアする目論見か。

 走り出して感じるのはリアモーターのパワーだ。エネルギーモニターにも表示されるが発進時や加速時に頻繁にリアモーターが駆動する。

プジョー初のプラグインハイブリッドは、FFと4WDの切り替え、回生など物凄く緻密に制御。オン/オフ問わず走破性が高い。アウトドア志向にもピッタリ

 また減速時にもリアモーターが回生する。ちょっとしたFR四駆のイメージだ。

 13.2kWhのリチウムイオンバッテリーが空の時は湿式多板クラッチを採用した8速AT内(アイシン製)にある前モーターが発電し駆動も行う。またリアモーターも積極的に駆動も回生も行う。

 ドライブモードは4WD、HYBRID、SPORT、ELECTRIC(モーターのみでの走行)の4つが用意されている。各モードに驚くほど細かな前後駆動と回生制御を行っていた。

なだらかな傾斜のリアウィンドウ、高いウェストラインがスタイリッシュ

 アクセルを踏み込めばエンジン+前後モーター加速はリニアで強力!

 リアにサブフレームを擁したマルチリンクサスは乗り心地とコーナリングを両立しながら高い路面ホールド性を発揮している。

 前後荷重配分と駆動によりハンドリングは安定感バツグンだった。

先進性抜群のi-Cockpit+小径ステアリングはプジョーのアイデンティティ

 世界的電動化の流れを受けてのPHEV合戦勃発! すでに日欧合わせて競合車は5車種に及ぶ。

 競合となる筆頭はボルボXC40だろう。11‌kWhのバッテリーでFFの駆動方式で、エンジン180ps/モーター60psのスペック。

 価格も649万円で、コスパも実力も「HYBRID4」が上と言えるだろう。

新開発のシートはホールド性に優れ、快適なドライブをサポートしてくれる

 脅威となるのはトヨタRAV4 PHV。エンジンパワーと4WDで重要なリアモーターパワーはHYBRID4が上回る。ただし航続距離は18kWhバッテリーがモノを言い、価格も30万円ほど安いRAV4だ。

 そしてもう1台、圧倒的に低価格で急速充電も可能な三菱エクリプスクロスPHEVもライバルとなる。RAV4もHYBRID4も急速充電はない。

■トルクフルで気持ちいい2Lディーゼルは健在!

 定評あるプジョーのディーゼル。NEW3008に搭載されるのは2Lターボだ。

 HYBRID4に比べて240kg軽量なこともあり、177psに余裕の400NMのトルクでまったく引けを取らない。

 低速域からしっかりトルクのモリモリ感が高く、4500rpmを超えても先細り感がない。8速ATのFFゆえにリアサスはトーションビーム式だ。

2Lターボディーゼルは低速からもりもりトルクが出て上り坂でもストレスフリー

 しかしHYBRID4に比べてバネレートが柔らかく乗り心地はマイルド。旧3008に比べたら硬くなっているので、あのフワッとした独特の個性は影を潜めつつあるが、安定性は向上している。

 また室内静粛性も高くADASも全車標準というのは魅力的と言える。

 筆頭ライバルはマツダCX-30XDだろう。個性的なデザインやハンドリング。どれもそれぞれに個性があるので好みの問題かな。

選んだモードによって表示内容、カラーが変化して視認性に優れる

 エンジンパワー、トランスミッションでは3008の機動力が目立つ。ADAS性能では詳細セット可能な3008のレーンキープがうれしい。

 ただし両モデルの価格差は大きく、軽く100万円以上の差となる。コスパをどう捉えるかだろう。

 もう1台はVW T-Roc TDIライン。価格はまったくの互角。

 T-Rocはドアロックをスマホから遠隔操作できるなどコネクト機能に勝る。

 走りではパワー&トルクともに3008が力強い。いっぽう、WLTCモード燃費で比較すると、軽量なT-Rocが若干勝る。

8速のe-EAT8はPHEV専用のトランスミッション

●プジョー3008(GT HYBRID4)主要諸元
・全長×全幅×全高:4450×1840×1630mm
・ホイールベース:2675mm
・車重:1850kg
・最小回転半径:5.6m
・エンジン:1598cc、直4DOHC+モーター
・最高出力:200ps/6000rpm
・最大トルク:300Nm/3000rpm
・モーター最高出力(前/後):110ps/112ps
・モーター最大トルク(前/後):320Nm/166Nm
・WLTCモード燃費:……
・ハイブリッド消費率:15.3km/L
・価格:565万円

●ライバルモデルの「推し度」比較(HYBRID4)
・プジョー3008(HYBRID4)…推し度:90
・ボルボ XC40 リチャージ…推し度:75
・三菱 エクリプスクロスPHEV…推し度:85

●プジョー3008(GT BlueHDi)主要諸元
・全長×全幅×全高:4450×1840×1630mm
・ホイールベース:2675mm
・車重:1610kg
・最小回転半径:5.6m
・エンジン:1997cc、直4DOHCターボディーゼル
・最高出力:177ps/3750rpm
・最大トルク:400Nm/2000rpm
・モーター最高出力(前/後):……
・モーター最大トルク(前/後):……
・WLTCモード燃費:16.6km/L
・ハイブリッド消費率:……
・価格:473万6000円

●ライバルモデルの「推し度」比較(ブルーHDT)
・プジョー3008(ブルーHDT)…推し度:90
・VW T-Roc…推し度:80
・マツダ CX-30推し度:85

【画像ギャラリー】想像以上の完成度!!! プジョー3008の試乗の様子をギャラリーでチェック!!!