シビックRSの日本発売はあるのか? 歴代ホンダRSの栄光を振り返る

シビックRSがタイでデビュー! はたして日本で発売されるか?

 2021年8月6日、ホンダのタイ法人はセダンボディとなるタイ仕様の新型シビックを発表した。タイ仕様の新型シビックで注目したいのは日本仕様にはないRSグレードがある点である。

 RSといえば、日本では現在N-ONEにラインナップされているのみで、フィットやヴェゼルの現行モデルではラインナップ落ちした。そのRSがタイ仕様とはいえ、ラインナップされたのは嬉しいニュースだ。

 そこで、RSグレードを中心にタイ仕様の新型シビックを紹介し、記憶に残るホンダのRSを振り返っていく。

文/永田恵一
写真/ホンダ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】タイ仕様の新型シビック&ホンダ歴代のRSグレードをみる


■タイ仕様と日本仕様のシビックの違いは? RSの特徴を解説

タイ仕様のシビックRS。ボディサイズは全長4678×全幅1802×全高1415mm
日本仕様のシビックハッチバック。ボディサイズは全長4550×全幅1800×全高1415mm。搭載されるエンジンは182ps/22.4kgm(CVT)、24.5kgm(6速MT)

 まず、5ドアセダンボディでLXとEXの2グレードが設定される日本仕様の新型シビックを見ていくと、ボディサイズは全長4550×全幅1800×1415mm、ホイールベース2735mmで、両グレードともパワートレーンはCVTと6速MT(前者はノーマル、スポーツ、ECON、後者はノーマルとECONという走行モードを持つ)が組み合わされる1.5リッターガソリンターボ(ハイオク仕様で182ps&24.5kgm)、タイヤは18インチを履く。

 4ドアセダンボディとなるタイ仕様の新型シビックは、全長4678mm×全幅1802mm×1415mm、ホイールベース2733mm、パワートレーンはCVTが組み合わされる1.5リッターガソリンターボ(178ps&24.5kgm)のみで、タイヤは標準系が16インチ、RSは17インチを履く。

小ぶりのリアスポイラーが装着されている

 標準系とRSの違いは以下の通り。

●エクステリア
・前後に付くRSのエンブレム
・ブラックアウトされ引き締った印象となるホイール、ドアミラー、ドアハンドル、リアスポイラーなど
・左右二本出しという形状自体は標準系と同じながら、マフラーカッターが加わるマフラー出口
・タイ仕様の新型シビックではRS専用となるレッドのボディカラー
●インテリア
・10.2インチの液晶メーター
・レッドのステッチが加わるスエード&合皮地のコンビシート
●機能面、装備
・パドルシフト
・RSのみとなるスポーツモード(標準系はノーマルとECON)
・アルミペダル
・ワイヤレス充電

 といった程度で、タイ仕様の新型シビックにはRSがあるといっても、日本仕様との違いはボディタイプとタイヤサイズくらいしか大きなものはないというのが率直な印象だ。

 なお、タイ仕様の新型シビックの価格は標準のEL/96万4900バーツ(約317万5000円)、上級のEL+/100万9900バーツ(約332万3000円)、RS/119万9900バーツ(約394万8000円)となっている。

 いまのところ、このRSが日本でも発売されるかは未定。すでに2022年に登場することが明らかになっているタイプRやe:HEVがあるが、ぜひシビックにも歴史と伝統のあるRSも登場してほしい。

タイ仕様シビックRSのコクピット
羊の皮を被った狼なイメージ。足元は215/50R17タイヤ、7×17サイズの専用アルミホイールが装着されている

■懐かしい! 記憶に残るRSのモデルたち


■初代シビック1200RS 1974年10月

1974年10月に発売された初代シビック1200RS。ボディサイズは全長3650×全幅1505×全高1320mm
76ps/10.3kgmの1.2リッター直4を搭載。最高速度は160km/hを誇った

 1972年7月に登場した初代シビックは可愛らしいスタイルをはじめとした全体的に日本車離れした雰囲気や、世界で初めて非常に厳しい排ガス規制であるアメリカのマスキー法をクリアしたCVCCエンジンの搭載などの先進性により、老若男女誰もが欲しがるクラスレスなモデルとして、当時大ピンチに陥っていたホンダの四輪部門復活に大きく貢献した。

 1974年10月に追加されたスポーツモデルの1200RSは5速MTに76馬力にパワーアップされたエンジンを組み合わせ、強化サスペンションなども持ち、「ロードセーリング(軽快に走るといった意味)」の略であるRSの名に相応しい、運転して楽しいクルマに仕上がっていた。なお、初代シビックRSはのちに排気量を1.2リッターから1.5リッターに拡大したRSLに移行した。

 ちなみに初代シビックRSのRSの意味がロードセーリングだったのは、「当時はオイルショックや排ガス規制によりスポーツモデルに対する風当たりが強く、ライトなスポーツモデルとすることで運輸省(当時)を刺激しないためだった」という説があるのも、有名な話である。

次ページは : ■6、7代目シビックフェリオに設定された4ドアのRS

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ