【新型アウトバック インプレッサ STI20B】 スバル怒涛の新車情報!!

 2019年5月10日、スバルは連結決算での純利益の32%減益を発表した。大規模なリコールや群馬製作所の操業停止などが響いた形だ。

 3期連続の減収、そして7期ぶりの減収となるも、「日本市場は下げ止まり、北米市場も好調を維持」と前を向く(中村社長・10日午後の会見より要約)。

 ここまでの長いトンネルを抜け出ることは、果たしてできたのか。寄せられた数々の新車情報をもとに、今後の展開を読み解く。

※本稿は2019年3月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月26日号


■日本導入確実! スバルの新型SUVは流麗かつ大胆!

●スバル NEW SUV(2021年登場)

 現在、日本におけるスバルSUVラインナップは、フォレスター、XV、レガシィアウトバックの3モデル。だが、近年中に第4のSUVモデルが追加されることになる。

 そのベースモデルとなるのが、先のジュネーブショーで発表された「ヴィジブ アドレナリン コンセプト」だ。

 ボディサイズ的に次期XVのデザインスタディではないかとも言われるが、スバルは昨年7月に発表した新中期経営ビジョン「STEP」にて、2025年までにSUVモデルのバリエーション拡充を公表しており、そしてそのクーペライクなデザインからも、XVとは異なる、まったくの新型と考えるほうが自然だ。

 特徴はなんといっても、ご覧のとおりの大胆なデザイン。ブラックの樹脂製フェンダーが醸すタフでラギッドなイメージと、クーペSUVが本来持つ流麗なイメージが見事に融合している。

ジュネーブショーに出展されたコンセプトモデル。ボディサイズは全長4490×全幅1900×全高1620mm。特にリアアングルがカッコいい

 その大胆ボディに搭載されるパワーユニットについての情報は、ジュネーブでも明かされなかったが、これはXVにも搭載される2Lハイブリッドの「e-BOXER」と、「2L NA」が有力視される。

 が、せっかくアグレッシブなデザインを与えられたのだから、ぜひ「2Lターボ」を積むモデルも設定してほしいところだ。

 市販型デビューは2021年が予想されている。

■スバルのスポーツ戦略をこのクルマから読み解く

●スバル インプレッサSTI スポーツ(2019年11月登場)

 2019年1月に開催された東京オートサロンに出展された『インプレッサSTIコンセプト』の完成度は高く、市販を望む声が多く寄せられたのも当然だろう。

写真は東京オートサロンに出展されたコンセプトモデルだが、ほぼこのままのスタイルで市販バージョンが登場することになろう

 11月に登場が計画される『インプレッサSTIスポーツ』はほぼこのコンセプトモデルがベースとなる。

 エンジンをはじめとしたパワートレーンは基本的に手を入れられることはなく、ビルシュタイン製サスペンションやパフォーマンスダンパーなどによるSTIのテクノロジーを活かしたシャシーチューニングが主。

 SGPを採用するインプレッサだから、より高次元の操安性能が生み出される。内外装もコンセプトモデルのデザインを踏襲することになろう。

■スバルワークスの威信をかけた究極のコンプリートカーが示すものとは

●スバル STI20B(2019年8月登場)

 昨年、設立から30周年を迎えたSTI。

 今さら説明するまでもないが、正式名称は「スバル・テクニカ・インターナショナル」といい、WRCをはじめとするスバルのモータースポーツ活動の拠点として、さらにはモータースポーツで培った技術を活かしたチューニングパーツ、コンプリートカー開発を行う会社。

 スバル直系……というよりも、まさに「スバルワークス」そのものだ。

 現在では「S208」に代表される「S」モデルコンプリートカーの開発プロデュースでその開発能力の高さを示しているが、その祖となったのが1998年、スバルWRC3年連続マニュファクチャラーズチャンピオン獲得を記念して開発、400台が限定発売された『インプレッサ22B STiバージョン』である。

 このモデルは2Lの水平対向4気筒EJ20型を2.2Lに排気量アップし、またクーペボディの前後フェンダーを大きく張り出させた当時のWRカーをイメージしたフォルムが特別感を放っていた。

水平対向4気筒のEJ20型は、1989年に登場した初代レガシィとともにデビューしたエンジンで、今年で登場から30年。現在のスバルエンジンは同じ水平対向4気筒ながら新設計されたFA系、FB系が主流で、EJ20はWRX STIのみに搭載。ラリー車をはじめモータースポーツでの実戦投入も多く、耐久性やチューニングの幅も広く、チューニングベースとしてのポテンシャルは大きい

 スバルはSTI30周年を記念して、これを上回るスペシャルコンプリートカーを開発しており、それが8月にデビューが予定される『STI20B』なのだ。

 Sシリーズ開発で積み上げてきたボディチューニングの集大成ともいえる「剛性としなり」をハンドメイドで芸術の域までチューニング。

 慣熟の域に達したEJ20ターボは完璧なまでの重量合わせとダイナミックバランス取りでレースエンジンのごとくスムーズに回るという。350ps程度の最高出力もさることながら、このフィーリングこそがSTIの仕事の妙味だ。

 前後のブリスターフェンダーとカーボンルーフなどでルックスもSシリーズとはひと味もふた味も違う。価格は700万円程度になるというが、それだけの価値はある!

■高い実力を控えめな外見に秘める大人のSUVワゴン

●スバル NEWレガシィアウトバック(2020年初頭登場)

セダンのB4と同時に日本に登場する

 ボルボのクロスカントリー系やアウディのオールロードクワトロなど、輸入車メーカーには多くのワゴン型SUVが見られるが、その元祖といえるのが、2代目時代の1995年に設定されたレガシィグランドワゴンだ。

 そのグランドワゴンから数えて6代目となる新型が、2019年4月のニューヨークショーで世界初公開された。

 ボディサイズは現行同等で、最低地上高もヘタなSUVが裸足で逃げ出す200mmをキープ。改良された2.5L NAに加え、B4も積む2.5Lマイルドハイブリッドも用意されるだろう。

 SUVの性能と車格感、そして通常のSUV以上の大人っぽさを持ったクルマを探している人には最適だ。

■人気と実力を兼ね備えた4代目の栄光を再び!

●スバル NEWレガシィB4(2019年10月登場)

 2月に開催されたシカゴショーで公開された7代目レガシィ。

 基本的にキープコンセプトのモデルチェンジだが、現行よりわずかに寝かされたフロントグリルが、よりスポーティな印象を強めてくれる。

 搭載エンジンは新開発の水平対向4気筒2.5Lと同エンジンをベースとしたマイルドハイブリッド。質の高い走りを予感させる。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ