話題のカローラクロスをライバルと徹底比較!! CセグSUVガチンコ対決!!

話題のカローラクロスをライバルと徹底比較!! CセグSUVガチンコ対決!!

 2021年9月にトヨタから登場したカローラクロス。コンパクトよりゆとりがあり、ミッドサイズよりちょっと小さいという、いいとこ取りのジャストサイズSUVだ。

 ヤリスクロスと比較して各部にゆとりがあり、ゆったり乗れるカローラクロスをライバルと比較しながらチェック!!

※本稿は2021年10月のものです。
文/鈴木直也、渡辺陽一郎 写真/ベストカー編集部 ほか 撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2021年11月10日号

【画像ギャラリー】ますます悩むな!!! 人気のトヨタ カローラクロスとライバルたちをギャラリーでチェック!!!(21枚)画像ギャラリー

■【鈴木直也氏の評価】売れ筋ど真ん中をしっかり作ってきた上質CセグSUV

2021年9月に登場したトヨタ カローラクロス

 新しいカローラクロス、みなさん「売れそうだねぇ」と言うけどぼくも同感。試乗してもその感が強い。

 日本で使うにはちょっとボディサイズが大きめだけど、それはSUVということで許されるという計算。

 上と横にボディが広がった結果、インテリアスペースや使い勝手は弟分のヤリスクロスはもちろん、GA-Cプラットフォームを共用する姉妹車C-HRよりずっと上質&ひろびろ。

 ポストミニバン時代のファミリーカーとして、これぞメインストリームという安心感がある。

 コスパも抜群。最廉価版の199万円から、最上級モデルのハイブリッドZでもFFなら299万円。

 ヴェゼルやキックスなどのライバルはもちろん、ヤリスクロスと比べてもお買い得感が強い。

 カローラクロスはタイで発表されたことでもわかるとおり、新興国市場をかなり意識している。

 そのため、コスト抑制にはかなり気を遣ったようで、それがお買い得価格に貢献していると思われる。

 ただし、クルマとしての基本性能に関してコストダウンのネガティブな部分はほとんど感じられず、むしろ『優等生』と言っていい仕上がりだ。

ホンダ ヴェゼル。カローラクロスのライバルとなる一台だ

 今回試乗したのはともにハイブリッドモデルで、ZのFFとSのE-Fourだったが、いつもどおり優秀な燃費性能に加えて、静粛性の高さと乗り心地の質感に感心した。

 カローラクロスではFFモデルのリアサスにGA-C初のトーションビームを採用しているが、その目的の半分はラゲッジスペース拡大、半分はコストダウンというイメージ。決して贅沢三昧に造ったクルマではない。

 しかしながら、丁寧に仕立てられた遮音材でロードノイズは効果的に遮断されているし、目地越えショックをしなやかにいなすサスペンションの動きもなかなか。

 いわゆる「走りの質感」が上手に演出されているので安っぽくない。

 細かいことを言うと、リアがウィッシュボーンサスのS E-Fourのほうが、乗り心地のしなやかさがいち枚上手で「こりゃグローバル基準でもトップレベルだね」と感じたが、80kg重い車重と当たりのソフトな17インチタイヤがいいほうに作用した感じ。

 ちょっと難しいかもしれないけど、廉価版のFFモデルでこのテイストが表現できたら絶賛ですよ。

■【渡辺陽一郎氏の評価】イチオシ「S」グレードが当面買えないのは残念

後席や荷室が広いカローラクロスのメリットは実用性だ

 カローラクロスのメリットは実用性だ。後席の足元はヴェゼルより狭いが、後席に座る乗員の足が前席の下に収まり、大人4名が快適に乗車できる。荷室の奥行はヴェゼルを上まわる。

 ノーマルエンジンは通常の走りでは静かだが、素早くアクセルペダルを踏み増したり登り坂で高回転まで回すと、ノイズも高まりやすい。

 WLTCモード燃費は14.4km/Lに留まり、アイドリングストップはオプションでも装着できない。

 このニーズは使い方次第で異なるが、信号待ちのアイドリングに後ろめたさを感じるユーザーも多い。オプションでは用意すべきだ。

 ハイブリッドとノーマルエンジンの価格差は35万円だが、税額の違いで実質差額は27万円に縮まる(2WD・Zの場合)。

 レギュラーガソリン価格が150円/Lで計算すると、約6万kmを走ると燃料代の差額で実質価格を取り戻せる。

 ハイブリッドはノイズも小さく加速は滑らかだから、ノーマルエンジンよりも買い得だ。

足回りや駆動方式の選択次第で乗り心地も向上する

 駆動方式は用途に応じて選ぶが、2WDのリアサスペンションは車軸式のトーションビーム、ハイブリッドだけに設定される4WD(E-Four)は独立式のダブルウイッシュボーンになる。そのため4WDの乗り心地は2WDよりも快適。

 カーブを曲がる時の挙動も4WDは滑らかで、後輪の接地性も2WDに比べて少し高い。しかも2WDと4WDの価格差は、足まわりの違いを含めて20万9000円だから4WDが割安だ。

 タイヤの違いもある。Zの18インチは、見栄えがカッコよくて操舵感は少し機敏だが、街中を時速40km以下で走ると乗り心地が少し硬い。粗さや突き上げ感は抑えられ、コンパクトSUVでは快適だが、路上の細かなデコボコを伝える。

 その点でSやGの17インチは柔軟だ。操舵した時の反応は、Zの18インチに比べて少し鈍いが、高重心のSUVには合っている。そのためSは狙い目だが、生産の開始時期がZやGよりも遅く、半年間は定額制でクルマを使うKINTO専用のグレードになる。

 そのためにSは納期が遅く、2021年10月に契約しても、納車されるのは2022年4月頃だ。それでもいろいろなグレードに試乗して選びたい。

【画像ギャラリー】ますます悩むな!!! 人気のトヨタ カローラクロスとライバルたちをギャラリーでチェック!!!(21枚)画像ギャラリー