受注好調のカローラクロスと猛追する新型ヴェゼル!! 両車の販売現場で聞いた人気の秘密!?

トヨタ カローラ クロス vs ホンダ ヴェゼル 両車の販売現場で聞いた人気の秘密

 トヨタは人気のSUV市場向けに多くの車種をそろえているが、2021年9月にカローラクロスを追加し、ラインアップのさらなる強化を行った。一方ホンダも2021年4月にヴェゼルのフルモデルチェンジを行っている。

 このライバル同士はともに販売好調だが、購入後の納期がともに長くなっている。そこで両車の販売現場にて人気のポイントについて取材した。

文/小林敦志、写真/ベストカー編集部、TOYOTA、NISSAN

【画像ギャラリー】ともに販売好調!! トヨタ カローラ クロス&ホンダ ヴェゼルを見る

■トヨタ カローラクロスが日本にも登場!! でも顔が違う!?

2021年9月、日本で正式発表されたトヨタ カローラクロス。その顔つきはアジアや南米、北米でデビューしたモデルとは異なるものだった

 昨年7月にタイでワールドデビューを果たして以来、たびたびメディアで「日本でも販売されるぞ」との報道が続いていたトヨタ カローラクロスが9月14日、ついに日本国内で正式発売された。

 しかし、正式発売のタイミングで日本仕様を見て驚いたひとも多いはず。タイでワールドデビューをはたし、その後ASEAN各国やブラジル、そしてアメリカなどでデビューしてきたモデルとは顔つきがまったく異なるのである。

 「縮小傾向の進む日本の新車販売市場だけに向けたものではない」と考えるクルマ通も多いはず。そして、日本仕様の顔つきは中国におけるトヨタの合弁パートナーでもある広州汽車が好むものでもあるので、その線でいろいろ情報取集することにした。

 中国市場でもカローラクロスはトヨタの現地合弁会社のひとつである一汽豊田(中国一汽/FAWトヨタ)で製造され、来年発売予定となっているようだ。

 一方で、もうひとつの中国での合弁会社である、広汽豊田(GAC[広州]トヨタ)では、カローラクロスの兄弟車となる、“フロントランダー(鋒蘭達)”が中国国内では11月に開催される広州モーターショー会場もしくは、その開催のタイミングに合わせてデビュー予定となっている。

 そして、このフロントランダーこそが、日本仕様のカローラクロスの顔つきをしているのである。

 日本仕様以外の顔つき、つまりグローバルフェイスについては、一部海外メディアでは某愛玩犬に似ているとしながら、「可愛い」と評価している。日本国内ではクルマ以外でも“可愛い”という評価は最大の賛辞のひとつとなるが、海外、とくに先進国での“可愛い”という評価はその逆の意味をなすことが多いようだ。

 3代目日産マーチが欧州でデビューした時も、「パイクカーみたいで可愛い」という評価を一部でされていたが、これも決して“褒め言葉”ではないのである。

3代目日産 マーチ。欧州で3代目マーチがデビューした時の「可愛い」という評価は欧米では褒め言葉ではなかった

 日本では女性が“可愛い”イメージの強いクルマを所有することが多いが、海外では女性だから可愛いクルマに乗ると言ったことはない。キャリア志向の高い女性ほど、そもそもはスポーツクーペに乗っていたが、いまではアグレッシブイメージの強いSUVなどに好んで乗っているそうだ。

 かつて日本以外の多くの国々で若い女性の間で初代ジュークに乗るのが流行ったこともあるが、とにかく日本とその他の世界ではクルマのトレンドが異なることが多いのである。

 だからといって、日本仕様のカローラクロスが広汽豊田のフロントランダーの顔つきを採用したというわけでもないだろう。

日本以外の多くの国の若い女性たちの間で人気があった初代ジューク。日本と世界では車の流行も違うようだ

 日本のカローラセダンは全長やホイールベースを短くし、全幅を狭めた“ナローボディ”であるが、その見た目はやはり広汽豊田でラインナップされている、カローラセダンの兄弟車“レビン(こちらはグローバルサイズ)”と共通となっているので、同じ流れを汲んだだけともいえるのだ。

 なお、アメリカ仕様のカローラクロスでは、ガソリン車に2Lダイナミックフォースエンジンが採用されている。日本やASEANなどでは1.8L(日本はバルブマチック仕様)となっている。

 さらにアメリカではHEV(ハイブリッド車)は2023年モデルでラインナップ予定となっている。これは、アメリカ市場がまだ、HEVも含んだ電動ユニットではなく、純粋なガソリンエンジンありきのクルマ社会であることを物語っているように見える。

 消費者の多くが迷うことなくガソリンエンジンを選ぶからこそ、アメリカのカローラセダンでは一部グレードにしか搭載しない、2Lダイナミックフォースエンジンが売れ筋SUVのカローラクロスでは全車に搭載されることになっているのだろう。

■カローラクロスの納期遅延は人気プラス部品供給不足か

カローラクロスの納期遅延は部品の供給不足もあるだろうが、受注もおおむね好調のようだ

 さて、そのカローラクロスの日本発売直後の販売状況を販売現場で聞くと、「発売になるやいなや、納期は来年(2022年)3月以降になると本部から連絡がありました。それでも受注は好調なペースでいまもいただいております(取材時)」との様子。

 発売後しばらく経ってから再びトヨタ系ディーラーを訪れると、「ご納車については、2022年5月以降とご案内させていただいております。夏以降にずれ込む可能性もあることを理解していただければ幸いです。はっきりいって、私どもでは何も正確な情報が把握できない状況となっております」とのことであった。

 もらった価格表を見ると、欄外に“Sグレードは2022年2月以降生産開始予定(KINTOを除く)”と記してあったので、この点を聞くと、「われわれ一般ディーラーへ供給する分とは別に、KINTO(トヨタの個人向けカーリースサービス)向けに生産枠が用意されており、KINTO向けのSグレードはいまも生産されているそうです」と説明してくれた。

 これは、カローラクロスだけの話ではないが、新型車がデビューして3カ月ほどは“新型車需要”ともいわれるのだが、例えば「カローラクロスがデビューするのを待っていた」といった、指名買いするひとが多い。

 そのようなひとは上級グレードを選ぶ傾向が強いということを考慮し、デビュー当初に生産する仕様の絞り込みを行い、できるだけ納期を長引かせないようにしようとの新たな試みをカローラクロスで実施しているようなのである。また、SグレードをKINTO向けだけに現状でも生産しているのは、KINTOの利用促進につなげようとの狙いがあるようだ。

 それでも全体で納期がすでに来年3月以降となってしまったのは、単に受注が集中しているだけでなく、ASEAN地域からの部品供給不足なども影響しているようである。

「展示車を探しているが、どの店にもない」と聞くと、「ご承知の通り、いまは部品の問題もあり新車の生産が滞っており、深刻な納期遅延となっております。カローラクロスも展示や試乗車を潤沢にご用意できる状況ではありません。そのため、店舗間にて1台の試乗車を持ち回りで融通しあっています」とのこと。

 実は、いま市場に流通しているカローラクロスはガソリン車のみとなっているのである。HEV(ハイブリッド車)は初期ロッド(初めてディーラーへ配車する車両)分についても配車の目処がたっていないのである。

 このような販売環境に逆風が吹くなかでも、業界事情通によると、「カローラクロスについては、正式発売前、つまり予約受注段階でセールスマンそれぞれに“ひとり3台”を目標に予約受注をとるように指示が出ていたディーラーがあったそうです。

 そして正式発売後も納期が来年5月以降となるのに、デビュー月である9月に“ひとり1台受注必達”といったお触れが出たとの話をきいております。

 全体的に部品の問題もあり納期が読めないなかで、長期の納期遅延車の販売にディーラー本部が“ハッパ”を一生懸命かけてくる様子には、どこか焦りのようなものも感じますね」とのこと。

次ページは : ■カローラクロスの焦りの裏にはヴェゼルの影が!?