新型ヴォクシー/ノア【ガチで欲しい人向け企画】納期「不明」で見積もり総額480万円!!


 2022年1月13日に正式発表発売となったトヨタ新型ヴォクシー/ノア。発売時点ですでに受注は3万台を超えており、現在は全国販売店に順次試乗車や展示車が配備されている段階。さっそくディーラーへ見積りをとりに行くと(本企画担当わりと本気で購入を検討中)、「納期は未定なんです……」と悲しいお知らせが。以下、取材内容をお伝えします。

文/ベストカーWeb編集部
写真/TOYOTA、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】存亡の危機にあったのに一転大ヒット車となった新型ヴォクシー!! 新型ノアとどっちがいいか画像で確認!!(13枚)画像ギャラリー

■ヴォクシーHVの納期は「不明」

 2022年1月下旬、平日の昼下がりにトヨタディーラーへ赴き、「新型ヴォクシーの購入を検討しております。見積もりをお願いします」とお願いしてまいりました。本企画担当、つい最近年老いた両親の送迎の必要が生まれ、わりと本気で(ユニバーサルステップの乗降性やセカンドシートの快適性、安全支援技術の志の高さに感激して)新型ヴォクシーの購入を検討しております。

早くも受注3万台を突破して、納車待ちが伸びまくっている新型ヴォクシー。姉妹車であるノアの場合は一部グレードを除いて3月末納車でいけるそうです

 担当についてくださった営業マンによると、

「今週末には試乗車が用意できます。当店にはノアが配車予定ですが、ヴォクシーがご希望の場合は近隣店舗から取り寄せが可能です」

 とのこと。

 納期を聞くと、当初は「いますぐご契約いただくと、納車は5~6月くらいですね」と言っていたのですが、「詳しく調べてみますね、少々お待ちください」と席を立ち、詳細を問い合わせていただいたところ、

・ヴォクシーのHV仕様はすべて「不明」
・ヴォクシーのガソリン仕様のうち量販グレードの「S-G」なら3月下旬に納車、それ以外は「不明」
・ノアは全グレード3月中旬、ただしメーカーオプションの「アドバンスドドライブ」装着車となると「不明」

 というスケジュールでした。つまり、なにもわからない…と…。

「不明、というのはざっくり言うと、実質半年待ちくらいでしょうか?」と聞くと、「そうですね、経験上…夏頃になってしまうかもとお考えいただければと。半導体不足やコロナ過もありますから、伸びることはあっても縮まるのは難しいんじゃないかなと思います」

 とのことだった。た…大変だ…(なおランクル300の納車は4年待ちとアナウンスされているそうです。マジか…)。

■乗り出しで総額480万円(初回なので値引きなし)

 新型ヴォクシーのグレード構成はわりとシンプルで、量販グレードの「S-G」と装備が充実している上級グレードの「S-Z」があり、それぞれに新開発1.8LのHV仕様と2.0Lの純ガソリン仕様があります(さらにそれぞれに2WD/4WDがあり、基本的には2列目キャプテンシートの7人乗りだがS-Gには2列目ベンチシートの8人乗り仕様が用意されている)。

 安いほうの「S-G」だと純ガソリン仕様で車両本体価格は309万円、HVで344万円、高いほうのS-Zだとガソリン仕様で330万円、HVだと374万円といったところ。

 装備や性能を考えると最上級仕様となるS-ZのHV仕様で、売れ筋もこれだという。さっそく見積りをとってもらうべく依頼。

 非常に評判のいい「ブラインドスポットモニター+安心降車アシスト」と「トヨタチームメイト」のセット25万5200円は外せない(MIRAIやレクサスLSでは60万円級のオプション価格である)。10.5インチモニターは欲しいから(標準装備だと8インチ)「ディスプレイオーディオPlus」19万300円も必須。そのほか「パワーバックドア」や「TV(フルセグ)+CD・DVD」、「ユニバーサルステップ」などを追加して、出てきた見積もり金額は…480万2482円也。ぐぬぬ……、欲しい…でも、なかなかなお値段ですね…。

試乗車は今週末から配車されるそうです。「ぜひご試乗を」と言われたのですが、納期が不明だとなあ…

 残価設定ローン(5年後の買い取り額194万4800円)を使うと月々6万6300円×58回払いで購入可能とのこと。初回商談であり大人気車種ということもあって、この日は値引きに関するやりとりはなし。「下取り車があれば勉強させていただきます」とのことでした。

「ノアのエアロ仕様だと、同じ装備でだいたい5万円くらい安くなります」とアドバイス。

 ただ今はヴォクシーのほうが圧倒的に人気があるそうです。

 個人的には春(4~5月くらいか)に正式発表となるホンダの新型ステップワゴンを見てから真剣に購入を検討したいが、その頃だとさらに納車待ちは伸びていそうな雰囲気。今年(2022年)は日産セレナのフルモデルチェンジも予定されていて、ミドルクラスミニバン大豊作の年ではあるが、決める人はバシバシ決めて購入を決めているようです。

 480万円かあ……。悩む……。

 最後に、SNSなどで話題となっているド派手顔について。

「年末以降の商談では端末を使って事前に配布された資料をベースに説明して、その際にフロントマスクも見せていたんですが、ご予約いただいたお客様は(まあ当たり前ですが)大変好評です。さらに特徴的なフロントマスクになって、ノアのエアロと迷っていた方が【ヴォクシーでよかった】と言ってくださったり、【アルファードよりいいじゃないか】と言ってくださったり」

 と、予約客には好評であることを教えてくれました。

 正式発表後に賛否が分かれると思っていたが、現時点では圧倒的に「賛」が優勢。「欲しい」と言っている人が満足しているのだから、さらに派手になったこのマスクも作戦大成功ということなんだなぁと思います。

【画像ギャラリー】存亡の危機にあったのに一転大ヒット車となった新型ヴォクシー!! 新型ノアとどっちがいいか画像で確認!!(13枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ