電動化への加速が止まらない! わずか1年でモデルチェンジした北米ボルボの新型VNRエレクトリック

電動化への加速が止まらない! わずか1年でモデルチェンジした北米ボルボの新型VNRエレクトリック

 ボルボ・トラックス・ノース・アメリカは1月13日、新世代のVNRエレクトリック大型BEVトラックを発表した。現行モデルの投入からわずか1年でのモデルチェンジとなる。

 現行のVNRエレクトリックは北米市場向け「VNR」大型トラックのバッテリー式EV(BEV)バージョンとして一部地域に先行導入されたものだが、大幅に向上した航続距離や、6×4車型の追加設定など、新型は量産・量販を視野に入れている。

 輸送ソリューションのレンジは、ほぼ地場輸送専門であった現行モデルから1年で中距離輸送まで広がったことになる。長距離は未だディーゼル車が優位に立つが、BEVトラックは加速度を増して長足の進歩を続けている。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/Volvo Trucks

【画像ギャラリー】電動化の波が速すぎる!! 1年でモデルチェンジの新型VNRエレクトリック全貌(8枚)画像ギャラリー

わずか1年でモデルチェンジしたVNRエレクトリック

 スウェーデンのボルボグループはトラック、バス、建設機械、船舶・産業用エンジンの製造などを専門とする企業で、商用車では世界をリードするグループの一つだ(乗用車部門のボルボ・カーズは1999年に売却され、現在は中国資本)。

 傘下のボルボ・トラックスは主に中型から大型の輸送ソリューションを提供しており、北米においてもゼロ・エミッション商用車でトラック業界をリードしている。

 そのボルボ・トラックス・ノース・アメリカが「VNRエレクトリック」の新モデルを間もなく投入することが明らかになった。全米での販売時期は2022年の第2四半期を予定している。

 新世代のVNRエレクトリックの特徴は、現行モデルより航続距離を約85%伸ばしたこと、充電時間を短縮したこと、よりヘヴィ・デューティな車型を追加したことなどだ。

電動化への加速が止まらない! わずか1年でモデルチェンジした北米ボルボの新型VNRエレクトリック
近・中距離の集配送はもともとVNRエレクトリックの得意とするところだが、航続距離が2倍近く増えたことでサプライチェーンに柔軟性をもたらす

 ボルボ・トラックスが初代のVNRエレクトリックを販売開始したのは2020年の12月だった。バージニア州ダブリンのニュー・リバー・バレー工場で商用生産が始まったのは翌2021年の第2四半期なので、約1年でのモデルチェンジとなる。

 この間ボルボは、顧客から実運用におけるデータの提供を受け、BEVトラックの改善を続けてきた。その結果が新世代のVNRエレクトリックとして結実した。

 乗用車と異なり生産財(企業が生産活動のために使用する財)であるトラックは、運送会社やドライバーが日々の業務で使えるということが商品として成立するための条件となる。

 そのため、モビリティの電動化が進展する過程で「顧客の下での実運用を通じてBEVトラックを開発する」という手法が採られ、ダイムラーも欧州において「eアクトロス」の開発で取り入れている。

 自動車の電動化は進化が早く、それだけにソフトウェアにおける「アジャイル開発」と同様の手法トラック開発にも用いられているのだ。

 ボルボ・トラックス・ノース・アメリカのピーター・ボーホーブ社長は次のようにコメントしている。

「トラック業界は進化を続けていますが、初代VNRエレクトリックの登場からわずか1年で、私たちは新モデルを投入しました。これはボルボ・トラックスのリーダーシップの証明です。私たちは業界の最前線にいます。常に革新と改善を続け、世界最高水準のデザインと製造技術、そして安全性を維持しています。私たちは、持続可能な未来に向けて、販売店やお客様と共に自動車の電動化をさらに加速します。」

次ページは : 新世代VNRエレクトリックの性能は?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ