マークX廃止、プリウス新型、カローラ登場!! トヨタの大物が年内大変革の噂


「トヨタが2018年のうちに、大物車種のいくつかを大きく変える動きがある」と、販売店筋から当編集部に情報提供があった。ざっくりいうと、

◎プリウスが年内に大幅なマイチェンを実施
◎マークXを年内に生産終了
◎新型カローラアクシオ&フィールダーを年内に日本投入

 上記のような内容だ。

 事実であれば、これは大スクープ。…とはいえ、未確定な情報をそのまま報じるのはさすがにまずい。裏取りを含め「こういう情報が他の販売店にも出回っていますか」と、毎日新車ディーラーを回って「生」の新車情報を届けてくれる遠藤徹氏に、調査依頼した。

 以下、そのレポートをお届けします。
文:遠藤徹


■プリウスが2018年内にマイナーチェンジを実施?

 これは事実であり、すでにメーカーから各プリウス取り扱い店に通達が届いている。

 詳細な変更内容はまだ明らかになっていないが、

◎マイナーチェンジモデルの発表発売が2018年12月17日であること
◎内外装のデザイン変更
◎安全装備の充実
◎ハイブリッドシステムの改良

 などが主な内容になっているようだ。

現行型プリウスは2015年12月発売。3年経過して大幅なマイチェンを実施し、販売のテコ入れを図る

 現行型プリウスは2015年12月発表。登場後3年でのビッグマイナーチェンジとなり、今回はかなり大幅な手直しとなる。

 エクステリアデザインは現行のとがったデザインが不評なため、オーソドックス基調に改められるという。

 とはいえ販売店には「プリウスPHV的な外観に改められる」と説明されており、「それってオーソドックスか…?」という疑問も出ているそう。

こちら2017年登場のプリウスPHV。さらに過激なデザインになるような気がするのだが…

 外観デザインの変更に関しては、リアのコンビランプのデザイン処理の変更が大きい。また、ボディカラーの再編、アルミホイールの意匠も改められるが、具体的にはまだ分かっていない。

 ハイブリッドシステムは、これまで標準のS系にはニッケル水素のバッテリーが、上級のA系にはリチウムイオンバッテリーを採用していたが、これをより軽量コンパクト、高効率なリチウムイオンバッテリーに集約1本化する。

 これによって実用燃費の向上を図る見込み。

 さらに先進安全技術パッケージの「トヨタセーフティセンス」をさらに進化させ、検知機能を障害物、歩行者に加え、道路標識、自転車にも拡大。クラウン、アルファード、ヴェルファイアなみの装備に近づけるべくレベルアップを図る。また、Sに設定していた特別仕様車は装備内容を標準車に組み入れるため廃止とする。

 これによって登録車の車種別トップセラーの奪還を目指すことになる。

■「マークXの年内生産終了」というのは本当か?

 マークXの生産終了が秒読みに入っているのは間違いない。ただし9月下旬現在、具体的な終了時期についてはまだ販売店には通達されていないようだ。

 現在マークXの購入を申し込むと、納期は2.5L&3.5Lともに12月中旬と出た。納期が約3ヶ月待ちになっているのは、いまだ見込み生産はしておらず、成約後の受注生産になっているため。

現行型(2代目)マークXは2009年10月登場。走りの楽しいミドルクラスFRセダンとして根強い人気を誇っていたが、ミニバンやSUVの台頭、トドメにカムリ(FFサルーン)のヒットにより「こっちでいいか…」という層が増え、生産終了カウントダウンとなった

 つまり受注がないかぎり生産しない、ということである。通常、量産車が生産終了間近になると、多くのモデルはこうした受注生産方式に切り替えるのが慣習になっている(ただしレクサスは特別で発足当初からこうした方式で生産している)。

 たとえばアイシスは1年前の2017年12月で生産終了したが、これが明らかになったのはそれから3ヶ月後の今年春頃だった。つまり、量産モデルについてはトヨタの場合は生産終了を公表することはなく、しばらくしてメーカーのモータープールや販売店の在庫がなくなったタイミングを見て明らかにする場合が多い。そうしないと在庫を大バーゲンセールで売らなければならず、販売店の収益が大幅に落ちることを配慮しているためと思われる。

 ちなみに前述のアイシスは生産終了の約1年前から見込み生産から受注生産に切り替えていた。

 マークXの現時点における登録台数は250~300台であり、さらに減少する傾向にある。

 2017年7月にカムリがフルモデルチェンジし、マークX専売のトヨペット店でも扱われるようになってから、急速に売れ行きが低下するようになっている。

「年内生産終了」という情報が正しいかどうかは不明だが、その準備は整ってしまっている…と考えてよさそうだ。

次ページは : ■カローラアクシオ&フィールダーの年内発表というのは本当か?