おおおぉ…カッコいい…新型クラウン話題のセダンで「パトカー仕様」を出来心で作ったら…


 新型クラウンが2022年7月15日に世界初公開された。これまでのクラウンのイメージから大きく飛躍したデザインやコンセプトを持つことから、SNS上では賛否両論が巻き起こっている。新型クラウンにはクロスオーバー、スポーツ(SUV)、エステート(ワゴン)そしてセダンといった4つの異なる仕様が用意されるが、当編集部はその中でもセダン、それも「クラウン」というブランドを語る上では欠かせない(?)パトカー仕様について、思いを馳せてみた。馳せながら、勢い余って新型クラウンセダンパトカー仕様のCGを作成してしまいました。

文/ベストカーWeb編集部、写真/TOYOTA、ベストカー編集部(スクープ班)、三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

【画像ギャラリー】新型クラウン(パトカー好き)最注目の「セダン仕様」と従来型クラウンパトカー仕様をずらり画像で披露!! うーん、カッコいい(17枚)画像ギャラリー

■パトカー用車両にも型式と仕様書が存在する

 クラウンは「日本の代表的セダン」として長く認識されてきた。それと同時に「日本の代表的なパトカー」でもあり、「パトカー仕様」のカタログが存在していて、何度となく国費で一括購入されていることもまた、パトカー好きのあいだでは共通認識であった。

 以下、パトカー好きには常識ではあるが、普通のクルマ好きにはよくわからないパトカー界の概要をすこし説明したい。

2022.7.15に世界初公開された新型クラウンの4つの仕様のうちのひとつ、「セダン」仕様
ベストカーWeb編集部が勝手に新型クラウン「セダン」仕様を白黒パトカーにしたCG。思っていたよりずっと似合っている。これなら街中を走っても安心を守れるはず

 一般的に「パトカー」と言われて思い浮かぶのは、パトロールや事件、事故発生時に現場に駆けつける「無線警ら車」と、交通機動隊や高速隊に配備されて速度超過などの道交法違反を取り締まる「交通取締用四輪車」に分けられる。

 このどちらにも、都道府県警の独自予算で購入される「県費モノ」と、警察庁が一般入札によって購入し全国の警察本部に配分する「国費モノ」が存在する。

 この「国費モノ」は年度ごとに500~1000台と購入台数が多い。この需要に対応するため、(圧倒的多数を占める)クラウンにはパトカー専用のグレードが設定され、型式指定を受けている。

 そして「国費モノ」のパトカーは一括購入のための一般入札なので、提示される仕様書が存在する。そこには「4ドアセダンであること」、「排気量は2500cc級以上であること」、「乗車定員は5名以上」、「トランクルームは床面が概ねフラットであり、容量が450Lであること」など細かい仕様が書かれているわけだ(とはいえこの「仕様書」も現状に合わせて案外柔軟に変更・運用されているようだが)。

 話がだいぶドリフトしたが戻ってきた気がするので続けよう。

 一昨年(2020年)末、某新聞が「次期型クラウンはSUVになる」と報じた際、本誌ベストカー編集部もビックリしたが、パトカー好きの間にも激震が走った。

「クラウンがパトカーでなくなるのか、パトカーがセダンではなくなるのか、どっちだ」

 そうした心配(?)を抱えたまま1年半の月日が流れ、今年(2022年)7月15日に新型クラウンが世界初公開。フタを開けてみると、「たしかに新型クラウンはSUV(クロスオーバー)になったが、セダンもラインアップされる」という、非常にトヨタらしい「全部どり」の解答だった。

 もちろん、だからといって次世代の「国費モノ」パトカーが「新型クラウンのセダン」であると決まったわけではない。カムリになるかもしれないし、新型クラウン「クロスオーバー」が採用されるかもしれない。

 それでも、トヨタが新型クラウンにセダン仕様を用意したことで、伝統的な「セダンのパトカー」が生き残る可能性は高まったといえるだろう。

S220(15代目)クラウンの白黒パトカー仕様。後述するように、2021年末頃より全国に本格導入されている。大変スタイリッシュでカッコいい

次ページは : ■新型クラウンセダンの白黒パトカー仕様も案外似合っている

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ