ジムニー、レクサス、フォレスターら新車続々登場!!【新車でたどる2018年下半期】


2018年を新型車でたどる本企画。上半期編はこちらをご参照いただきたい。

本稿は2018年7月から12月までに登場した新型車をまとめてみた。この期間には(レクサスではなく)トヨタ、日産、三菱、マツダ、ダイハツの新型車が登場しなかったが、スズキがジムニーを発表し、ホンダが3台の新型車を登場させるなど、かなり賑やかな新車ラインアップとなった。

なお、2018年はクルマ界全般で見ると、トヨタが6月にル・マン24時間レース、11月にWRCでそれぞれタイトルを獲得、スバルとスズキが検査データ不正で問題発覚、さらになんといっても日産のカルロス・ゴーンCEOが逮捕されるなど、まさに大騒ぎの1年となった。

皆さんの「この1年を代表する1台」はどれだろうか? ぜひ新型車とともに、今年を振り返ってみてほしい。

【新車でたどる2018年上半期】トヨタの大攻勢と大ヒットミニバン登場もぜひ

文:ベストカーWeb編集部


■スズキ ジムニー/ジムニーシエラ 2018年7月5日発売

20年ぶりに4代目としてデビューしたジムニー/ジムニーシエラ。スクエアなボディと丸目デザイン、骨太な4WD性能を併せ持ち、3ドア仕様しか持たないにも関わらず注文が殺到して、一時期「納車2年待ち」と言われた(増産で対応し現在は4ヶ月待ち程度に落ち着いている)。

堅牢なラダーフレーム構造+パートタイム4WDと伝統を踏襲しつつ、衝突軽減ブレーキを採用するなど安全性能を強化。2018年10月31日にはスズキ車で初となるグッドデザイン金賞(経産大臣賞)を受賞している。1.5Lエンジン搭載でオーバーフェンダーを装着するジムニーシエラも同時デビュー。

こちらも販売台数を大きく伸ばすヒット車となっている。日本カー・オブ・ザ・イヤー大賞候補だったが、検査データ不正問題でスズキ車はエントリー時にノミネート辞退した。

■ホンダ N-VAN 2018年7月13日発売

空前の大ヒット軽自動車N-BOXをベースとした軽商用車。これまでホンダの軽商用車といえばセミキャブオーバースタイルの「アクティ」だったが、アクティ、バモス、バモスホビオをまとめて廃止して投入した、本気で軽商用のシェアを獲りにきたモデル。

軽商用車としては初めて助手席側のセンターピラー(Bピラー)を廃止し、広大なドア開口部を実現。さらにN-BOX同様のセンタータンクレイアウトを採用した底床化で、荷室高も(アクティバン比で+165mmの)1365mm。リアシートと助手席シートにダイブダウン機構を採用しており、フラットな荷室も実現。安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全車標準装備とするなど、軽商用界に革命を起こすべく投入されたモデル。日本カー・オブ・ザ・イヤーで特別賞を受賞した(大賞は商用車なので審査対象外)。

次ページは : ■スバル フォレスター 2018年7月19日発売

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ