新型アルファード/ヴェルファイア実車を見て実感した! 2000万円級のレクサスLMとの違いって何よ?

新型アルファード/ヴェルファイア実車を見て実感した! 2000万円級のレクサスLMとの違いって何よ?

 話題沸騰中のニューモデル、新型アルファード/ヴェルファイア。2023年4月の上海モーターショーで公開された新型レクサスLMとは何がどう違うのか、各々の実車を見た編集部員がレポートする!

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/ベストカーWeb編集部、トヨタ

■上海モーターショーで初公開の新型レクサスLMと何が違うのよ?

まさに「国産キングオブミニバン」としての位置を継承するにふさわしい佇まいを持つ新型アルファード
まさに「国産キングオブミニバン」としての位置を継承するにふさわしい佇まいを持つ新型アルファード

 いや、新型アルファード/ヴェルファイアの発表会でのメディアの注目度は凄かった。なんせ国産Lクラスミニバン最高峰モデルのFMC。注目を集めるのは必然であったことは今さら言うまでもないこと。

 で、新型アルファード/ヴェルファイアを見て改めて気になるのは初めて日本市場に導入されることがアナウンスされたレクサス初のミニバン、LMだ。すでに当サイトでも繰り返しお伝えしているとおり、今回の2代目レクサスLMは2023年秋からついに日本市場に導入される。ベースとなっているのはもちろん今回の新型アルファードだ。

 新型LMのボディサイズは全長5125×全幅1890×全高1955mm、ホイールベース3000mmという堂々たるもの。ホイールベース以外は若干、日本未導入だった初代LMからサイズアップしている。

上海モーターショーでの新型レクサスLM。押し出しの強さと上品さを兼ね備えた稀有な魅力を持っているクルマなのは間違いないだろう
上海モーターショーでの新型レクサスLM。押し出しの強さと上品さを兼ね備えた稀有な魅力を持っているクルマなのは間違いないだろう

 一方、新型アルファード/ヴェルファイアのボディサイズは全長4995×全幅1850×全高1945mm、ホイールベース3000mmと先代型と比べて全長で45mmアップしたものの、全幅と全高に関してはほぼ先代型と同じサイズをキープし、ホイールベースは先代と共通となっている。

 新型LMで搭載されるパワートレーンは基本的にクラウンクロスオーバーと同じで、直4の2.4Lターボハイブリッドと直4の2.5Lハイブリッドの2本立てとなる。ヴェルファイアに2.4Lターボの設定はあるものの、これにはモーターは組み合わされていない。

 新型LMは4人乗り仕様から日本では導入が始まるというのも心憎いところだ。もちろん、通常の3列シート仕様となる6人/7人乗りも設定されるのだが、ショーファードリブンとしての豪華な4人仕様が今回の新型レクサスLMのハイライトと言っても過言ではないだろう。

次ページは : ■ラッキーにも会場でLMの運転席と後席シートに座ることができた!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!