新型ハイランダー世界初公開!!! 超人気SUVの日本復活はある??


 2019年4月17日、トヨタがニューヨークショーで新型ハイランダーを世界初公開。

 ハイランダーは今でこそ海外専売車ながら、初代モデルは「クルーガー」として日本でも発売されていた歴史を持つ大型SUVだ。

 日本では生産終了から10年以上が経過し、すっかり“過去の車”となってしまったが、実はこの間にトヨタを支える人気車に急成長。ついに通算4代目となる新型が発表されたのである。

 あのクルーガーは、果たしてどのように進化を遂げたのか。

文:ベストカーWeb編集部、写真:TOYOTA


日本で絶版のクルーガーが4代目の新型に!

初代クルーガー。日本では2000年に発売。2005年に写真のハイブリッドも追加されたが、2007年に生産終了となった

 新型ハイランダーのルーツは2000年に発売された初代クルーガー。

 同車は先行して販売されていたハリアーをベースに仕立てられたSUVとしてデビューし、当時から海外ではハイランダーの車名で発売されていた。

 プリウスが初代から2代目へとモデルチェンジされた直後の2005年には、3.3L・V6エンジンにモーターを組み合わせたクルーガーハイブリッドも追加された。

 そんなクルーガーが生産終了したのは2007年のこと。同年に実質的な後継車のヴァンガードが発売され、日本においてはその歴史が途絶えることとなった。

 ただし、海外では2007年に2代目モデルへフルモデルチェンジを行って販売を継続。2013年には3代目が登場し、今回4代目が晴れて世界初公開されたのであった。

 実は、日本では成功を収められなかったクルーガーながら、海外で見事ヒット車に成長している。

 ハイランダーは、2017年1-9月期にグローバルで延べ26万2600台を販売。これはトヨタ車で6位の台数で、プリウス(=同8位、12万6200台)を大幅に上回る売れっぷり。日本から去った後、トヨタを支える大黒柱へと“出世”していたのだ。

全長5mに迫る新型は全面刷新で大幅進化!

ニューヨークショーで初公開された新型ハイランダー。ハイブリッド車の燃費は従来型比で約17%向上しているという

 トヨタの屋台骨を支えるハイランダーのメイン市場は北米。それを象徴するように、新型も米国ニューヨークショーで初披露された。

 公開された新型を見ると、「全長を60mm伸ばした」というだけあって、まさに“アメリカン”な、ゆったりしたサイズ感が印象的。

 新型は全長4950mm×全幅1930mm×全高1730mmと、長さでは5mに迫るサイズを持つ3列シートSUVとなる。

 もちろん、変わったのはサイズや外観だけではない。

 新型ハイランダーはトヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」を採用。基本骨格を一新したほか、パワートレーンも刷新。

 既存のV6ガソリンエンジン車に加えて、2.5Lハイブリッド車を追加し、ハイブリッドの4WD車は、最大トルクを30%向上させた後輪モーターを搭載するなど、SUVの肝となる四駆システムも進化させている。

次ページは : 米国でいつ発売? 日本再導入の可能性は?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ