よりガチなオフロード仕様「オーバートレイル」誕生!! GXはランクル250のレクサス版ではなかった!?

よりガチなオフロード仕様「オーバートレイル」誕生!! GXはランクル250のレクサス版ではなかった!?

 ミッドサイズクロスカントリーオフローダーの「レクサスGX」。注目のランクル250とは基本プラットフォームを共通とする兄弟車。そんなレクサスGXの細部を徹底解剖しよう!

※本稿は2023年10月のものです
文/ベストカー編集部、写真/LEXUS、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年11月10日号

■レクサスらしい上質感を持つオフローダー

標準仕様のGXに対し、よりハードなオフロード走行を想定して「E-KDSS」や「クロールコントロール」などの制御デバイスや専用装備を強化したのがOVERTRAIL
標準仕様のGXに対し、よりハードなオフロード走行を想定して「E-KDSS」や「クロールコントロール」などの制御デバイスや専用装備を強化したのがOVERTRAIL

 プラットフォームはラダーフレームを基本骨格に、フロントにはダブルウィッシュボーン、リアにはトレーリングリンク車軸式サスペンションを採用した、ランクル300、そしてランクル250とも共通のGA-Fを採用する。

 そのプロポーションからもわかるように、レクサスGXはランクル250と同時並行して開発されたモデルである。

 ランクル250が「ランクルのど真ん中」をキーワードに開発されたのに対し、GXはあくまでもレクサスブランドのオフローダーとして、悪路走破性はもちろんのことだが、オンロードでの快適性、さらにはインテリアの上質さなども併せ持って開発されているのがポイントだ。

 エクステリアデザインは写真のとおりだ。エッジを効かせたシャープなサイドパネルなどの基本フォルムはランクル250と共通するデザインテイストだが、スピンドルグリルとシャープで切れ長のヘッドライトを組み合わせたフロントマスクはレクサスらしさをアピール。

 フロントバンパーからフェンダーへとつながるラインの造形は無骨さを感じさせるランクル250に対し、GXはスタイリッシュなイメージだ。

 インテリアもGXはレクサス車に共通する大型センターモニターを採用するなど、ランクルとは異なった、上級車の香りを漂わせるのが大きな違い。後席で左右独立キャプテンシート仕様が選べるのもGXだけのアイテムだ。

次ページは : ■日本発売は2024年中の予定

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!