新型フォレスターが北米シカゴショーで登場! スバル初の「ストロングハイブリッド」搭載で日本では2024年秋にも発表へ!?

新型フォレスターが北米シカゴショーで登場! スバル初の「ストロングハイブリッド」搭載で日本では2024年秋にも発表へ!?

 スバルオブアメリカは2024年2月開催のシカゴショーで新型フォレスターの実車を公開した。北米では同年春から発売開始されるが、気になる日本仕様について予想してみた。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/スバル、ベストカーWeb編集部

■現行型はすでにデビューから6年目を迎えるが……

北米ではすでに2023年11月に発表されている新型フォレスター。その実車が2024年2月のシカゴショーで公開された
北米ではすでに2023年11月に発表されている新型フォレスター。その実車が2024年2月のシカゴショーで公開された

 すでに2023年11月に北米でその姿を公開した新型フォレスター。日本では依然として現行5代目フォレスターが販売を継続しているが、そろそろ日本でも新型の販売がいつから始まるのか、気になってくるところだ。

 そもそも現行型フォレスターが登場したのは2018年6月。先代インプレッサから搭載が始まった新世代シャシーのスバルグローバルプラットフォームを採用し、当初は水平対向2.5LDOHCのみだったが、その後は2Lマイルドハイブリッドのe-BOXER、1.8L直噴ターボを追加している。

現行型5代目フォレスター。2018年6月の登場から間もなく6年目を迎えることになる
現行型5代目フォレスター。2018年6月の登場から間もなく6年目を迎えることになる

 現行型フォレスターのボディサイズは全長4625×全幅1815×全高1715~1730mm、ホイールベース2670mmで最低地上高は220mmを確保している。そのラゲッジ容量は509~520L(VDA法)とボディサイズを考えた場合、レガシィアウトバックやレヴォーグ、レヴォーグレイバックの561Lと比較してやや見劣りする。

現行型フォレスターのラゲッジ容量は509~520Lとレガシィアウトバックやレヴォーグレイバックの561Lよりも少ない
現行型フォレスターのラゲッジ容量は509~520Lとレガシィアウトバックやレヴォーグレイバックの561Lよりも少ない

 それに加え、レヴォーグとレヴォーグレイバック、WRX S4にインプレッサ、そしてクロストレックとレガシィアウトバックと主力モデルのシャシーは、スバルグローバルプラットフォームにフルインナーフレーム構造をプラスした「第2世代」となっている。

 つまり、スバルの主力モデルでは唯一、旧世代のシャシーのままなのがフォレスターというワケだ。

■ついにSGP+フルインナーフレーム構造採用へ!

北米仕様新型フォレスターのボディサイズは現行型から若干アップとなる全長4655×全幅1828×全高1730mm、ホイールベース2670mmで最低地上高は221mm
北米仕様新型フォレスターのボディサイズは現行型から若干アップとなる全長4655×全幅1828×全高1730mm、ホイールベース2670mmで最低地上高は221mm

 6代目となる新型フォレスターではプラットフォームがいよいよフルインナーフレーム構造のものとなり、構造用接着剤の適用拡大、サスペンション取り付け部の剛性向上で、動的質感が大幅に向上しているという。

 その北米仕様のボディサイズは現行型から若干アップとなる全長4655×全幅1828×全高1730mm、ホイールベース2670mmで最低地上高は221mmとやや上げてきた。全長が30mm、全幅が13mmアップしており、ラゲッジ容量も若干向上させているのは間違いない。

新型フォレスターのコックピット。センターにはレヴォーグから採用が始まった11.6インチディスプレイを採用。さらに2ピニオン電動パワステも採用される
新型フォレスターのコックピット。センターにはレヴォーグから採用が始まった11.6インチディスプレイを採用。さらに2ピニオン電動パワステも採用される

 また、レヴォーグなど上級モデルのほか、クロストレックやインプレッサにも拡大採用されている上質な2ピニオン電動パワーステアリングも採用され、応答遅れのないリニアなステアリングフィールを実現しているという。

 また、アクティブトルクスプリットAWDの制御も刷新された。軸重に合わせて駆動力を常に最適配分することで、操舵初期の高い応答性とライントレース性を実現。安心感のある走りとハンドリングの気持ちよさを両立したという。

次ページは : ■CAFE対策となるスバル初のストロングハイブリッド搭載か?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!